竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

送別会シーズン閉幕

出発まであと3日なった。

3日後は名古屋からフランクフルトに向かう機内の中。

それから1年はきっと日本の地を踏むことはない…とか考えると、やっぱりちょっと寂しいかも。

でも別に戦地に赴く兵士じゃないから。むしろルンルン気分の留学生である。

今日は今から高校時代の友人たちと日本最後の「飲み会」だ。

今日集まるメンバーは高校卒業後、毎年暮れに集まっているメンバー達。

8年も連続して、暮れには必ずきっちり集まっているからすごい。

そんなメンバー達が僕を送り出してくれるらしい。
ホントここ2週間くらいはモテモテ!?である。

逆にプレッシャーも増大する日々…。
向うでは勉強するにせよ、遊ぶにせよ、飲むにせよ?常に我武者羅に取り組まないといけない。

僕に与えられたお金、そして時間にもやっぱり限りがある。

「海外に行くこと」がゴールじゃない。
「行ってから」が大切。

どれだけ語学力を身に着け、どれだけ多くの刺激を受け、どれだけ多くの経験をこの1年で積めるかはすべて自分次第。

これまで僕のことを快く送り出してくださったみなさんの思いを無駄には出来ない。

しかし、不安になることもある。

日々、TVで「ワーキングプア」とか「ネットカフェ難民」とか、さらには「ハンバーガーショップ難民」と呼ばれる人たちが急増しているといった類のニュースを嫌というほど見かける。

「一度そういった生活にハマってしまうとなかなか抜け出せない」

といったフレーズも聞き飽きた。

けれど、これは僕にとって100%他人事かというとそうじゃない。

幸い今の僕には4年間のサラリーマン生活で得た「ストック」があるけれど、将来的にはどうなっているかわからない。

でもでも、とにかく過信でもいいから自分を信じるしかない。

「なんとかなる」

ではなく、

「なんとかする」

のだ。

海外に行ったから決して全てが明るいというわけではない。

むしろ、背負うリスクもかなり高い。

けれど、これだけの人が今まで応援してくれたのだから、少なくともこれまでの自分には自信を持っていいのかな…とも思う。

ここから、さらに「人間力」を付けないといけない。

さて、そろそろ出発しないと遅刻してしまう。

時間にはきっちりしないと。

マルタに行ったらやっぱり南国特有のルーズさがあるのだろうか…。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

準備もラストスパート!

いよいよ海外挑戦の日が近づいてきた。

来週の今頃は地中海の真ん中で暮らしている。どこかの国の人と相部屋で…。

準備の方はいよいよ佳境だ。

昨日は遂に20万弱の大金でゲットした航空券がやってきた。
P1020016.jpg


来年の帰国の分までちゃーんとある。

これで間違いなく4日後の5月27日にマルタに行き、来年5月10日はロンドンから東京に帰ってくる。
実感が沸くアイテムがまた一つ増えたってところ。


そして、今日はまずは福岡県警へと行き、国際運転免許証発行の手続きへ。

手続きに必要なものはパスパート、日本の免許証、証明写真(5×4)の3つ。少なくとも福岡では印鑑は必要なく、サインでオッケーだった。

県警は県庁の隣にあるのだけれど、駐車場がわからず県庁の関係者駐車場みたいなところに迷い込んだところ、少しの時間ならと警備員の方が通してくれた。

手続き自体は10分もかからず終了。費用は2650円。

僕が善良な市民からなのか、県庁の駐車場から手続きが終わるまで非常にスムーズだった。
で、出来た免許証がコレ

P1020017.jpg



そして、準備の中で一つ意外とお金のかかるポイントを発見してしまった。

それは「目」

日常は裸眼で生活しているが、夜サッカーに行く時、スポーツ観戦に行く時などは1日使い捨てのコンタクトを使ってきた。

今回1年という長い間日本を離れるため、コンタクトレンズを「買いだめ」しないといけない。

ネットで注文すれば2、3日中に届くだろうと思っていだけれど、ここでハプニングが一つ。僕が今まで使ってきたフォーカス・デイリーズがいつのまにやら生産終了~。

ちょっと焦ったが、夜中に血眼になってネット上を探した結果、楽天にお得パックが販売されているのを発見!そして即半年分購入。

1日使い捨てコンタクトの相場は1ヶ月分(片目30枚×2)で5000円前後。今回はお得パックだったから24000円でゲット。1ヶ月あたり4000円。

でも僕の場合、毎日つけるわけじゃないからなぁ。
1年でもきっと使いきれない。
長いスパンで僕の視力が変わらない事を祈る。

そして、久しぶりに「学生」に戻るのでメガネも持っておきたい(授業の時など室内用に)と思い、1万円以内でメガネを作れそうなSHOPを探し出し、天神のalookへ。

で、8年ぶりにメガネを買った。

P1020018.jpg


一番安い5250円のフレームに、UVカットのレンズにしてプラス2100で7350円だった。

こちらも30分ほどで出来上がり。
本当に日本のサービスは素晴らしいなぁ。

そんなこんなで「目」にかかった費用は3万円強。まあこれは留学しなくてもある程度はかかった費用だから。

あとは大きな準備は保険くらいかな。

さっき、エージェント殿とお話して概要は決まった。
オプションとか込みで1年間12万強といったところ。

日本にいても生命保険に入っていればこれくらいはかかるから、これもある程度は仕方ない。

ちなみに歯医者は今日終了。受付の方には
「海外で痛みが出ないように祈ってます…」
と言っていただいた。
ホント、海外で歯が痛みだしたらシャレになりません。

しかし、何をするにもお金がかかる。
totoBIGを当てた方がもしいましたら1%下さい。

1%でも560万だな。

どんだけぇ~って感じ。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |

I LOVE 地元

今日は天神に母親らと舞鶴にある焼肉『泰元』を食べに行った。
しかも無職の僕のオゴリで…。

『泰元』は畜産農家の方々が焼肉店を直営されているとかで、他の有名店(○○園とか)に比べれば割と手頃な値段でおいしいお肉がいただける。

しかし、きっとこれが出発前の最後の贅沢…。
地中海の島国などに行って、おいしい焼肉にありつけるなんて到底思えない。

考えてみると、日本(福岡)にあってマルタにないものはたくさんあるはずで…

豚骨ラーメンも1年お預け

湯船にゆったり浸かるような生活も1年お預け

芋焼酎も1年お預け

他にもたくさんあるだろうが、マルタに到着したその日から日本が恋しくなりそうな気配である。せめて黒霧島(芋焼酎)の1本くらいはスーツケースに忍ばせて行くかなぁ。

そんなアイディアは既に若くない証拠かもしれない。


さて、昨日は3日連続壮行会の最終日。

地元の友達と地元の居酒屋『Eddie』に集まって、おいしく楽しいお酒を頂いた。

地元の友達は中学校の同級生で、よく集まって飲んだりするのだけれど、集まるようになったのは皆が社会人になってから。

それも、中学時代はお互いがそれほど面識がなかったような人達も、大人になって親しくしている。

それもやはり「地元」が一緒だから、お互いが変な気を遣わずに付き合えるのかもしれない。


以前は一緒にキャンプに行ったり、夜中に流れ星を見に行ったり、一度の飲み会に20人くらい集まったり…学生サークルのようにいつもみんなで遊んでいた時期もあったけれど、今ではそうやって一緒に遊んでいたメンバーが結婚したり、東京に就職したり、連絡がつかなくなったり…して、メンバーが固定化されつつある。

それでも、誰かが誕生日だったりした時には地元の居酒屋で必ず祝い事をする、付き合いのいいメンバー達。

昨日も僕のためにたくさんの頂き物、さらには会費まで御馳走してもらって…みんなありがとう!海外に行っても地元の事を、そして博多弁を忘れません!


P1020013.jpg


僕が帰ってきたら、またみんなで楽しく飲みましょう!


でもここ2ヶ月くらいで、本当にいろんな物を頂いたなー。

綺麗ごとじゃなく、気持ちだけで十分なのにこれだけいろいろとしてもらうと「申し訳ない」気持ちが先に立ってしまう。

僕はこれからそんな大層な事をするわけでもないし、大層な人間でもない。
何度も言うけれど、少なくとも1年後にはひょっこり帰国するのだ(その先は未定だけれど)

僕が今持っている「人脈」も自分一人で築いてきたものではなく、いろいろな人のおかげで築き上げたもの。

これから例え海外に行ったとしても日本の「人付き合い」はマメに続けていきたい。

それが僕の一番の財産だから。

出発まであと6日となり、いろいろな方々の気持ちが余計に嬉しく感じる。
僕は本当に恵まれている。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Wonderful Day

ブログを開始して、初めて1日2回記事を投稿する。

記事の数も40を超えた。これからも継続していかねば。

昨日はサッカー観戦後一旦自宅に戻り、その後予定通り学生の頃幼稚園サッカーのコーチをしていた時から付き合いのある当時の保護者の方達と僕の壮行会に参加してきた。

自宅から会場への移動は、同じく保護者の方達と付き合いのある、大学の同級生が迎えに来て連れて行ってもらった。
元々有難いことだけれど、出発まであと1週間ともなるとこういう事もより一層有り難く感じる。

この集まりは僕が直接は指導していなかった代の子供たちの保護者の方達との集まりで、僕が20歳の時からビーチサッカーの大会に一緒に出場したり、バーベキューしたりしてもう6年くらいの付き合いになる。

本当にいつもお世話になっている、僕の大切な付き合いの一つである。

壮行会では、僕の自由気ままでわがままな海外生活に対して、快く応援していただいた。本当にありがとうございました。

ここまでしてくださると、本当に来年の今頃どのツラを下げて帰ってこようか…などと今のうちから心配になる。

そんな大層な人間になって帰ってこられるか…いい意味でプレッシャーに感じて、海外生活を送らないといけない。

P1010884.jpg


また来年会いましょう!


