竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

もーいーくつねーるとー・・・

仕事を辞めてちょうど4週間。

マルタの学校入校までちょうど1ヶ月。


そういえば、僕のブログを見た人がどんな経緯で発見したか…要するにどんな「検索キーワード」でヒットしたかを管理画面から知ることができるのだけれど、やはりというべきか『マルタ留学』で検索して訪問した方が多いようだ。

僕と同じように「マルタ」という馴染みのない島国への留学を考え、その同志?を探している方も多いのかもしれない。果たして、僕のブログはそんな人の役に立っているのか…。


さて、僕はちょうど1ヶ月後は地中海の島国に到着していることだろう。

ルームメイトのがどこの国の人かも判明しているはずだ。

もちろん、実感なんて今のところない。準備も以前に比べてスローダウン(モチベーションダウン?)している。

別に留学ということに対してモチベーションが下がったわけではなく、あまりに普段の生活の空白が大きくて、準備を焦る気持ちになれない。


まだやるべきことはたくさんあるはずで…今思いつくところでちょっと書き出しておきたい。

①航空券の手配

②大型のスーツケースの購入

③保険の加入

④国際免許証の取得

⑤日用雑貨の買い出し

⑥変圧器の購入

⑦英語の勉強


まだまだ他にありそうなもんだけれど、今思いつくのはこんなところ。


①はそろそろ決めてしまわないとヤバい。


⑥は必要かどうか迷っている。というのも向こうにもっていく電化製品はノートPCとデジカメくらい。少なくともその2つはマルタの電圧240Vまで対応しているため、あまり必要じゃないかもしれない。


⑦はね…。やらなきゃ行ってから自分が苦しむ。本当に危機感を持たないと…。


明日は大学時代からお世話になっているサッカーつながりの先輩の結婚式だ。

無職の時期に結婚式…は結構辛いけど、呼んで頂いて光栄なことだし、僕自身楽しみたいと思っている。


世間は「今年のGWは~」などと話題になっているけど、僕にとってはあと1ヶ月ずっとGWだ(自慢できない)。

この期間を有意義に過ごし、1ヶ月後万全の態勢でマルタでの生活が始められるように、これからも準備に勤しみたい。


スポンサーサイト
留学準備 | コメント:0 | トラックバック:6 |

無職の日々

会社を退職して、早1ヶ月近くが経った。


無職の日々は時間が経つのが本当に早い!そもそも起きるのが昼前くらいだからサラリーマン時代より、活動時間が短いのは確か。


最近の主な行動パターンは、

・歯医者に行く

・友達と会う

・ちょっと遠出する

・お買い物

くらい。


本格的に英語の勉強でもせねば…と思うのだが、尻に火がつかないと動き出さない性格のため、なかなか勉強に集中できない!?

客観的に見て、もう既に尻に火はついているようにも思うのだが…。


留学準備の方は残すところ大きな残作業は航空券及び往路日程の決定と保険の手配くらい。後は、スーツケースを買わなきゃいけなかったりコマゴマした準備もしなきゃいけない。


航空券に関してはいくつか選択肢があり、

①往復格安航空券をゲットして復路破棄

②片道航空券でマルタ入り

③イギリスなど1年間のオープンチケットのバリエーション(航空会社の数)が多いところを押さえて、ロンドン―マルタの便は別で押さえる。

④マルタまでの往復で1年間のオープンチケットを押さえる(1番単純)


そもそも日本からマルタへの直行便など出ていないため、フランクフルトやドバイ、ロンドンあたりからの乗り換えが必要となり、さらに我が街福岡からだと国内線で、日本の主な国際空港(関空、中部、成田)まで行かねばならず、乗り換えは最低2回はかかる。

遠いようで遠い国マルタ…。


さて、航空券の選択に関してまずは①から…

この場合無断で復路分を破棄することはやはりマナー違反なので、あらかじめ購入の際に代理店にそれが可能かどうか確認しておく必要がある。

航空会社によって、また旅行代理店によって復路破棄の取扱が異なるようなのである。

たまたま某アラブ系?航空会社E社が中部国際空港就航1周年とかで5月中はマルタ往復6万円ほどで行けるらしい!もちろんこれは1ヶ月FIX(出発から1ヶ月以内の帰国で帰国日を指定する)なので、「長期留学」にはもちろん向いていない(というか復路は絶対に乗れない)

そこでとある旅行代理店にE社の復路破棄に関して問い合わせてみたのだが…

「E社と日系の航空会社は復路破棄はまず出来ない。やったら正規分の代金の請求がくる」

…との事。言葉のニュアンスから行って、別にこの旅行代理店でなくともE社は不可能な感じだった。ちなみにE社でなければ(E社も5月でなければ)マルタ往復の便は安くて10万円前後。

