竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

異文化コミュニケーション

「連戦」の疲れが抜けない。

この辺に26歳と7ヶ月の限界を感じる。

最近、リスニングの練習にと部屋でテレビ(主にニュースかスポーツ)を見るようになったのだが、安倍首相の突然の辞任、そして入院はBBCでもニュースになっている。

日本にとって衝撃的なニュースは世界的にも注目されるようだ。

さて昨日、久しぶりにFabirizio殿からメールがあり、ちょっとHappyだった。

前やり取りした時は、彼が送ったメールが最後だったのに、また向こうから自発的に送ってくれるのだからありがたい。

内容は、スイスに来るときは家に泊まってくれ!との内容で、改めていい友人に恵まれた事を実感した。特に彼は2週間だけのマルタ滞在だったが、今でもこうやって連絡をくれるのはありがたい。

なので、必ず来年スイスを訪れた際は彼のもとを訪ねたいと思っている。

Fabrizioに限らず、スイス人はメールの返信が早いし、連絡もマメ。

スイス人皆が「出来る子」ではないが、某国に比べてその国民性はどこの国にも受け入れられるものだ。

さて、今回は最近の記事と少し内容は似ているが、こちらにきて知った外国人の日本人から見て「変な」文化を2つほど紹介したい。

まずはお隣韓国。

彼等は誕生日を2つ持っている。

というのも、母親が身籠った時点でその子は「1歳」とカウントされ、生まれて間もなく2歳になるという。こちらでは通称「Korean age(コリアンエージ)」

なので、自己紹介で聞いた年齢が、実は後から僕等のカウントとは違うことを知ったりする。

「何だ同い年だったのか!」

みたいな。

しかし、少なくとも韓国国内では独自の年齢の方が重要みたい。

他にも中国等、いくつか同じ考え方を持つ国もあるみたい。

次にリビア。

リビア人男性は何と4人の女性と結婚できる。

以前クラスメイトだったAbdallahも既に一人奥さんがいて、来年あたりにもう一人、そして40までには4人…みたいな話をしていた。

もちろん、それだけの経済力がないといけないのだが。

…と2つ「だけ」だが、こちらに来て印象的だった海外の異文化を挙げてみた。

ちなみに日本は徴兵制度のない国だけれど、僕の知る限りで…だが、ロシア、韓国、トルコ、スイスには徴兵制がある。

日本人男性には想像がつかないが、彼等にとってそれは義務であり避けては通れぬ当たり前のことなのだ。

この当たりのところでも日本人で良かったと思う。

さてさて、今月は23日~27日まで1週間ほどLondonに「遊びに」行ってくる。

往復3万5千円、所要時間片道3時間ちょっと。

この辺りが今住んでいるところがヨーロッパだという事を実感させてくれる。

ただ、初日はLondon着が夜中の12時のため、空港泊が濃厚。

天気予報によれば、Londonの最低気温は11度、最高でも20度。マルタに比べてはるかに寒い。

体調にはくれぐれも気をつけねば。

しかしマルタでの生活も3ヶ月半が過ぎ、都会があまり好きではない僕が都会を恋しく思うようになっている。

そういう意味では今回のLondon行きはその辺りの僕の気持ちを満たしてくれそう。

そのくらいマルタの風景はもう何も僕には刺激を与えないし、むしろ既に僕にとっては東京の方がよっぽど刺激的な街になっているであろう。


最後に先日の「俳優業」に関する報酬だが、金額を公表すると50LMだった。

以前の記事で1LM=400円と書いたが、先日のアメリカのサプライム問題を受けての円高で今は1LM=380円前後で推移している。

どちらにせよ、僕はこれからも2ヶ月マルタで生活するのだから、今回受け取る現地通貨の報酬に関しては円高・円安は僕には関係ない。(もちろんキャッシュカードで日本の口座から引き出す時には大いに関係するが)

学生生活に50LMはかなり高額報酬!

しかし…この報酬…小切手でもらったのはよかったのだが、僕の名前が「Masa Nori」になってた…。

MasaがFirst NameでNoriがSir Name…んなわけないだろ。(ちゃんとSir Nameまで伝えたはずなのに!)

これじゃお金が受け取れない。

ということで、小切手の修正にまたまたスタジオに行かねばならなくなった。

バス代が安い事だけがせめてもの救いだ(往復160円)。
スポンサーサイト

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フリーダム! | HOME | Greg邸でPartyを>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。