その後は、22時から行われるフットサルのために都市高速を飛ばして新宮の会場へ。
もちろんこの時点で僕はビールをたらふくいただいていたので、壮行会に参加してかつフットサルのチームメートである友達の車に乗せてもらい移動した。

僕の所属しているフットサルチームは客観的に見てもかなり強いと思う。
大げさな表現でなく、ベストメンバーが揃えば県下でも指折りのチームではないだろうか。

もちろん僕は下手くそなので、そんなツワモノの中でフィールドプレーヤーとしてチームに貢献する事などほとんど出来ないので、キーパーとしてプレーしている。

そんな僕のフットサルキーパー歴ももう結構長くなった。

昨日の試合ももちろん勝利!
僕がチームに入って、何十試合と戦ってきただろうけれど、負け試合は数えるほどしかないほど勝率が高い。
9割は確実に超えていると思う。
そんな素晴らしいチームの一員として、これまで一緒にプレーしきたことは例えキーパーとしてでも光栄なことだ。

昨日の試合ではみんなの温情で、僕もフィールドプレーヤーとして出場した。
みんな僕にパスをくれて、最後の思い出に得点させようとしてくれた。
これは本当に嬉しかった。
そんなこんなで無事に!?僕も得点を挙げて、一応は有終の美を飾ることは出来た。
そして試合終了後みんなユニフォーム姿で集合写真を撮った

P1010891.jpg


ちなみにこのユニフォームも大会で優勝して勝ち取ったものだ。強いチームにいると、得する事が多い。


その後はチームメートの家にお邪魔して、僕の壮行会&チームメート誕生日祝いをした。

家の方々が家族総出で、おいしい料理をたくさん振舞っていただいた。本当にありがとうございました。

P1010892.jpg



会の後半では、外で胴上げまでされて、さらにはコーラかけまで…。
おかげで全身コーラまみれ。でもこういうのも今なら全てが嬉しいし、楽しい。

最後は生卵の丸飲みまで強要されて…

P1010901.jpg


また僕が福岡に帰ってきたらみんなでまた一緒にプレーしたい。

それにしても保護者の方達にせよフットサルのチームメートにせよ本当に素晴らしい人達に巡り合えた。
僕は相当強運の持ち主だ。

ここまでしてもらったんだから、とにかく充実した海外生活を送らないといけない…その気持ちが一層深まった素晴らしい1日だった。


みなさん、本当に本当にありがとうございました。

いまより確実に大きな人間になって帰ってきます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サッカー観戦

いよいよ日本出国まであと1週間となった。

昨日の昼間はアビスパ福岡の試合を博多の森で観戦した。

チケットは「コネ」で運良くゲット!
本当は購入した方がアビスパのためにはなるんだろうけど。
青春18切符の旅の時といい、サッカー観戦チケット=コネでゲットというのが定着してしまっている。
たまにはポケットマネーで観戦しないと。

試合自体はアビスパが負けてしまったけれど、こうやって自分の街のチームの試合を見る事は少なくともあと1年はないわけだ。

福岡にはソフトバンクホークスという野球の人気球団があるため、それに比べるとサッカー人気というのはいま一つの感は否めない。

「Jリーグは面白くない」
とか

「アビスパってどうせJ2でしょ?」
とか

否定的な声もたまに聞くけれど、スタジアムまで足を運んで、その場の雰囲気を感じながら観戦するのが僕は好きだし、サッカーは「生」で観戦してこそ、その醍醐味が味わえると思っている。

「日本のサッカーはダメ」などとJリーグ観戦には行かず、夜中までテレビの前で釘付けになって、ヨーロッパのサッカーを観戦しているような輩を僕は真のサッカーファンだとは認めない。

僕ごときが言うのもなんだけれど、そういうのはまさしく「にわかファン」だと思う。

僕も一度だけ、イングランドのプレミアリーグを生で観戦したことだあるけれど、やはり選手のプレーの質が云々よりもその場の雰囲気、サポーターの姿勢に感動した事を覚えている。

少なくともイングランドでは「Football」がその土地の「文化」として根付いているように感じた。

でも、まだ日本はプロリーグが発足して10数年。いわば小中学生のようなもの。ヨーロッパのサッカーとレベルがどうだのと単純に比較する前にまず歴史が違う。

それに、例えばアビスパはここ3年で2回、J1とJ2の入れ替え戦に出場しており、僕はその2回ともホームの博多の森で観戦したけれど、そういった緊迫した試合のスタジアムの一体感というのは、海外のサッカーにも勝るとも劣らないものだったと思う。

確かにJリーグにはロナウジーニョやC・ロナウドのような選手はいない。
けれど、スタジアムの真ん中でプレーしている選手たちは紛れもなく「プロ」
日本サッカーの正確な競技人口はしらないが、彼らはそのピラミッドの頂点にいる選手達であり、ほんの一握りの存在なのだ。
いくら彼らをヤジったって彼らより上手くサッカーを出来る人なんてほとんどいないのだ。

ここで、話を少し「留学」に逸らすと僕は「サッカー」という趣味を持っている事が一つの大きな武器になると思っている。

マルタはきっと日本よりサッカー後進国だと思うけれど、リーグはちゃんと存在するようだし、それにヨーロッパ中から留学生も集まってくる。

仮にドイツ人の知人が出来たなら

「僕の街のFootballチームの監督はりトバルスキーなんだぜぇ」

と言えば、その瞬間から仲が深まるかもしれない。
まずはそのくらいは簡単に言える英語力を身に付ける事が前提だけれど…。


話は戻るが、ふと思ったことがある。

2002年のW杯で日本がW杯初勝利を上げた時、天神の街中を騒ぎ回っていた人たちはどれだけ、博多の森に足を運ぶようになったのかと…。

きっと彼らのほとんどはテレビの向こうの日本代表を応援することだけで終わってしまったのではないか…。

サッカーのサポーターになるのも最初は「にわか」でも全然構わないと思う。
きっかけが「W杯」でも「日本代表」でもいい。なんなら「イケメンの選手」でも全然OK。

きっかけはどうであれ、結果的には自分の家から行けるスタジアムに足を運んでその場の雰囲気を楽しみ、そして「真のサポーター」が増えれば、もっとサッカーも盛り上がると思う。


そんな僕はマルタに行っても、きっとサッカー観戦に行くだろう。
なんてんたって「場の雰囲気」が好きだから。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

Football | コメント:0 | トラックバック:0 |

準備いろいろ

今日の午前中は歯医者に行った。
治療が終わるのは5月23日らしく、出発前にギリギリ滑り込みセーフ!といったところ。

留学準備の方はかなり焦ってきた。
最近はスーツケース買ったり、電子辞書買ったり、口座のお金を移したり。

僕が高校、大学で英語の授業を受けていた頃は、分厚い「ジーニアス」を引いていたものだけれど、今や高校生ですら電子辞書がスタンダードらしい。

辞書と言っても、単に英和/和英だけでなく、国語辞典やことわざ集、7ヶ国語の日常会話やビジネス用語、さらには家庭の医学や、ちょっとした脳トレまで網羅されている。

語学に関してはその発音まで音声で教えてくれる。
という事でイタリア語やスペイン語、フランス語あたりは発音まで教えてくれるので、ヨーロッパ内を旅行する際には重宝しそうである。

しかし、時代の流れは本当に早い。こんなものを高校生が親にねだるんだから…。


留学費用のお金も元から持っていた口座から、先日開設した新生銀行の口座に移した。

「移した」というのは銀行から銀行への振込という形ではなく、実際元から持っていた口座からお金を引き出して、直接新生銀行まで持って行って預け入れた。

これから1年海外生活をやっていけるであろう生活費一〇〇〇〇〇〇円!を一気に引き出したから、その「札束」を手にした時にはちょっとテンパった。
そして、「札束」は財布に入りきらない事を知った…。

お金の話はあまり良くないかもしれないけれど、海外で1年間生活するのにそのくらいはやっぱり必要。向うで職に就けるかなんて不透明…とういうかマルタには職なんてないはず。そもそもビザ自体観光ビザでマルタ入りするし。

当然、元から持っていた地場の銀行と新生銀行とは同じ天神と言えど離れた場所にあるので、その移動中はかなり用心深くなった。

しかし、道中襲われることなくミッション達成。

こんなにビビりながらお金を移すくらいなら、振込手数料をケチらずにATMから一発でやった方が良かった。

ちなみに海外でお金を引き出す際は新生銀行の場合手数料はタダで、その他にレートとして引き出した金額の4%を取られる。昔から持っていた地場の銀行のカードなら手数料315円で、レートが1.63%。

これを額面通りに考えるなら1万円引き出す時は
新生銀行:10000円+400円=10400円
地場 :10000円+315円+163円=10478円
と新生銀行がお得

これが2万円になると
新生銀行:20000円+800円=20800円
地場 :20000円+315円+326円=20641円
これだと元から持っていた地場の銀行のカードの方がお得だ。

となると、新生銀行の口座を開設する必要も特別なかったように思うけれど、どうなのかな???

詳しい方がいたら教えてください。


さて、今日から3日連続で飲み会だ
今日は幼馴染とかと、明日は大学時代に幼稚園サッカーのコーチをしていた時の保護者の方々と、その後移動してフットサルをした後そのチームメート達と、そして明後日は地元の友達たちと…。

頑張れMY肝臓!