これを片道分のみで購入するのはあまりにも高い…ってことで①はボツ。


続いて②

片道航空券のみだと、入国を拒否する国もあるのは有名な話。

マルタはどうなのだろうか…学校の入学証明みたいなものないしはビザがあれば、片道航空券もOKかもしれない。ただしそもそもマルタへの片道航空券なんて取り扱っている代理店が見当たらないし、安い片道航空券となると某ロシア系航空A社あたりになる。

A社は着陸時に乗客から拍手が巻き起こる…そんな話を4年前の一人旅の途中の宿で聞かされた覚えがある。一体、何の拍手なのか…。

確かにA社を推奨しない留学エージェント等も結構見かけた。

ということで僕にとっては片道航空券でのマルタ入りはあまり現実的ではない気がする…のでボツ。


次は③

マルタへの1年オープンチケットを取り扱っている航空会社は調べて限りではドイツ系のR社と①で登場したE社。選択肢が少ない。

これがイギリス(ロンドン)となると、中華系の航空会社など数倍に選択肢が増える。しかもマルタのチケットに比べれば3~4万円は安い。もちろんロンドン―マルタは別で自分で押さえるのだが、その場合Ryan Airという航空会社だと結構安くヨーロッパ内を移動できる。

ただし、Ryan Airはロンドンだったらヒースローのような主要な空港は使用しておらず、郊外の離れた空港を使わなければならない(イギリスならLutonだったかな)。

そうすると、同日乗継も難しいかもしれないし、イギリス国内での移動の労力、さらに宿泊費まで考えるとそれほど賢明は選択肢には思えない。これまたボツ。


最後に④

①~③はボツにしたので、④でほぼ決定。

③で書いたとおり、マルタへの1年オープンチケットの取り扱いは2社しか見当たらない。

その価格はR社が16万円前後、E社が23万前後。選択肢が少ないと書いたが、こうなってくると「選択肢がない」

④の選択肢はドイツ系のR社しかないように思われる。ちなみにこのR社は旅行代理店ではなく、エージェント殿から教えてもらった航空券。確かに航空券を検索してもR社の1年オープンチケットは出てこない。

ということで、現在エージェント殿に航空券の手配に関してお願いしているところ。

この場合、僕が航空券の予約状況の確認をするのはエージェント殿を通してになるのだけれど、航空会社からの確認の電話は僕に直接かかってくる。

その電話の聞き取りにくいこと山の如し。

そこで、フランクフルト―マルタが便ごとキャンセルになりそうといった趣旨の内容を口頭で伝えられても、それを正式に確認するには、予約してくれたエージェント殿に問い合わせないといけない…といった面倒な状況が生まれている。

なので出発日が正式に決まるまではもう少しかかりそうな感じ。


本当の希望は7~8万円の片道切符でマルタ入りするのが良かった。

というのも、来年夏に僕の大好きなサッカーのEURO2008が夏に開催されるから。

1年オープンチケットだと5月に出発すると、遅くとも来年の5月中には帰ってこねばならず、そうなるとEUROは見れない公算が高い(EUROの日程はちゃんと調べてはいないが)

しかし、費用や期間の問題を熟考した結果、やはり1年を目途に帰国するのが最良だと思った。どうせその頃にはお金も尽きているだろうし…。


そんな事を考えつつ無職の日々を送っているけれど、時間に余裕がありすぎて気持に焦りがまーったく生まれない。もう1ヶ月後には出発するのに…。


留学準備 | コメント:0 | トラックバック:7 |

いよいよ最終日!青春18切符の旅10日目

遂に青春18切符の旅日記を完成させる時が来た。…とかいいつつ、帰ってきてからというものブログの更新を極端にサボっていたため完成が大幅に遅れてしまった。

やっぱり「鉄は熱いうちに打て」のように、「ブログはリアルタイムで更新せよ」なのだ。


さて、10日目は福岡に向って帰ることがメイン。

ただ、1日目の道中で尾道を通った時、帰りがけ立ち寄ることを思いついたのでそれを実行に移すことに。

京都を朝6時前に出て、途中神戸辺りで通勤ラッシュに巻き込まれながら10時半頃尾道に到着。

さすが観光地だけあって、僕と同じように尾道駅で下車する方も多かった。

尾道駅のロッカーに荷物を預け、いざ尾道観光へ!


