竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

J氏と。

マルタに再来されているJ氏。(詳しくは8月の日記参照)

なんとかれこれ、5日連続J氏に会っている。

テレビでしか見たことがなかった方も、いまや普通の知り合い的感覚。

ちなみに僕の友達はSuzukiくんをはじめ、J氏に対して友達感覚で接している。

しかし、何せ学生時代、思いっきり縦社会で育った僕なので、15以上も歳の離れた方に敬語を使わないのは至難の業。

という事で僕はJ氏にはあくまでも「上司」のような感じで接している。

昨日は

「Masaお茶でも行こうや」

と向こうから電話で誘っていただいた。

僕の事を気にかけて頂いているようで嬉しい事。

僕が来週ロンドンに行く事を伝えると

「お別れパーティーしてあげよか?」

と提案されたけれど

「5日で帰っくるから結構です!」

とお断りした。

J氏の部屋ではたまに英語のレクチャー(人に教えるレベルにはないがJ氏になら…)をしている。

J氏は今月末までのマルタ滞在で、絵を描きながら英語も勉強されているところ。

しかし、J氏は何と言ってもその経験談が面白い。

A氏やD・D氏の事などを直接聞けるのは本当に興味深い。

そしてJ氏は何より人とは全く違うセンスの持ち主である。

やはり素人にはない「何か」がある。

しかし、以外にも血液型は僕と同じA。でも確かに接していると、几帳面なところがあったり、A型気質な部分も感じられる。

とにかく、まさかマルタに来てこんな体験が出来るとは思っていなかったし、日本にいる友達からすると実感のわかないことなのかもしれないけれど、僕はJ氏と頻繁に会う毎日なのだ。(英語のためにはならないのは重々承知だが)

さて、いよいよ日曜日より5泊6日のロンドン旅行。

僕にとって4年ぶりに訪れる2度目のロンドン。

あの時は

「How are you?」

と聞かれて

「How are you」

と返していまうほど僕の英会話力は乏しかった。

しかし、今はマルタに来て4ヶ月。ある程度基本的なやり取りなら出来るようになってきた。(難しい話や長い話はまだまだまったく出来ないけれど)

4年前とはまた違った目線でロンドンを見れるのではと、自分自身ちょっぴり期待している。

ということで、来週は学校はお休み。

ってことは必然的に次に学校に行くのはもう10月1日ということになる。

時が経つのは本当に早い。

僕のマルタでの生活ももうそんなに長くはない。
スポンサーサイト

テーマ:更新しますた!(`・ω・´) - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いよいよEnglandへ | HOME | 夏の抵抗>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。