ほとんどが僕が海外に行くからと集まっていただけるのだけれど、本当にここまでしていただくと、1年後帰ってきづらくなりそうで…。

1年というのは経ってみればきっとあっという間。

そんなあっという間に帰ってくる僕のためにいろいろな方々が集まってくれるので、本当に感謝感激だ。

でも本当は皆さん、僕をネタに飲みたいだけだったりして

そんな楽しい送別会シーズンもあとちょっと!出発まであと9日

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |

帰国日決定

ブログを引っ越してみたはいいものの、やっぱり若干の弊害はあった。

一つは改行部分がうまく移行できなかった。なので、全部の行がつまってしまい、非常に読みづらい状況に陥ったため、応急処置として改行コードを過去の記事にいくらか打ち込んだ。

それと、FC2ではカテゴリーは一つの記事に一つしか指定できないらしい。
複数指定できるココログから引っ越したので、カテゴリー分けも若干崩れてしまった。
やっぱり、すべてが簡単に引っ越せるというわけではないみたい。

それでも、僕としてはFC2の方がテンプレートのHTMLを自分で変えられたり、自由度が高いように思うので気に入っている。

それにアフィリエイトをするにしたって、こちらの方が楽しく自分でアレンジできそう。
別にお金を儲けようとは思っていない。
正確に言うとこんなアクセス数の少ないブログで儲かるとは到底思えない。
でも、これも一つの勉強だし、あれこれ工夫を凝らしながら記事以外の部分でもブログを作っていくのは楽しいもの。

「継続は力なり」

で、気分新たにこれからもブログを更新していきます。


さてさて、まだまだ、留学へ出発もしていないけど…帰国日が決まった

帰国日は2008年5月9日金曜日、日本に到着するのは5月10日朝になる。
帰国の地として選んだのはロンドン!
もちろん空港はヒースロー発。

ロンドンを発った後、フランクフルト経由で成田空港に凱旋予定。
成田を選んだ理由は…福岡に帰ってくる前にちょっと日本の首都東京を肌で感じようかなと思って。

きっと1年も日本を離れてたら逆に「日本」というのもを刺激的に感じれるようになっているかもしれないから。
それに東京近辺は少なからず友人や知り合いもいることだし。

という事で
行きは
福岡-名古屋-フランクフルト-マルタ
帰りが
ロンドン-フランクフルト-成田

で、多分東京滞在後は羽田から福岡に帰るかな。

しかし…航空運賃の諸経費(燃料費とか税金とか)の高さに驚愕した。

その額5万弱…

航空券自体は1年間有効で14万円、行き帰りが共に週末だから5000円×2=10000円追加で15万円。
そして悪魔の諸経費が追加されると…20万に迫る額となってしまった。
それに福岡と名古屋や東京間の移動も含めると交通費だけであっさり20万超え

原油高に円安…こればっかりはどうしようもない。

今回利用する航空会社はドイツの航空会社「ルフトハンザ」というところ。自分が航空券を探し始めるまで馴染みのない航空会社だったけれど、最近CMも見かけるようになった。単に僕が気にするようになったからなのかな。

航空券の最終的な金額に若干…いやかなり凹んだものの泣く泣く20万円弱という額をルフトハンザの口座に振り込んできた。

でも、これも「自分のやりたい事」に向かってコツコツとお金を貯めてきたからこそ出来る事!

出発まで遂にあと10日!カウントダウン開始!


テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |

引っ越してきました

ココログからこちらに引っ越してきました

タイトルも若干変えたりしましたが、スタイルは一切変わりません。

引っ越し時のみの限定で「ですます調」です。

どうやら"普通"に引っ越すと「ココログ」から「FC2」への引っ越しは記事が全て文字化けしてしまうそうで…僕も例に漏れず文字化けの被害に遭いまして、引っ越しを断念する危機に瀕しました。

そんな時、社会人として4年間システムに携わる仕事をしてて良かったなとか思うわけです。別に自分で解決する訳ではありませんが、「解決方法を見つけ出す」術にはそれなりに長けているわけです。
それで事なきを得まして、比較的スムーズに引っ越しを済ませました。

なんと写真までも全て引っ越し出来るわけですよ。ブログの引っ越しとは本当に楽ですね。



さて、もう留学出発まで残り2週間を切りました。
このブログの存在(実際には引っ越し前のココログ)をいろんな方に紹介しまして、徐々にアクセス数が増えてきました。

そうなると「自分のため」とはいえ、ある程度「見られる」事を意識して書いていかなきゃなーなどと思うわけです。なので「見て面白い」ブログにするには写真なども積極的にUPしていかないといけませんね。

特に日本人にはあまり馴染みがないであろう「マルタ」という地中海の島国に留学する訳ですから、現地の写真は出来るだけ載せていこうとは思っています。

それではこれからも「自分のため」そして「見てくださる人のため」にブログを更新していこうと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

 よければクリックをお願いします。

ブログ | コメント:0 | トラックバック:0 |

26歳という事 Part2

のっけから話題を逸らすけれど、最近Yahoo!でルー大柴殿のブログが受けている!といったようなトピックスが出ていた。


早速チェックしたところ…不覚にも面白い。敵ながらアッパレ。


いや、本当のところ僕はルー大柴殿を尊敬している。というのも、彼は高校卒業後、ヨーロッパを一人で放浪した経歴を持つ。それは僕の海外留学よりはるかに奔放なものである。しかも、僕の両親よりも年上なのだ。そんな昔にヨーロッパを放浪とは…僕の感性なんて彼には遠く及ばない。


なので、彼は英語も流暢との事。しかし、実はその放浪中に日本にいた恋人が交通事故で亡くなった…といった事を昔TVで見た覚えがある。その番組では亡くなった故人がCGとして生まれ変わり、出演者に語りかけるといった番組だったと思うけれど(番組名は失念した)、彼はその番組の中で泣いておられた。そういった過去も背負っておられる、ただ暑苦しいだけの方ではないのだ。


そんなルー大柴殿だけれどよくTVでも英語と日本語をミックスした喋り方…例えば


「トゥギャザしようぜ!」

とか、


「キャッチ!キャッチ!キャッチ!」

とか。


それが話題のブログではさらに強烈なのだ。真似したくても真似できない。そんなブログが気になった方は以下のURLをチェック!チェック!チェック!だ


http://ameblo.jp/lou-oshiba/


ちなみにこのブログは「アメブロ」というみたいだけれど、ルー大柴殿のブログのページの一番下には「人気タレントブログランキング」なるものがある。

5月13日現在、話題になったルー大柴殿でさえ8位なのだが、上位がアイドルや女優、バラエティタレントならまあ妥当かと思うけど…なんとTOKIOの人気番組だった「ガチンコ」の”ファイトクラブ”で知名度が上がった元プロボクサー竹原慎二氏が3位にランクインされているではないか…。なぜだ???


で、気になって見てみたけど…「じゃあの」の一言に尽きる。こんなブログも真似できない。やっぱりこれも、自分の目で確かめた方がいい。じゃあの。


http://ameblo.jp/shinji-takehara/


さて、話をタイトルに戻そう。

僕は現在26歳で、所謂「松坂世代」である。タイトルは「26歳」だが、同級生の半分以上は今年中に27歳になる。いつの間にかいい大人だ。


同級生で、気にするからなのか…「松坂世代」には各界の有名人が多い気がする。


やっぱりその筆頭はレッドソックスの松坂大輔。彼の年俸なんて聞きたくない。おそらく彼の年俸を僕が一生涯かけて稼ぐことはない…。いや稼ぐかもしれないな。可能性は無限だから。


他には野球界だと、我が街福岡のソフトバンクホークスの先発の柱、新垣、杉内、和田。横浜の4番村田も福岡出身の同い年。巨人には同じ中学校だった選手もいる。彼とは卒業以来会ってもないから、僕のことなんて忘れてるかも。そういや、昨日結構打たれたらしい…巨人ファンではないけれど、彼の活躍はちょっと嬉しかったりするので頑張ってほしい。


違うスポーツに目を移すと、サッカー界ではジーコジャパンのサプライズ「マキ!」、あとは同じく2006年W杯日本代表の玉田、大黒も「松坂世代」。日本代表のFW(フォワード)5人中3人が同い年だったことになる。ちなみに他のポジションには同級生はいなかった。


バスケットだと、日本人初のNBAプレーヤー田臥も「松坂世代」だし、角界では押しも押されぬ大横綱、朝青龍もまさかの同級生。横綱が同級生だと知った時には正直愕然とした。今のところ、「同い年に見えない有名人」の1位が朝青龍関だ(あくまで個人的ランキング)。


芸能界だと、元祖?ブログ女王の眞鍋かをり、僕が高校生の時にデビューし、大ブレイクした広末涼子、先日年齢詐称で同い年である事が発覚した夏川純、あとは優香、田中麗奈も同い年。


お笑いだとキングコングとかかな。


海外のスポーツに目を向けると、サッカーのリバプール所属のスティーブン・ジェラード、テニスのマルチナ・ヒンギスも同級生。


あ、そうそう先日辻希美とのできちゃった婚で脚光を浴びた杉浦太陽もまた同い年。


当然、同い年の有名人を上げればキリがない。

ほとんどがテレビの向うでしか見たことがない方達だから、例え歳が同じでも、同じ時代を生きてきた「実感」は沸かない。しかし、紛れもなく彼らと僕は全く同じ時代を生きてきている(年齢詐称がなければ)。


そんな著名でかつ、すでに確固たる地位を築いた同級生がたくさんいるにも関わらず、僕は今無職で、これから留学という道を歩むのである。


でも別に、劣等感とかがあるわけでもない。僕は僕なりに楽しめばいいから。


これからもそういった有名な同級生の活躍をブラウン管の(今は液晶か…)向こうや、いろんな場面で目にして耳にして、いい刺激を受けて、僕も負けないように充実した人生を送りたい。じゃあ最後に…


「松坂世代」バンザーイ!