尾道といえばやっぱりラーメン。一体この旅で麺類をどんだけ食べただろうか…。

今回は、事前に調べておいた尾道ラーメンの有名店「朱華園」に行った。

開店時間の少し前に到着したが、お店はもう開いていてお客さんも結構入っていた。そして僕が入店して間もなくほぼ満席に。

お店自体は地元の人にも愛されているようで、好印象。ラーメンのお値段も480円と良心的。しかもかなりおいしかった。

実は2年ほど前、尾道に来たことがありその時もラーメンを食べたのだけれど、その日は元旦ということもあり、たいしておいしくもない尾道ラーメン屋さんに長い時間並んで食べたということがあった。

そのため、あまりいい印象をもっていなかったけれど今回で随分尾道ラーメンに対する印象も変わった。


その後はロープウェイに乗って千光寺の方へ。

ここからの景色はいかにも尾道!


Photo_1






やっぱりここでも桜が奇麗だった。とにかく今回の旅ではどこに行っても桜、桜であった。

尾道には2時間ほど滞在し、再び福岡方面へ。


下関を越え、門司まで戻ってくるとさすがに帰ってきた実感が沸いた。

そして19時半過ぎに我が街博多駅に到着。

230時間ぶりの福岡。


今回の旅では山口、広島、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、三重、愛知、岐阜、福井、石川、富山、新潟、長野、山梨、東京、埼玉、神奈川、静岡の20の都府県に足を踏み入れたことになる。


13時間かけて奈良まで行き、京都を1日中観光し、奈良の観光名所もしっかり行って、ナビスコカップ観戦後にJリーガーとちょっとお茶して、兼六園にも行き、辺鄙な温泉にも立ち寄り、Jリーグを観戦し、横浜で宴会して、吉野山で桜を見て、尾道でラーメン食べて…これだけのことが10日のうちに出来た本当に素晴らしい旅だった。


今回の旅で掛った費用は8~9万円。10日動き回ってたわりにはかなり安かったんじゃないかな。まあ、横浜滞在中にお金をあまり使わなかったのが主因かな…。


海外旅行なら10日くらいかけて、観光することは「ザラ」でも国内を10日かけて旅するなんて、余程時間と思い切りがない限り出来ない。僕が今回と同じように青春18切符を使って旅が出来るのはもしかすると数十年後なのかもしれない。


そう考えるとまさしく今回の旅は「今しか出来ない旅」だった。


さてさて、会社を退職して2か月近くあると思っていた留学までの猶予期間も気づけば1か月ちょっとである。

そろそろちょっとくらい焦らねば…。


追伸

今回旅の途中に撮った写真をペタペタ貼っておりますが、クリックするとちゃんとした大きさで表示されないかも…です。

ちゃんとしたサイズで見たい場合は、クリックしてポップアップした画像を

右クリック→名前をつけて画像を保存

で見れると思います。そこまでして見たい写真はないとは思いますが。


青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:7 |

念願の吉野山へ!青春18切符の旅9日目

随分と更新してなかった。所謂、開店休業状態。

さて、今日こそは青春18切符の旅日記を完成させねば…。


9日目は、夜行電車で大垣(岐阜?)まで行き、そこからさらに京都まで戻るところからスタート。

夜行電車ではほとんど寝れなかった…。


前日の12時前に横浜を出て、京都に到着したのが8時くらい。

当日宿泊予定で、少し前に耐震偽造で一躍脚光を浴びてしまった京都の「アパホテル」に荷物を預け、いざ吉野山へ!


…とはいえど、京都から吉野山に行くのは普通に遠い。

おそらくは大阪方面から特急で行くのが一番便利。

京都を出発し、途中1~3日目に滞在していた奈良の天理に立ち寄って吉野山に到着したのは正午過ぎ。

真っすぐ寄り道せずに行ったって2時間以上かかってしまう道のりだった。


そして到着して感じたこと…

もう春休みも終わり、平日だったこともあって観光客の平均年齢がやたらと高い!

低めに見積もっても平均60歳くらい。

若い人もちらほら見かけるが、圧倒的に定年を過ぎたような方達が多かった。


ま、それはいいとして…。


吉野山は日本一の桜の名所ともいわれる場所。

山の中に桜の名所が下千本、中千本、上千本、奥千本といくつも点在する。

中千本あたりまではお土産屋さんもたくさんあり、観光客でかなり賑やかな場所だった。


桜自体は、下千本、中千本、上千本あたりは若干葉桜になりかけていて少しピークは過ぎたのかな…という感じ。でも山の斜面にぎっしりと桜が咲くその景色はやはり吉野山ならでは。