雑感 | コメント:0 | トラックバック:2 |

26歳という事 Part1

遂に6日連続の更新…。毎日書く「ネタ」があることが嬉しいと同時に書く「時間」がたっぷりあるのがどこか寂しい。


昨日は、予定通り大学時代のサークルのOB会→高校時代の同窓会と参加してきた。

今年の大学の新入生は遂に、平成生まれが入ってくる年。実際に昭和64年生まれという、希少価値の高い誕生日の新入生もいた。


毎年恒例ではあるけれど、「新歓」では現役の学生はほぼ全員スーツで参加する(今年は確か100%スーツ)。OBは私服でもちろんOK!数名のマネージャーを除き、スーツを身にまとった男が60人くらいいる。そんな中、新入生を手荒く?歓迎する非常に男くさい体育会系のイベント…それが「新歓」である。


そんな中でOBとして参加するものだから、日常生活ではあり得ない歓迎?をされる。しかも開始時刻に若干遅れてしまった僕は、OB紹介の真っただ中に会場入りしてしまい、一同の注目を一身に浴びてしまった。そして、その男60人から


「お疲れ様です!」


などと言われってしまうのだ。「ザ・体育会系」である。


乾杯後は、今年の市長杯でお世話になった現役のメンバーと談笑しながらおいしいお酒を頂いた。卒業してもう4年以上が経つけれど、小学校すら被らない、若い現役メンバーと親交があることは本当に幸せな事。人脈はいくら増えたって損はしないから。

そんな楽しい時間も次の同窓会への参加のため、滞在時間約1時間で会場をあとにすることに。こっそり帰ろうとしたのだけれど、やっぱり


「OBの○○さんが先に帰られます!」


などと帰る事まで一同に紹介され、またまた男くさい


「お疲れ様です!」


と拍手によって、手厚く送り出していただいた。主役はOBじゃないのに。

というか、僕は遅刻して、さらに早く帰るロクデナシOBである。


その後は同窓会会場に駆けつけて、懐かしい面々とこれまた談笑。当時担任だった先生にも海外に行くことを報告した。ただ、その後先生はかなり酔っ払っておられたので僕の話を覚えているかどうかは定かではない…。


同窓会には、予定通り15人前後の同級生が参加していて本当に楽しかった。ある意味、この年代が人生の「ターニングポイント」となる時期でもあるので、みんなその立場は様々。結婚している人、子供もいる人、これから結婚する人、結婚をキャンセルした人、真面目に働いている人、ニートな人…。


10年前はみんな同じ教室で学んだ?高校生だったのだけれど、10年経ってその立場の違いというのがまた面白い。サッカー部はない高校だったけれど、変な意味ではなく?「共学」の学校に行って良かったと思っている。共学の方が、こういう時それぞれの人生の、そしてその話題の「バリエーション」が豊富だから。


しかし、急に集合をかけてクラスメイトの4割近いメンバーが参加した事はかなりすごい。やっぱり名幹事Mさんには心から感謝である。

同窓会はその後2次会までほぼ全員が参加し、3次会まで10人以上が残っていた。本当に付き合いのいいメンバーだ。

最終的には締めでラーメンまでみんなで食べて午前3時頃解散…。会の中でカップル誕生か!?なシーンもあったけれど、どうなったのかな???っていうかみんな微妙なお年頃だからそういう話題や「ノリ」には敏感。


今後1年はこういった催しには参加できないけれど、機会があったら是非また集まりたい(あいつは来なくていい!とか思われてなければ…)。その時、僕が人としていろんな経験を積んで、今よりユニークな人間でいられれば幸いだな。とにかく、我武者羅にこれから1年を過ごさないといけない。


さて、今日はそんな状態で朝8時過ぎに起きてサッカーに行ってきたのだけれど…。結果は「言わずもかな」である。昨日のOB戦とお酒の飲みすぎ、さらには睡眠不足で体がとにかく重かった。今日は知り合いの知り合い…みたいなチームに参加したのだけれど、とにかく迷惑ばかりかけた。昔はこんな状態でもサッカーはそれなりには出来てたはずなんだけど、これが「老い」という現実かな。もうこんなコンディションではサッカーはしないことを誓います…。


さて、日常のネタが長くなったけれど、26歳とはどんな年齢?ということを考えてみた(正確には今年で27歳になる世代で、実際に昨日の同窓会でも27歳の同級生を見かけたけれど…)。


例えば、僕のよく聴く「Mr.Children」の桜井和寿氏(氏とか付けるのは変?)はどうか?


彼は24歳で爆発的にヒットしたアルバム「Atomic Heart」を発表しており、26歳になった時にはアルバム「深海」を発表し、前妻との間にも子供もいた(当時はまだ離婚前)。

26歳にしてすでにアーティストとして、確固たる地位を築きあげ、さらには家庭人としても1人前になっていた…それが桜井和寿氏の26歳である。


次に日本が誇る”モンスターバンド”「Southern All Stars」の桑田佳祐氏の場合は???

彼は23歳で名曲「いとしのエリー」を発表し、26歳になった時、原由子と結婚した。

もちろん当時僕はまだ1歳とかだから当時の記憶などかけらもないけれど、26歳で武道館ライブや紅白歌合戦への出演経験を持ち、やはり前述のミスチルと同じくアーティストとして確固たる地位を築いていたようだ。余談だけれど、桑田佳祐氏と僕の父は同い年で父が26歳の時には、もう僕がいたことになる。


そして僕が、その生き方考え方を尊敬して止まない?KAZUこと三浦知良氏の26歳は???

15歳にして単身ブラジルに渡ったKAZU…それだけでも凡人にはない行動力をもった人だけれど、KAZUの26歳は「ドーハの悲劇」の年。あの時のKAZUと今の僕は同い年なんだな…。当時は、既に日本サッカー界で誰もが認める人気・実力№1の存在だった。ちなみにイタリアに移籍したのはその翌年。

KAZUは26歳にして、誰もがその名を知る存在になっていたのだ。


とまあ、僕の趣味に大いに偏った方の「26歳」を紹介したわけだけれど、やはり各界のトップをいく人というのは、僕の歳でその「存在価値」がずば抜けていたのがわかる。イングランドサッカー「プレミアリーグ」のジョゼ・モウリーニョ監督(チェルシー)の言葉を借りるなら上に挙げた3人は


「スペシャル・ワン」


だと言える(モウリーニョ監督は自らを「スペシャル・ワン」だと言っているらしいが…)


やはり、彼らのような人間は僕のような凡人と違って若い頃から成功を掴んでいるのだ。もちろん「遅れ咲き」という言葉もあるように、ある程度人生経験を積んだ段階で成功を掴む人もいる。僕はそれを狙おう…。


同窓会でも感じたけれど、本当にいろんな「26歳」がある。


でもこの感覚だけは絶対に忘れないでおこうと思う。


「まだ」26歳だという事を(27になっても同じだけれど)。


雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

忙しい週末

最近、ほぼ毎日ブログを更新できている。優秀な暇人だ。


今日の昼は予告通り、大学時代所属していたサークルのOB戦へ行ってきた。でもOB4人て…。去年は20人以上集まっていたので、今年の惨状はかなり寂しいものがあった。


でも、OB戦自体は楽しかった。いい汗もかけたし、若い現役大学生にはやっぱりついていけない事も再確認した…。なんていうか、やっぱり瞬発力が違う。ちょっと筋トレしたくらいで、3日間も筋肉痛になってるような状態ではかなわない。


さて、この後はそのサークルの新入生歓迎コンパ、略して「新歓」にOBとして行く。

今年の市長杯でお世話になった現役メンバーもいるし、いっときこういう集まりには顔を出せなくなるから。でもせいぜい1時間くらいしかいれない。というのも僕には「次」があるあから。ちなみにOBは1人会費5000円らしいのだけれど、1時間で5000円とは○州?なみのお値段である(1時間しかいれない自分が悪い)。


「次」というのは、同時刻に同じく天神にて高校2年次の同窓会の事。

僕がクラスメートだった友人に留学が決まった事を伝えると


「じゃあいい日見つけて集まろう!」


と嬉しいお返事があり、


「12日、19日は別件が…」


と返信していたのだけれど、


「12日に集まるけど大丈夫???」


との事。あれあれ?なので、今日はまさかのダブルヘッダーになってしまった。


どうやら同窓会では当時の担任の先生を囲んでの席になるようで、人数も15人ほど来るらしい。別に僕がどうこうという訳ではなさそう。僕は人数も6~7人規模のこじんまりとした飲み会を予想していたので15人は想定外。絶対に10年近く会っていない人も来てるはず。


しかし、今月上旬に連絡してそこから15人集めれるってすごい。同窓会のきっかけとなった?僕の予定は考慮されないわけだ。意外とみんな福岡に残っていることを実感。


20代も半ばになってのこういう集まり楽しい。高校の同級生なら卒業して4~5年は学生ないしは社会人になって長くて2,3年でそうそうみんなの立場は変わらないけれど、卒業して8年以上経った今は、結婚、子供、無職…など人それぞれ違った人生を歩んでいるので、話を聞くだけでも面白い。

ダブルヘッダーはハードだけれど、こういう場を設けてくれた幹事殿には感謝、感謝。(行ったらみんな僕の事忘れてたりして)


そして、明日は朝からサッカー。今日の新歓、同窓会にはウコンの力は欠かせない!