P1010805






P1010812







ホントは上千本まで行って引き返すつもりだったんだけれど…。

せっかくここまで来たからと、奥千本まで歩いて行くことに。

ちなみに吉野山というだけあって、どこにいくにせよひたすら坂道が続く。道が整備されてはいるけれど、歩いている方にとっては登山と変わらない。

さらに1時間以上は歩いただろうか。いやはや2時間近くは歩いたかもしれない。やっとの思いで奥千本到着。

P1010819






なぜ、桜の写真ではないかというと…。

奥千本はまだまだ「つぼみ」の状態だった。

同じ山でも場所によってこんなに違うとは…確かにそこまでいくとかなり山が深いところまで入ってきた感じはした。

そこから今度は復路。意地になって吉野駅まで歩いて戻った。時間にして往復約5時間。

ほとんどずーっと歩きっぱなし。それもかなり勾配のあるところを。

僕の体脂肪も結構燃えてくれたんじゃないかな。


帰りがけ三度天理に立ち寄り、「とんよし」にてかつ丼大盛りを食べた。

天理大に近いこともあり、柔道の篠原選手(シドニー五輪で世紀の誤審と言われ銀メダル)や野村選手(オリンピック3大会連続金メダル)のサインなどもあった。

しかし、天理で食べた「大盛り」は3日目に食べたラーメンといい、本当に多かった。普通盛りに比べ高々50~100円増しなのに、量は食べ切れないほど多い。たまたま僕がそういうお店に行っているだけなのか。


その後京都に戻ったのは21時過ぎ。

こんなに1日のうちに歩いたのは、小中学校の遠足以来かもしれない。

そんなこんなで旅も残すところあと1日!


青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:2 |

横浜を満喫!青春18切符の旅8日目

正直、旅から帰ってきてから過去の事を更新するのはモチベーションが保ちにくい…がせっかくこれまで更新してきたので…


8日目は、泊めてくれたSと共にどこかブラつくつもり…つまりノープラン。

そこで、福岡のサッカー仲間で横浜在住歴の長いMに横浜を案内してもらおうと誘い出した。

MとSは直接の知り合いではないけれど、サッカーという共通点があるし、この先仲良くなってもらえれば…という気持ちもあって3人で「つるむ」ことに。


まずは数週間前に完成したらしい『LaLaport Yokohama』へ。

http://yokohama.lalaport.jp/

どでかいショッピングモール。日曜日だったこともあって、かなり人が多い!

ここで、渋谷の焼きそばの超有名店(横浜中華街が本店らしいが)「梅蘭」にて昼食。一見変わった焼きそばだったけれど、かなり美味しくボリュームも◎。

ちなみにこんなお店

http://www.bairan.jp/pc/

しかも不覚にもSと共にMに御馳走になってしまった…。ありがとうM!


その後は、一旦Mと別れSと共に横浜駅周辺へ。

そこでもやっぱり人が多い!祭りでもやってんのかって感じ。もちろん福岡も休みの日には天神辺りはかなり混雑するけれど、横浜ではその混雑の"質感"が違う。

ドンキホーテに行ったのだけれど、敷地が狭い分5階建て。福岡では1フロアが普通なのに。

あと、福岡では周囲の視線を釘付けにしそうな奇抜な格好をした人も、ごく普通に街並みに溶け込んで歩いている。要するに、市民権を得ている。

「秋葉系」などという人たちが身近にいるような所だから、おそらくは東京周辺の人たちはある程度の格好なら慣れきっているのかもしれない。


さてさて横浜観光も夜になり、次の日…というかその日の夜遅くに夜行で京都まで戻る予定だったので、夜行電車の停車する横浜駅に地下鉄1本で行ける新横浜で再びMと合流して飲むことに。

飲んだお店はかんかん商店っていうところ。個室がかなりいい雰囲気のお店だった。

http://www.kankan-shouten.jp/shinyoko/index.html

ここではMの知り合いで千葉出身…だったかな…横浜在住のAまで加わって4人で宴会!みんな、その場の誰かは初対面というメンバーだったのだけれど、大盛り上がり。

まさか一人旅の途中、横浜でこんなに楽しい時間が過ごせるとは思っていなかったのでMとSそしてAに心から感謝したい。ありがとう!「持つべきものは友!」これを再認識した。

しかもしかも、ここのお食事代までお昼に引き続きMに御馳走になってしまった…。ありがとう!っていうより申し訳ない!同い年なのに…。

最後は締めでMのおススメで、同じビルの1Fにあるラーメン屋さんへ…

http://www.whistle-miyoshi.co.jp/yousyuu/shinyokohama.html

ここもMが御馳走…しようとしたのだけれど、ココは強引に僕が支払った。ちょっとくらい出しとかないと。ここのラーメンもうまかった~。


そして23時半くらいにみな解散し、横浜駅で大垣行きのムーンライトながら91に乗り込んだところで、8日目終了。

MとSも仲良くなってくれたようだし、僕自身も心から楽しんだ8日目。またいつかみんなで「つるみ」ましょう!