来週の土曜日も僕の壮行会となっている。

僕は学生時代、幼稚園でサッカーコーチをしていたのだけれど当時の保護者の方達(僕が教えていた子供たちの保護者の方達ではないけれど)が僕を快く?手荒く?送り出してくれるようで、本当に嬉しい。社会人になって幼稚園のサッカーコーチを辞めても付き合いは続いているので、これも僕の一つの財産である。


しかし、問題が一つ。実はその日の22時から別件でフットサルも行われるのだ。

数年所属したフットサルチームで、やはりその日が出発前の最後の試合なのでそちらにも行きたい…。時間的には無理な事はないけれど、壮行会を開いていただく保護者の方に相談せねば。

良いのか悪いのか2週連続でダブルヘッダー…出発まで残りすくない日数の中で、忙しさも増してきた!


さて、同窓会のために卒業アルバムでも久しぶりに見ておくか。予習、予習…。


雑感 | コメント:0 | トラックバック:1 |

なぜマルタ?に再考

筋肉痛が昨日よりも増した。やっぱり僕は若くない。


今日は足の付け根(筋肉というより間接)も痛くって、立って姿勢を保つことすらままならない。今日は体育館への行く予定もキャンセル。別にめんどくさいとかじゃなく、単純にトレーニングに勤しめる体の状態ではないだけ…悲しい。


今、僕が歩く様はまさに「おじいちゃん」。


明日は朝から、大学時代のサークルのOB戦なのだけれど、それまでにこの状態から脱却できるか非常に心配だ。

行くからには楽しくサッカーしたい。若い現役メンバーにも負け戦になることは百も承知で勝負を挑みたい。とにかくレベルの高い環境の中でサッカーをするのが心地いいから。


そう言えば、よく僕の留学先「マルタ」に関して「なぜマルタなのか?」といった質問をよく頂く。

もちろん僕はその場その場で自分の気持ちを伝えるのだけれど、一貫性がないように思うのでここでもう一度はっきりさせておきたい。

そもそも、僕はイギリスという国、そしてロンドンという都市に行こうと思っていた。


それは


・英語圏である

・一度行った事があり、シックな?街並みがなんとなく好き。

・サッカーの母国であり、本場のサッカーが毎週楽しめる。

・周囲にイギリス留学経験者の友人・知人が複数いて心強い。

・福岡よりもはるかに大都会で、人種もさまざまだから多くの刺激を受けそう


以上のような理由から。


でも、僕が行くのはちょうど初夏くらいになるから、出来れば夏っぽいところに行きたいと思った。都市部で「あちぃ~」と言いながら、過ごす夏は嫌だなと。


それにサッカーもちょうど僕が留学を開始する時期にオフシーズンになってしまう。日本では年末年始がサッカーのオフシーズンだけれど、ヨーロッパでは真夏がオフ。

選手たちも夏になると、東南アジア等にバカンスに行くのが慣例になっているようだ。


そうなると、真夏にロンドンに行くのはメリットが少ない…。と思って、イギリス南部の海辺の街ブライトンを留学開始の地としてリサーチしていたのだけれど、ロンドンに比べると語学学校の数も少なく、格安校みたいなところもあまり見当たらなかった(安ければいいってもんじゃないけど)。


そこで、一つの学校が気になってイギリス専門のエージェント殿に見積もりまでお願いしたのだけれど、その学校が世界中に校舎を持ち、その中に「マルタ」という国を見つけた。


「マルタ???何語なんだ???」


これが僕の第一印象である。それは今、僕が友人等に行き先を伝えた時のリアクションと何ら変わりはない。


調べてみると言語は元英国領であることから「英語」である(公用語はマルタ語もあるけれど)。しかも「地中海の島国」という、何ともいい響き。

そこから、僕のマルタリサーチ大作戦が始まり、マルタへの思いがどんどん強くなっていく…。


マルタの利点は


・英語圏である。

・夏を満喫出来そうである(夏はほぼ晴天)

・近年留学地として人気が出てきているようだけれど、それでもアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア等と比べれば「マイナー」で「今しか出来ない経験」をするには良さそう。

・北アフリカや、ヨーロッパへの旅行が比較的容易

・非英語圏のヨーロピアンの留学生が多いらしい


この辺り。


とりあえず英語圏ならどこで良かったのか?と思われそうだけれど、それはその通りだ。言語を学ぶことは一つの「手段」で、それをどこで学ぶかはこだわりはない。だから、「サッカー」とか「夏らしい」とかの付属的な理由で気持は傾く。


良く言えばフレキシブル(柔軟)、悪く言えばインピュア(不純)


動機なんていつでも不純なものだ。


開き直ってみると、僕がマルタに行くようになったのは「運命」なのだ。


最初からイギリスに行った方が良かったかもしれないし、マルタに行ったからこそしか出来ない経験もたくさんあるはず。そこでする事、起こる事がすごく大切だ。

そもそも、マルタに語学留学という形で滞在している人の中に「ずっと昔からマルタに行きたかった」という人は少ないのではないかと思う。それがアメリカやイギリス、オーストラリアならイメージできるけれど。

誰かしらから紹介されて、それで興味を持った…ようなパターンの方が多いのではなかろうか。これは現地でも聞いてみよう。


とにかく僕はマルタに行く。行先に関しては絶対に後悔しないように精一杯その土地で楽しむ。


誰からなんと言われようと、これが運命だから。



留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:1 |

体育館デビュー

最近体がたるんできている。


無職の日々は飲んでるかサッカーしてるくらいなんだけれど、サッカーと言っても平均して週一くらいだから、体力の衰えが気になる。


何より、お腹周りのたるみが気になる。っていうかちょっとサボりすぎた。体重は若干の減少傾向だけれど、筋力の減少の方が進行が早い。手遅れになる前に…ということで、昨日から近場の体育館に通いだした。もちろん目的はトレーニングルーム!とはいえどまだ1回だけ。


昨日は、常連さんっぽい方々ばかりの中で、一人寂しくトレーニング。器具の使い方もまともにわからないけど、あと2、3回行けば要領は覚えるだろう。要領を覚えた頃には出発かも。でも、トレーニングルームにいるムッキムキの中年のおじさんたちがやたらと気になる。トレーニングルームが棲家かと思うくらい似合っている。


本当は「毎日行くぞー!」と心に決めていたのだけれど、今日ベッドから起き上がれないほどに筋肉痛になっていて、あえなく断念。やっぱり上半身の筋肉痛がひどい。逆に下半身はほぼ皆無。やっぱりその辺はサッカーで維持できているみたい。でも翌日来る筋肉痛はまだ若い証拠!明日はまた体育館行きます!


さて、そろそろ帰国日と、帰国する際の搭乗地さらには帰国する日本の空港(成田、関空、中部)を決めて航空券の購入手続きをしようと思っている。

帰国の際の搭乗地はロンドンにすることでほぼ確定(フランクフルト経由)。日本の空港は成田にしようかと思案中。東京近辺には知り合いも結構いるし、福岡に帰る前にちょっと滞在しようかと思って。


問題は帰国日。

僕の購入予定のチケットは1年オープンチケット。出発日から帰国日まで最長1年間有効なチケット。でも、チケットの発券は出発の10日前までに行わなければならず、かつ帰国日は発券日から360日以内となっている。

要するに、現実的には最長350日間滞在できるチケット…ということになる。

もちろん変更は可能だから、その場合は実際に365日いっぱいいっぱい滞在出来る(僕の場合なら2008年5月26日まで)けれど、変更手数料100€(ユーロ)


よほどの理由がない限り、変更するのは賢明じゃない。という事は僕は来年の5月中旬くらいには帰国していることになる。今から帰国の時期の事を考えるのは正直、気が重いんだけど…。


そういえば、今日天神に新生銀行の口座を作りに行ってきたのだけれど、やっぱり「新しい銀行」という印象を受けた。今まで僕が見てきた銀行とは一味違ってオシャレー。

新生銀行の口座開設では通帳がなく、カードのみが渡される。明細は毎月自宅に送られてくる。新進気鋭の?銀行ではこういう方法は珍しくないらしい。例えば東京スター銀行とか。


口座開設の際には職業も記入せねばならず、僕は当然「無職」と記入(実際にはPCに向って自分の情報を打ち込む)したのだけれど、正直ちょっと躊躇した。

その後も、銀行員の女性の方と僕の記入内容を確認しながら口座開設のための作業が続けられたけれど、どこか恥ずかしい…。


「一応携帯の番号もお聞きしてもよろしいですか?」との事だったので「近々解約する予定です」と返したのだが、「無職で携帯解約で口座開設???こいつは一体何者???」と思われてるんじゃないかと勘繰ってしまった。いや本当に思われてるかもしれない。


口座自体は1円のお金を入金しなくとも開設は可能で、僕が銀行に入って15分後には口座開設の手続きは終わった。


しかし、天神への行きも帰りも道中でリクルートスーツでビシッと決めた就職活動中またはフレッシュマンのような若者(僕も世間一般では変わらず若者だろうけど?)をたくさん見かけた。来年の今頃の自分の事を思うと、他人事には思えない。


あと2週間ちょっとで始まる、海外生活を考えると、淡い期待感(もちろん不安も大きいけれど)が出てくるものだけれど、1年後の帰国後の事を考えると今のところ憂鬱で仕方ない。


確固たる目標、未来像がないからかもしれないけれど、それが自分が選んだ道だから。


不安になってばかりもいられない。まったく0(ゼロ)の状態からスタートするのも悪いことばかりじゃない。フラットな状態だからこそ、いろんな可能性もある。砂場で大きな山を作る時は、小さな山を作ってはその山頂を潰し、山腹を平らにして作り上げていく…みたいな(イメージが伝わりにくい?)。


もちろんぼんやりとした、曖昧なものばかりに期待してはダメなのも理解している。

ただ、今は自分自身に期待感を持って覚悟を決めて海外生活に臨む。絶対に後悔だけはしたくないから。

もしかしたら「行かなきゃよかった」と思う時が来るかもしれない。でもそれはぜーんぶ自分の責任だから。


「やらずに後悔するならやって後悔」


なのだ。


とかなんとかカッコイイ事いいつつ、結局のところやっぱり「やって後悔」もしたくないのが本音かな。



留学準備 | コメント:0 | トラックバック:1 |

thinking time!!!

出発の日が徐々に近づいてきて、留学生活の事をあれこれ考える時間が増えてきた。


海外用の携帯電話の購入、銀行口座の開設、さらには資産運用にまで考えが及んだりして…今日はリサーチしまくっていた。

上に挙げた3つは必要不可欠というものではないため、自分にとって何が最適なのかを考えないといけない。


まずは携帯電話。

僕が携帯という文明の利器を手に入れたのは大学に入学する直前の事だった。今では小学生にまで当たり前のように普及している携帯も、8~9年前は大学から手にする事はそれほど珍しい事でもなかった。

それからといもの手放すことのなかった携帯だけれど、今回はさすがに解約という憂き目に遭いそうだ(「休業」する可能性も残っているけど)。

海外に行っても日本の携帯を使えなくもないのだろうが、通話料は高くつくし少なくとも今の僕の持っているポンコツ機種では海外になんて対応していないため、機種変更も必要…とか考えるとデメリットが多すぎる。

そこで携帯という文明の利器を持たずにマルタで生活を送ることを考えてみるけれど…携帯のない生活に果たして自分が馴染めるかが疑問だし、携帯なしで待ち合わせするという「荒業」を今更出来そうもない。

という事で、海外用の「GSM携帯」を購入する事が一番賢いように思われる。GSM携帯では現地でプリペイド式のカードを購入し、それを携帯にいれて使用する。ちなみにGSM携帯が使えないのは日本と韓国くらいらしい…。


続いて銀行口座だけれど、僕はすでに地場の銀行の口座があるし、そのキャッシュカードを使って海外でお金を引き出すことは可能。でもエージェント殿のHPを参考にすると、新生銀行というところが引出しの手数料が安いらしい。

海外でお金をおろす頻度は結構高いと思うので、手数料のちょっとした額も馬鹿にならない。という事で今、新生銀行の口座を開設しようとしている。実際、新生銀行のHPを見るとシャッチョさんは外国人の方のようで、どこか新しい風を感じる銀行だ。


さらに、その銀行のHPを見ていると「投資信託」も気になってきた。

僕が留学するにあたって、大事に大事に貯めてきた預金はこれから湯水の如くなくなっていく訳だけれど、さすがに1年やそこらの海外生活でそれを全部使い果たすわけにはいかない。という事でいくらかは絶対に手をつけない(予定の)預金がいくらかあるけれど、これを普通に預けていても、スズメの涙ほどの利息すらもらえない。

そこで投資信託である。

実は既に現在口座をもっている地場の銀行の投資信託をいくらか持っている。こんな事をブログで公表したって仕方がないけれど、20代半ばの「元」サラリーマンが投資できる額なんて所詮たかがしれている。

もちろん「減る」リスクも十分伴うし、普通に預けるよりもはるかに「増える」可能性もある。株ほどの増減はないにせよ、一種の「ギャンブル」であることに変わりはない。

しかし、くどいようだけれど投資する(出来る)金額はたかがしれている。なので、例えいくらか増えたとしても、「不労所得」と呼べるようなカッコイイものでもない。そもそも、海外生活に必要な分だけ新生銀行の方に預けるか、それとも本当に投資するかはまだ決めていない。

しかし、財源の「資産運用」にまで考えが巡ってしまう辺り、親の仕送りを受けながら留学する二十歳前後の学生との違いかな…と思ったりする(当たり前だけど)。

この件に関しては以後内々に事を進めよう…。


最後にもう一つ、スーツケースに関してだけれどスーツケースを購入する上で条件となるのは優先順位で①価格②機能性③容量④重さ⑤サイズ⑥デザインである(あくまでも僕の場合)。

僕は長期間海外に滞在予定のため、スーツケースは一番大型の物を選ばなければならない。一番大型とは荷物を預ける際に追加料金を取られないギリギリの大きさの事で、ほとんどの航空会社で高さ+横+奥行き=158cm以下と規定されているようだ。

また重さも20㎏以下でないと追加料金となってしまい、大型のスーツケースだとそれだけで5~6㎏は確実にあるので、機能性が損なわれない範囲で軽いものを探した方が賢明のようだ。

本音を言えば、デザインにもこだわりたいけれどその前に優先すべきことがたくさんあってちょっと妥協しなければいけなさそう。しかも、いいスーツケースを持ち歩いて「金持ち日本人」とは思われたくないので(実際貧乏学生だし)あまりいいものも買えない。


そんなこんなでようやくだけれど、僕の頭も海外生活突入モードに切り替わってきた気がする。

というより、ようやく自分が海外に行くという事実を実感出来るようになってきた。

不安は増すばかりだ。


留学準備 | コメント:0 | トラックバック:3 |

僕とサッカー

講演会のようなタイトル…。


今回はテーマをいつもの「留学」から変えて、「サッカー」について。


僕は自他共に認める?なかなかのサッカー好き。サッカーを始めたのはちょうどJリーグ元年だった中学校1年生の時。一般的には遅い方かな。小学校からの友達に誘われて、あまりの強引な勧誘に断りきれなかったのがきっかけ。

そこで、過酷な練習に耐え抜き(特に練習中走る量が半端ではなく、陸上の駅伝大会にサッカー部から半数以上が出て福岡市で1位なるほど…)チームも新人生、中体連(最後の大会)共に福岡市で優勝するという強豪チームだった。もちろん僕はレギュラーでも何でもなく…。

小学校の頃まではこれといったスポーツはしておらず、背丈も小さい方で運動神経も決していい方ではなかった。しかし、中学校の頃に受けた「しごき」の中で体力にも自信がつき、それなりに自分自身に自信が持てるようになった。常識では考えられないような「しごき」も当時はあったと思うけれど、今の自分を築く上で当時の苦労はものすごく生きている。

当時指導してくれた先生には恨む気持などかけらもなく感謝の気持ちが強い。まさに恩師といえる。そして今でも思う。「あの練習より体力的にきつい経験はこの先もおそらくないだろう」と。


高校進学の際には、サッカーの事などまったく頭に入れずに自分の学力にあった公立高校に進むことを選んだ。そしてたまたま進んだ高校にサッカー部がなかった。

サッカー部がないからといって、特に校外のクラブチームに入るわけでもなく中学時代の友人達と週1で練習していた時期もあるけれど、ほとんどサッカーに関しては空白の3年間だった(そんなサッカー不毛の高校でクラスマッチでは優勝したけど…)。


その後、地元のF大学に進みサッカーに再び打ち込みたいと思っていた僕は、英語の授業でたまたま席が前だった同級生が、サッカーサークルの練習に参加していることを知り、彼に話しかけて僕も練習に参加することに。そしてそのまま入部。

そのサークルというのは一言に「サークル」と言っても、そんじょそこらのサッカーサークルとはちょっと違う。というのも毎日朝7時半から練習している。ただし夕方の練習はなくアルバイトもしたい学生には時間配分としてはもってこい。朝サッカー、昼勉強、夜バイト…みたいな。

大学生にもなって毎朝サッカーの練習に行っている事で、よく「それ部活?」と聞かれたけど違う。一応、学校からは公認されていたので「サッカー愛好会」という肩書き。

チームは大学サッカーではなく社会人サッカーを主戦場としていた。

僕の所属していたサークルはちょっとわかりづらいが、団体としては1つのサークルだけれどチームは2つに分かれている。簡単に言うとAチーム、Bチーム。

僕の在学中はAチームは福岡県の社会人サッカーを4連覇(その後も7連覇までした)。Bチームも僕の2年次に福岡市で優勝した。少し大袈裟に言うなら、福岡県の社会人サッカー界を席巻している大学のサッカーサークルといえる。

ちなみに、今現在、Aチームは7連覇の後に、去年から戦いの舞台が県から九州に昇格した。九州リーグでは彼らはかなり苦戦しているけれど、大学のサッカーサークルが県リーグを飛び越えて地域リーグで戦っているのは全国的に見ても異例の事ではないかと思う

Bチームも6年ぶりに福岡市で1位となり、市から県へと昇格している。

余談だけれど、日本のサッカーはJリーグからアマチュアまでピラミッド構造となっている。

上から

     J1
      ↓
     J2
      ↓
     JFL
(全国社会人みたいなもの)
      ↓
    各地域リーグ
(関東リーグ・九州リーグなど)
      ↓
     各県リーグ
      ↓
     各地区リーグ
(福岡市リーグ、北九州市リーグなど)

となっており、
県リーグ(福岡)には1~2部、
地区リーグ(福岡市)には1~8部(1部あたり13チーム)+サテライト3部 =(参加チーム合計約150)となっている。
いまだ、日本一人気のあるスポーツは野球だと思うが、
サッカー人口も福岡だけでもかなり多いことがわかる。

仮に、今からサッカーチームを福岡市で起こしてJリーグを目指した場合、最低でも10年以上 かかることになる。 高卒ルーキーも30過ぎのベテランになってしまう。

話は随分横道にそれたけれど、後輩たちが今も頑張り続けてくれているおかげで、OBの僕としては鼻が高い。福岡で社会人サッカーをそれなりに真面目にやっている人なら、そのサークルの名前を知らない人はほとんどいない。いたらその人はモグリ!?