青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:2 |

上京!青春18切符の旅7日目

昨日20時にやっと帰宅……が、今回の旅を自分のためにきっちり形に残すべくちゃんと旅の記録を更新!


7日目は、長野県松本市より東京方面へ移動。サヨナラ信州!

まず、その日泊まる予定の後輩Sの住む横浜市の綱島へ行って、駅のロッカーに荷物を預けに行く。

まず感じたこと…とにかく人が多い!長野から山梨を越えて東京に入った途端に、電車の中が混雑しはじめる。

絶対にこんな所(東京周辺)には住みたくない!そう思った。


横浜で荷物を預けてから、Sとの待ち合わせまで時間があったので、山手線に乗って、大塚へ。

大塚は、僕が出張中に宿泊していたちょっとだけ愛着のある場所。ここで一人マックしてお腹を満たす。

青春18切符なので、都内もJRなら乗りたい放題。


その後、「ベタ」な待ち合わせ場所渋谷ハチ公前にてSを待っていたのだけれど、ここで問題が発生…

Sが

「時間までに仕事が終わりません!」

との事…ってことは名古屋に続きまた一人観戦ですか…。


という事で、埼京線で埼玉方向へ一人でGO!

で、1時間半近くして到着しました、埼玉スタジアム。

P1010782






僕は特別レッズファンでも、ジュビロファンでもなく、そのスタジアムの雰囲気を味わうのが主目的。

とにかくレッズファンの応援はすごい!それをぜひレッズのホーム埼玉で観戦したいと思い、今回の旅の日程の中に入れた。

チケットはレッズのとある選手の親しい友人と僕が、今一緒にサッカーをしているのでその「コネ」を利用して、取っていただいた。本当にありがとうございました。

スタジアムの中はというと…

P1010785




まさしく赤い海!


試合自体はレッズが2-1で逆転勝利!逆転時にはスタジアムの盛り上がりも最高潮に達していた。

その後は再び、2時間近くかけて綱島へ戻りSと合流。久しぶりに1人以外の食事&お酒を楽しみ、S宅で就寝。先輩が後輩の家に上がりこんで泊めてもらうのもなんだけど、かなり助かった。これまたホントにありがとう。


7日目は移動とサッカー観戦を順調にこなした1日だった。


さて8日目はノープラン!だったのだが…。



青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いよいよ後半戦!青春18切符の旅6日目

青春18切符の旅も遂に後半戦に突入。

絶えず動き回っているから、5日前の京都・奈良観光が遥か昔のように感じる。


さて、6日目は富山の魚津からスタート。

5日目のブログの内容の通り、黒部ダムに行けないという事が判明し、旅の日程の大幅な変更を余儀なくされた。(自分のドジのせいで)

そこで「JR沿線の温泉」に行くことに決定。だけれど駅から歩いて、ないしはバスで簡単に行けるような温泉というのは意外と少ない。


松本を目指しながら行けそうな温泉は、妙高高原駅近くの妙高温泉と戸狩野沢温泉駅の野沢温泉の2つくらい。

ということで、この2つの温泉に行けるようなに日程を組み、いざ新潟方面へ…。

ちなみにこの日程を考え出すまでに、朝の5時まで時刻表と地図と格闘していた。

なんてったって黒部に行けないのに気づいたのが深夜2時だから…。


電車の社内では、どうやら高校生が今日から始業のようで

「何組やった~?」

などという会話が飛び交っていた。僕も10年前はあーだったのかな…。

またこの電車は乗客が乗り降りする時は「自力で」ドアを開かないといけない。こんなの初めて見た。もちろん閉まるのは自動。

朝10時に出発し、魚津駅から直江津駅で乗り換えて約2時間半かけて妙高高原駅に到着。思っていたより遙かにローカルな駅。

地元の人は多少いるけど、観光客らしき人がほとんど見当たらない

P1010778







山に囲まれているだけあって、景色は絶景


P1010769







そして僕が朝方まで血眼になって探し出した立ち寄り湯のある旅館「香風館」

駅から歩いて15分くらい。

Photo










これまたローカル!立ち寄り湯は700円。タオルは貸してもらえた。温泉自体は結構キレイ。

P1010770







何と幸運なことに、1時間ほどいたこの温泉はずーっと貸し切り状態!

P1010772








P1010773






内湯も露天もかけ流しでGood!青春18切符でしかあり得なかった、妙高温泉との出会い…。ホント僕はツイテル。


余談だが旅館の中で、こんなマッサージ器を発見

P1010771







古すぎるっ!一応、「タダ」らしいけどこれは遠慮した。


あまり期待していたかった妙高温泉だけれど、まさかの大満足。

なので、結局次の目的地野沢温泉はパスして松本を目指すことに…。

途中こんな駅があった。

P1010779







移動中、寝ていることも少なくないけれどこういう車窓からの風景を楽しむのも列車の旅の醍醐味の一つ。


そして17時過ぎに松本に到着。

程よい大きさの街といった感じ。川沿いに民芸品や、お菓子、雑貨屋さんなんかが軒を連ねる場所があった。

P1010780







こういうのは福岡にはないな~。屋台はたくさんあるけども。


夜ごはんは泊まっているホテルから近い、「春華」にてサンマメンをいただいた。

別に秋刀魚が入っているわけではない。あんかけ中華そばみたいな感じ。この旅でまた麺を食べてる…。

でもこれがなかなかおいしかった!


さて、明日は東京目指します!

宿泊は3月に送別会を開いて送りだした大学時代の後輩Sの部屋に泊めてもらう予定。

明日の主目的は埼玉スタジアムでの浦和レッドダイアモンズ対ジュビロ磐田の観戦。

チケットはこれまたコネを利用してゲットすることに成功!


ブログの更新は9日に再び関西に戻るまで出来ないかな。



青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:3 |

凡ミス!青春18切符の旅5日目

現在、富山の魚津というところに滞在。

ここでショッキングな事が一つ!!

明日計画していた立山黒部アルペンルートがまだシーズンがきてなくって、開通していないことが判明!!!(ちなみに正式な開通は4月17日)

大ショック!!凡ミス!!黒部ダムにも行けない!

明日は青春18切符使う予定はなかったんだけれど…。

しかも明日は松本の宿取ってるし…こうなると出来れば明日も青春18切符を使いたいところだけれど、そうすると帰りに1回分足りなくなってしまう…しかも青春18切符の販売期間は終わっている…ってことで早速ネットオークションで青春18切符を物色中。

ノートPC持ってきておいて良かった。

明日はどこへ行こうか…。

というよりどこ経由で松本に行こうか…。


今日は基本的には名古屋からの移動に時間を費やした。

北陸の地に足を踏み入れるのは人生初。

途中、ちょっと時間があったので、日本三大名園の一つである金沢の兼六園に立ち寄った

P1010754






P1010756






凡ミスはショックだけれど、せっかく北陸の地まで来たのだから北陸を満喫したいと思う。旅が全て順調に行くわけないし、何事も経験だから。


ただ、全国的に冷え込んでるとはいえやっぱりここは福岡に比べると寒さの質が違う気がするなぁ。

明日は持ってきた上着を着込んで行動しようかな。

黒部ダムに行けないのは残念だけれど、失敗を成功に帰る旅を!


青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |

完全にアウェーな…青春18切符の旅4日目

今日はめちゃくちゃ寒かった。

奈良から名古屋に移動する際には、電車の窓から吹雪き見えた。

生まれて初めてかもしれない…四月の雪。


名古屋に到着すると、今まで2日間京都、奈良と落ち着いた場所、町並みを観光してきたからちょっと馴染めない気がした。

昼食は現在名古屋出張中の(辞めた)会社の同期と共に。

なんか変な感じ。


それから、一旦ホテルにチェックインして、名古屋城を一人で観光。


P1010745






P1010746






ここも桜が満開だったなぁ。ちょっと桜にも飽きてきたかも…。


そして夜は、サッカーのナビスコカップを観戦に、瑞穂へGO!

P1010747






とにかく、スタジアムが寒かった。普通に冬。

試合は2-2の引き分け。平日の試合だった事もあって観客はかなり少なかった。


それから、またホテルに戻って22時過ぎから約束通りRYOとお茶?へ。

ここではRYOとRYOの友人でもあるサッカー選手が2人とそのうち1人の奥さんと子供、さらにその2人の共通の仲良しな選手1人も一緒にいて僕も含めて合計7人。

簡単に言うと、プロサッカー選手3人、奥さん1人、子供1人、プロのサッカーチームの通訳1人と「ど素人(僕)」1人。

テレビやスタジアムでしか見たことのないサッカー選手と名古屋のファミレス・デニーズでお食事。これまた変な感じ。

もちろん会話がはずむ訳がない。

全員、僕と同い年だけれど住んでいる世界が違いすぎる。ホント、AWAYな状況。

特別、感動とか嬉しいというわけではないのだけれど貴重な体験だったのはいうまでもない。

少なくともRYOの友人の2人は僕も共通の友人が複数いるので、何となく元から親近感は持っていた。

もう一人の選手はRYOも会うのは初めてだそうで、デニーズにいる間にあのヤナギサーワ選手と電話で喋っていた。やっぱこの人たちは日本サッカーの頂点にいる人たちだなと改めて実感した。