僕は卒業後、そのサークルのOBチームに所属して26歳になった現在もサッカーを続けている。しかしながら、僕が「部活」として朝夕サッカーに励んでいたのは中学自体だけでサッカー歴というのは短い。


さて、福岡の社会人サッカーにはリーグ戦の他に、毎年1~2月に福岡市近郊の社会人サッカーチームが100チーム以上集まって行われるトーナメント「福岡市長杯」というものがある。

ベスト4まで勝ち残れば福岡のサッカーの聖地!?の博多の森で試合を行えるため、どの参加チームもモチベーションが高い。(普段のリーグ戦では博多の森はおろか、芝の上でサッカーをすることすら、上のレベル(福岡では県リーグ以上)に行かないと保証されない)


僕もいろいろと思い入れの強い大会で、今年の大会には特に力を入れていた。

というのも、僕は所属していたOBチームで3年前からキャプテンというチームの役割を担っていて、留学という事情からその大会を最後に後輩にその立場を託すつもりだったし、現役のAチームが戦いの場を九州に昇格させたことで、福岡市長杯への参加資格を失ってしまったようで…OBチームに現役のAチームメンバーも登録して一緒に戦う事になったから。

元々そういったサークルのOBチームだからメンバーが常に揃えば結構強いチームなのだけれど、メンバーのほとんどが社会人で実際のところは毎試合11人揃うかどうかといった状況なのである。それが実力のある現役が参加したことでレギュラー争いの熾烈な強豪チームに突如として変貌した。

なので、博多の森進出はもちろん「優勝」というタイトルにも淡い…いや強い期待を抱いていた。

大会が始まってみると、3回戦あたりまでは難なく突破。4、5回戦は現役の活躍に大いに助けられながら念願の博多の森進出!

そして…準決勝in博多の森陸上競技場で前年度優勝のチームと対戦し2-3で敗戦。結果は3位だった。

準決勝に臨むにあたって、5回戦で主力に怪我人がでたり試合直前に病人まで出て…プラスキャプテンの権力も使って、僕も博多の森のピッチに立てたけど力及ばなかった。

でも中学、大学と常に強豪チームに所属し、その日陰で過ごしてきた僕がそういうちょっとした晴れ舞台に立てるとは思っていなかったので、チームメイト達への感謝の気持ちでいっぱいだった。

この大会を最後にキャプテンという役目を終えたけど、もちろん僕がチームのキャプテンになる経験というのはこれが初めてだった。力不足なところがも多々あったと思うし、取り返しのつかないミスをしたこともあったけれど…最後の最後で一ついい思いも出来た。

下手の横好きでも続けていればいい事もあるものだ。


P1010596



これが市長杯の表彰後の写真。



12月上旬に現役のメンバーを加えて市長杯バージョンのチームとして初めて試合をして、2月の準決勝でチームが解散するまでの2ヶ月間は本当に心からサッカーを楽しめた。もちろん普段から楽しいチームではあるんだけれど、現役大学生の若いメンバーが協力してくれた事で純粋にサッカーに打ち込むことが出来た。もしかしたら、今までの僕のサッカー人生の中では一番「青春」を感じた期間だったかもしれない。そのくらい素晴らしい経験をこの大会を通して得る事が出来た。


果たしてマルタでもサッカーを続ける事が出来るのだろうか…?一応、シューズくらいは持って行くつもり。

この歳になってもまだうまくなりたいと思うし、そう思えるうちはサッカーにしがみついていたい。何より社会人になっても(今は無職だけれど)サッカーを通して真剣勝負が出来るのが心地よい。なかなか実生活のなかで緊迫した真剣勝負を味わうことはできないから。

でも、サッカーに関しては今年の市長杯でどこか一つ区切りがついたような気持ちがあるのも事実。もうそんなに長くは出来ないだろうし、頭のイメージと体の動きがかけ離れていく日もそう遠くはないだろう。それに、また同じチームに戻ってきてサッカーが出来るかもわからない。それには日本に戻ってきて福岡で就職する事が前提となるから。


そういえば、新キャプテンより僕の送別会のお知らせがあって、その日は別件の送別会があって行けないぞ…。って返信もしたんだけれど、その後連絡なし。どうなってんだか。

「どうせ戻ってくるんだろ」

とか思われてたりして。



今回は今までの記事でおそらく最長だな…。やっぱり僕はサッカー好きなんだな。




Football | コメント:0 | トラックバック:2 |

あと3weeks

出発の日まで残り3週間となった。


近頃、このブログに関していろいろと感想を聞くこともあってそこそこ好評?だったり、文章が堅いって言われたり、見づらいって言われたり…。文章が堅いのは自覚症状があるけれど、某SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のように読み手を限定できるわけでもなく、不特定多数の人の目に触れてしまうわけなので、現実の世界の僕と反して!?多少お堅い内容になってしまっているのは大目に見てほしい。

文章を全て「ですます調」に変えれば、多少は柔らかさも出るかな?とか考えるけど、今更…って感じもするし。


しかし出発まで3週間ともなると、さすがに少しは実感が沸いてくるというもの。

この3週間で会っておきたい人、行っておきたい場所、食べておきたいラーメン、飲んでおきたい居酒屋…etcはまだまだたくさんある。

かなりの確率で1年後にノコノコと帰国するから、その全てで会い納め、行き納め、食べ納め、飲み納めをする必要もなさそうだけれど、残りのほんのわずかな可能性で海外に住みついてしまう可能性もないとは言えない(僕自身その可能性は微塵も感じていないけれど)。


幸いな事に、いろんな方々に僕の送別会・壮行会を開いていただき、少なくとも出発までの土曜日は全てそういった催しでスケジュールが埋まった。本当に嬉しい。

さらには出発前日の26日の土曜日にも同様のオファーがあったけれど、さすがにこれは別の日にしてもらった。出発前日までお酒を飲み交わすほど僕はチャレンジャーじゃない。最後の一日は、最終的な準備を確認したりしなきゃいけないだろうし。


昨日、5日土曜日も高校の生徒会で付き合いのあった方々に壮行会を開催していただいた。本当にありがとうございました。

その中には7月に結婚する同級生夫婦も参加していて、新郎・新婦共に直接の友人で式・披露宴にも招待されていたのだけれど、そんなこんなで参加出来そうになく本当に残念。マルタから電報でも打とうかな…。とにかくおめでとうございます!


しかしこうやっていろんな方々に会っていると例えテーマが「留学」に限られても、いろんな話をするし、人から質問されて自分の考えを声に出して答えることで改めて自分の考えに気づく事もある。

いろいろな方々からアドバイスを頂くことで勇気づけられる事もあれば、「自分が間違っているんじゃないか…」と不安になることももちろんある。別に「これが正解」というのはないのだろうし、僕自身が言っている事もすべて正しいとは毛頭思っていない。

ただ自分なりにそれらをうまく消化してこれからの行動・言動につなげていければと思う。



さてさて昨日はエージェント殿から学校の書類も届いた。現地についたら学校のスタッフが空港お迎えにきてくれるとの事。夜22時ごろの到着だけにちょっと申し訳ない。

以前にも書いたが、今回申し込んだマルタの学校は5/28~11/11までの24週。

その間、近くのホテルのプールとジムは使いたい放題らしく、これは嬉しい。現地にいったら写真もUPしようかな。

あとは留学中の保険と、航空券の購入手続きを早くしないといけない。航空券は帰国日と帰国する時、搭乗する空港(マルタはもちろん、ロンドン、ローマ、パリなど帰りの空港を選択できる。もちろんマルタからそこまでは自己負担)まで決めねばならずどうしようか悩んでいる。1年後の自分の予定なんて分かるわけでもないし…。

ただ、帰国の搭乗地はロンドンにしようかと考えている。マルタには半年いてその後は今のところEnglandに移る予定だからそっちの方が都合が良さそう。ただ、あくまで予定の段階なので帰国のあれこれを決めるのはちょっと辛い。もちろん変更も可能だけれど、当然お金もかかる。その額100€(ユーロ)。


ちなみに今のレートは1€(ユーロ)163円。数年前に比べれば驚く程円安(2年前に比べて約30円円安)になっている。僕が振り込んだ時(3月下旬)よりも約5円円安。

今、留学費用を振り込めば2万円は以前よりも高くなってしまう。ただそれだけでラッキーというわけでもなく、円安は僕の貧乏学生生活を苦しめ続ける事になる。円安に歯止めはかからないものなのか…。


今日の内容はいつものブログにまして、お堅い内容になってしまった…。またクレームを受けてしまいそうだけれど「人に見てもらう」事よりもあくまでも「自分のため」に書くことに主観を置いているから、今の自分の心境、置かれている環境・状況を書き記して置くことは絶対に必要。だからお堅い内容になるのもしゃーない。


留学準備 | コメント:0 | トラックバック:1 |

クレーマー

ブログを書き始めて2ヶ月以上が経ち、記事の数もこれでちょうど30となった。


ブログを書いてて思う事…


「自分のため」とはいえ、ある程度読んでくれる人もいないとやっぱり寂しい…。

という事で、最近徐々に友人等にこのブログの存在を明かしている。


このブログを読んだ方には、暇な時は何かしらコメントを頂けると嬉しい。

もちろん「それって違うんじゃない!?」的なご指摘も大募集!

僕も出来る限り、読みごたえのあるブログにしていこうとは思う。


さて、留学準備の方はまたまた小康状態。ただし、エージェント殿との連絡は常に取っている。

しかし、どーもイマイチ…というか、エージェント殿と僕の意気が合っていないような気がする。それは僕が「クレーマー」だからなのかもしれない。


別に僕がイチイチ、エージェント殿に文句を言っているわけではない。ただ、僕のエージェント殿に対する質問が多く、内容も細かい。これは自覚はしている。

でも、何十万という単位で一気にお金がかかる事だから僕としてはやはり慎重になる。エージェント殿にしたらうるさい客なんだろうなと自分でも思う。


あまりに僕の質問が多いからなのか…よく僕の質問に対する回答として内容が欠けている。

「エージェント殿にも愛想を尽かされたか…」

などと心配してしまう。

所詮、一エージェントとお客と関係だから、僕の方が堂々としていて良さそうなものだけれど、僕にとってはエージェント殿が頼みの綱であるから変に気を使ってしまう。


僕が社会人を経験しているせいもあってか、メールをするにしてもものすごく丁寧な言い回しで打っている。どちらがお客かわからない。


以前、まだお金を振り込む前にお見積りをしていただいていた頃の話…

僕のお世話になっているエージェント殿は学校の正規料金以上にはお金は取らないという良心的なエージェントさん。さらには期間によってはキャッシュバックもいくらかしてもらえるのだ。

僕もマルタに半年滞在予定で、それは「長期」の部類に入るので、キャッシュバックの対象となる。

見積もりは€(ユーロ)のレートの影響をモロに受けてしまうので、振込前日に正式な見積もり資料を頂くシステムとなっていた。

そこで、最初に頂いていた資料と見積もり直前に頂いた資料とでキャッシュバックの額が数千円下がっていた。なので、僕はどちらが本当かを問い合わせた。

その段階で、エージェント殿に別件で多少の手違いがあったのだけれど

「本来は○○○円が上限(直前に頂いた資料)ですが、こちらに手違いがあったので上乗せして今回は○○○円(最初にいただいた資料)にします」

との事…はっきり言ってこれってあまり気持ちのいいものではなかった。

向うにも悪気はないと思うし、むしろ別件でのミスに対して謝罪の気持ちがあったのだと思うけれど、それと資料の記入ミスとはまた別。

別に「以前の資料が間違ってました。」で済む話だったんだろうけど…。

僕としては、仕事をする上でお金の記入ミスとかいうのは本来あってはならないと思って問い合わせただけ。僕も社会人生活の中でシステムを作っていた頃は、お金に絡むシステムには余計に慎重になっていた。


まあタイミングも悪かったのかもしれない。エージェント殿がちょうど別件でちょっとしたミス(元は学校側のミスらしい)をしたところに、お金に関する問い合わせが僕から来てしまったのだろう。

最近も4月中旬に届くはずだった学校の資料が届かないので、問い合わせたところ学校側の情報を待っていたとか…。それならそうと、僕が聞く前に言って欲しいけど…。


ただ、僕がエージェント殿に頼りっきりになっている面もあるので僕にも改善が必要。
これから先もエージェント殿とは仲良くやっていかないといけない。
でももしかしたら、もうウンザリされているのかもしれない。

結局、そんな心配に行き着いてしまう典型的なA型気質な自分がイヤだ。


留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |

諸連絡

今日は大学時代の後輩Aより呼び出しがあり、

「飲みに行きませんか」との事。

僕は暇だし、もちろん快諾。

2人の自宅がすぐ近いこともあり、歩いて近場の居酒屋に行くことに。

もちろんお代は僕の奢り。縦社会だから。

この時期、こういうお誘いは実に嬉しい。出発まで残り少ないので、いろんな人といろんな話をしておきたい。

別に今回の留学が今生の別れになるわけではないだろうけど…。


さて留学するには細かな問題はたくさんある。

その一つが、日本への連絡手段である。

思い浮かぶのが、電話とメール。

さすがに手紙は時代にはそぐわない。


そこで、今回HotmailとSkypeのアカウントを取得した。

HotmailとはあのMicrosoft社のフリーメールのことであり、インターネット上からならどこからでも新着メールの有無を確認することが出来る(PCが日本語対応している事が前提だけれど)。

さらに、Hotmailのアカウントを持つ者同士ならリアルタイムでのチャットや音声でのやり取り(要するに電話機能)も可能になる。

Skypeはインターネット回線を利用した電話機能?の事であり、アカウントを取得し、マイクとイヤホンさえ購入すれば、インターネット上の世界中のユーザーと通話可能になる。さらにはチャット機能もある。


海外に留学した時、現地での携帯は持つつもりでいるけれど、日本への連絡を考えた時、出来る限りその出費は抑えたいもの。しょっちゅう国際電話をしていてはお金がいくらあっても足りない。

そこで、Hotmailのようなインターネット上で受信・送信出来るフリーメールであったり、Skypeのような通話料金を気にしないてでいいソフトは非常に重宝しそう。


Skypeは最近始めたのだけれど、見知らぬBulgaria人と英語でチャットしたり、少なからず英語の勉強にも役立っている。

その反面「日本語を教えてほしい」といったような中国人からもよくコンタクトがあり、断りきれない僕はそれを引き受けたりしている。外国人に自分の母国語を教えている場合じゃないはずなのに…ワールドワイドでお人好しな性格である。


先日「諸連絡」と題して、このブログの存在をいろんな方に知らせたのだけれどこれといった反響なし。まあそんなものなのかな…。しかもDocomoの携帯を使っている方々にHotmailからうまくメールが送信できなかった。どうやらDocomoとHotmailはそもそも相性?が良くないらしい…。


でも、今回留学するにあたって、これをきっかけに連絡をとるようになった知り合いの方々もいる。

本当なら連絡をこれからずっとすることがなかったかもしれない方々に、日本を離れるという事で連絡をし、「一時の別れ」ではなく「再会」につながったのだ。


という事で、これを読んだ方で、僕のHotmailやSkypeのアカウントを知りたい方はコメントや、何らかの方法で連絡ください。僕も何らかの方法でお知らせします。


…ってそんな方いるかな?


留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いよいよ五月!

タイトル通り、本日より遂に(やっと?)僕が旅立つ月、五月になった。


一昨日は大学時代のサッカーサークルの先輩Aさんの結婚式。

各代のサークルの先輩方、同級生が大勢招待されていてそれはそれは盛大な式・披露宴となった。

久しぶりに顔を合わせた人もたくさんいたけれど、久しぶりに大笑いした。

別に何が面白いとかじゃなくって、本当にみなさんキャラが濃いし個性的。大学を卒業してからもこういう付き合いが続いていることは、ぼくにとっても大きな財産だ。


そういえば、二次会終了後に同じフロアに石田純一を発見!

ちょうど二次会終了でまだフロアに人がたくさんいたから一時騒然とした。

それでも、わざわざ立ち止まって写真に快く応じたりする姿はかなり好感度UPだった。さすが元祖?トレンディ俳優(死語?)

「なんでこんなところにいるんですか?」の問いには

「仕事で博多座に…」との事。

なるほど。それにしても、ほとんどの人がデジカメや携帯のカメラでパシャパシャ。僕もデジカメで激写!?

やっぱりミーハー大国日本。


しかし、いつの日か僕も…おそらくは…結婚する時がくるのだろうか…。

現在、無職。しかも26歳にして1年海外生活に挑戦するなどとヌカシテいる男もいつの日か…。

今回の披露宴の途中もよく(特に既婚者)から

「海外に行くのか?地中海の島国?いいなぁ」と言われた。

結婚する事とでプラスもたくさんあるだろうし、出来なくなることもたくさんあるだろう。僕は独身でまだギリギリ20代半ばだから、少しの自由は許されるのでは…と思っている。


しかしここまでくると、僕の「留学」に対して否定的な人はかなり減ってきた。

僕が会社を辞めるという大きな決断を下した後だからかもしれない。


否定的な人が思っている以上に、刺激、楽しいこと、得るものは多いと思うし、肯定的でかつ羨ましがっている人が思っている以上に僕の不安というのは大きい。無職という「宙ぶらりん」な状態というのは、思っていたより心地いいものではない。

平日の昼間にスーパーに昼食の買い出しに行くこともなぜだかちょっと躊躇ってしまう。


また、よくニュースで事件を起こした人が

「無職 ○○ ○○容疑者」

のようにニュースで報道されるのを見ると、きっと世間の人は

「無職は仕事もしないロクデナシ」

と思っているのでは…と変な考えが頭をよぎる。

まあ、もちろん僕は近い将来また真面目に?働く日々がやってくる。男なんてよっぽどうまく「逆玉の輿」にうまく乗らない限りは、稼ぎ続けなければいけないから。


さて、話変わって留学準備の方は出発のフライトスケジュールもほぼ決定。


5月27日

07:50 福岡―名古屋(セントレア) 09:05

10:30 名古屋(セントレア)―フランクフルト 15:45

19:45 フランクフルト―マルタ 21:50


まだ、国際便の分は予約の段階だから確定ではないけれど。

もちろん上の時間は時差も当然考慮されているから(ドイツ、マルタ共に時差8時間。サマータイムは7時間。現在はサマータイム)名古屋からフランクフルトまでのフライトが12時間15分かかる。

乗り継ぎの時間も考慮すると、福岡からマルタまでおおよそ20時間の旅。

ちなみに学校の入校日は5月28日だから、前日入りということになる。しかも次の日朝9時から学校で、テストを受けなければならない…超ハード。


あとやらなければいけないことを2つほど追加。

・国際キャッシュカードの作成

・自炊を覚える

後者はもう手遅れ…かも。でも向こうに行ったら誰もご飯を用意はしてくれない。ビールとつまみで凌ごうか…。


そういえば、まだ学校の書類が届かない。振り込んだお金が大金なだけに多少不安にはなる。エージェント殿に問い合わせてみるか。


留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。