こんな経験、一人旅の間にするなんて思っていなかったけれど、その機会を作ってくれたRYOには心の底から感謝したい。ホントいつもお世話になってばかりですみません。


さてさて明日はまた青春18切符を使って富山を目指します。

明日は1日移動で時間を費やしそうだ。




青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:1 |

奈良を中心に…青春18切符の旅3日目

今、一度ブログを書き上げてUPしようとしたらネットワークの不調で全てオジャンに。はぁ~テンション下がりまくり。

さて、3日目も青春18切符は使わず観光メイン。

まずは誰もが目にしたことのある(一部のお金持ちを除き?!)宇治(京都)の平等院へ

P1010691_2






何といっても鳳凰堂!(10円玉)

ここでは団体の金魚のフンとなり、ベテランガイドさんの説明を聞きながら観光。


そして法隆寺へ

P1010708_3






法隆寺は敷地がかなり広い!でも中に入るのに1000円!かかる。これには、さすがに入るのにためらってしまった。

でも、世界最古の木造建築だし世界遺産だし、はるばるここまで来たし1000円なんて惜しくない!

で、ここで平等院と同じ団体さんに遭遇。ガイドさんはさすがに「またいるのかよ」って感じだった。


そして奈良といえば…東大寺へ!

P1010721_1






大仏殿ももちろん大きい!


P1010735_7






そしてこれが「奈良の大仏」


余談だけれど、ここを観光している時、一人のイケメン?なお兄さんをみて一人の二十歳前後の若者が何か興奮していた。

聞くところによるとそのイケメンさんは何かの世界チャンピオンらしい。

ただ、その競技が何なのかと名前がはっきり聞き取れなかった。

いつの日か今日みたイケメンさんを僕もテレビで見ることがあるのだろうか…。


そして、天理へと戻り晩御飯。今日もラーメン。2日連続ラーメン。

今日はこんなとこ

http://www.saikaramen.com/shop/yatai.html

一人外食にも慣れてきた。

ラーメンは大盛りにしたんだけれど、これがまさしく「死ぬほど」多かった。

白菜たっぷり、麺たっぷり。どちらかというと鍋に近いような印象を受けた。これは白菜のせいかな。


さて、今日は奈良を中心に観光してみたのだが、元々日本人は信仰深い民族だったという事を感じた。今日見てきた平等院、法隆寺、東大寺全て元は人の強い信仰心が作り上げた物だと思う。

今や、日本人はクリスマスも祝うし、特別な信仰心をもたない民族になっている。僕もまた例にもれずその一人。

まあどちらがいいというわけではないけれど…。


さて、今回の旅で最初の3泊をお世話になったこの宿も明日でお別れ。

かなりローカルな旅館だけれど、居心地も段々良くなってきた。

「住めば都」ってやつ。なので、ちょっと寂しい気分。


明日は名古屋を目指し、僕がイギリス一人旅の時にお世話になったRYOに会いに行く。

一度も学校が一緒になったりしたわけではないけれど、親しい友人の一人。

彼は今やプロサッカーチームの監督の通訳兼コーチという要職についている。

明日は、名古屋で試合も行われるのだけれど、もちろんチケットもゲット!

持つべきものは友!である。

試合後はRYOとちょっとお茶?する予定。

明日も楽しい一日でありますように。


青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:2 |

いい時に来た~青春18切符の旅2日目

青春18切符の旅…といっても今日は切符は未使用。

なんてたって5回しか使えないから。

ということで天理-京都往復1900円!!

昨日の博多-天理(片道)より高いってどういう事?

っていうかもうちょっと京都よりの宿を取りたかったところだけれど、空いてなかったんだよんね…で、今日京都行って納得した。観光客で街が溢れかえっていた。

しかも今日は平日なのに。


まあ春休みというのが一番影響大なのかもしれない。

あとは桜もちょうどいい時期ってのもあるだろうな。5分~8分咲きくらいで木によっては満開のものもあった。



さて、京都観光は一日フリーパス(地下鉄、バス)を買って嵐山からスタート!

P1010617






P1010621










う~ん、本当に人が多かった!けれど多いだけのことはあって趣のあるいいところだった。そして金閣寺へ移動…

P1010626









当然ながら生まれて初めて見た金閣寺。ここでチョコレート団子なるものを発見。黒ゴマ団子とともに食べる。

P1010629









その後、銀閣寺へ移動…そして、バス停銀閣寺道から銀閣寺へ続く道「哲学の道」の桜が素晴らしかった!

P1010630








銀閣寺はこんな感じ

P1010641








その後は東山辺りをプラプラ

P1010655






P1010657







もちろん清水寺にも

P1010665








そして最後は夜の二条城へ

P1010685








とこんな感じ。


どこに行っても桜が咲いていて、本当にいい時期に来たなと感じた。

あとどこに行っても、外国人、外国人…。

2ヶ月後には一緒に生活してるんだよなぁ…やっぱり不安。

昨日の疲れが癒えぬまま今日も動きっぱなしだったから今日はかなり疲れがたまっている。明日は少し、旅のペースをスローダウンさせようかな。


ちなみに今日の夜ごはんは京都駅の拉麺小路…だったかな…福岡でいえばラーメンスタジアムみたいなところで、地元の「宝ラーメン」を食べた。福岡からは一幸舎が出店していた。


ここでわかったのだけれど、なぜ福岡のラーメンスタジアムに福岡のお店が出店するのか…イマイチ納得出来なかったけれど、僕がこうやって観光で京都に来てみて京都の有名店のラーメンを簡単に食べることが出来た…事を考えると地元のお店が出店する意味もよくわかった。


今日一日京都を観光してみて、本当に観光しやすい町だということを感じた。常に外から人が来ることを想定している。駅だって博多駅に比べてはるかに立派な建物。これが商業都市と観光都市の違いなのか。

ただ、有名な建造物等の説明書きが非常に少ない。あっても難しく書かれた立札だったりすする。本当に深く知りたければ、ガイドさんがいないとつらい。もしくは事前に行くところの歴史とかを自分で調べていくか。


とにもかくにも初の京都は心に残るものとなりそう。

明日は目指せ!奈良の大仏&法隆寺!



青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |

疲れた!青春18切符の旅1日目

現在、奈良にてブログ更新中。


日付変わって昨日4月1日より青春18切符の旅をスタートした。

青春18切符とは、春、夏、秋、冬とそれぞれ販売・使用期間が指定され、5枚つづりで販売される切符。

但し、鈍行(各駅)または快速のみしか乗ってはダメ(一部例外あり)。

a

今年はJRの20周年記念で5枚つづり8000円、1日乗りたい放題で1600円。

この青春18切符の旅では絶対欠かせないのが当然ながら切符と、そして全国のJR時刻表。


P1010616_1

切符は使用する日に改札口にてスタンプを押してもらう。

切符が5個のスタンプで埋まったら、その切符はお役目御免となる。


そして今日、青春18切符のスタートは予定より1時間遅れで、5時50分に博多駅を出発!


P1010612










乗り換えだけで小倉、下関、新山口、岩国、広島、糸崎、京都、奈良…の8回。


乗り換えの途中、新山口でホームのトイレがわからず、改札の外に一度出ただけであとはずーっと乗換&各駅地獄。寄り道ゼロ。(尾道の風景にはちょっと魅かれた…帰りに寄ろうかな)


自ら望んだもの…といいつつやはり疲れた。

とくに糸崎―京都間は座席にも座れずかなり辛いものがあった。しかも、その辺りまでくるとさすがに周りは関西弁だらけで慣れないせいか、疲れきった状態ではちょっと耳障りなようにも感じてしまった。博多弁が恋しい…。


あとやっぱり大阪近辺のオバちゃんのパワーはすごい。

座席を確保するためなら、マナーなんてあったもんじゃない。あれは性格の違いとかいうより、人種の違いじゃないかと思ってしまった。


で、ようやく宿のある奈良の天理に13時間かけてやってきた。疲れないわけがない。

宿はかなりローカルな旅館。トイレ、風呂は共同。でも無線LAN接続は出来る。

P1010613










朝食付きで1泊4000円ちょい…まあこんなものかな。

サラリーマン時代(っていっても一昨日までサラリーマンだったけど)に出張では会社の経費で小奇麗なビジネスホテルに泊まっていた事が懐かしい。値段はそんなに変わらないんだろうけど。

ちなみに今日の夜ごはんはこんな感じ

P1010615










一応、関西に来たから近くのたこ焼き屋でたこ焼きを購入。あと疲れを忘れるため発泡酒も(オヤジになったな…)

明日、明後日はここを拠点に奈良・京都を観光する。

やはり気になるのは桜の開花状況かな。



青春18切符の旅 | コメント:1 | トラックバック:4 |

青春18切符の旅スタート!

準備とかしてたら…完全徹夜。


1時間後には博多駅から出発予定。

家を出るのが朝の4時で最初の目的地奈良に到着するのが19時くらい!


たまらん…。


とにかく今しかできない旅を!


いってきます!


青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。