竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いよいよEnglandへ

遂に明日の夜(日本時間の月曜日未明)よりEnglandに旅行する事になった。

7月のItalyのSicilyの旅に続き、2度目の海外脱出だ。

日本人はマルタ入国後3ヶ月滞在可能なので、11月12日にここを離れる予定の僕は、今回のEngland旅行でビザの心配はなくなることになる。

マルタを発つのが夜21:25、ロンドンのルートン空港着が23:45ということだが、マルタとEnglandは1時間の時差があるため、実質所要時間は3時間20分ということになる。

Englandでは入国手続き等を考えれば、実際に入国できるのは深夜1時くらいになりそうで、僕はそのまま空港泊(人生初!)

イングランドでは初日はロンドン観光。2日目はカンタベリー、ドーバー、リーズ城方面へ、そして3日目は再びロンドン観光となり、4日目はマルタへの帰国日となる。

5泊6日の行程だけれど、実際ゆっくり観光できるのは3日しかない。

僕にとって4年ぶりのEngland…4年前の英国一人旅では言葉が通じないということが、どれほど大変な事かを生まれて初めて体感した時だった。

その時にした、貴重な経験や悔しい思いが今の僕の海外生活の原点となっている。

そういう意味では今回の旅はほんのちょっと「リベンジ(あくまで自分自身の中で)」の意味合いもある。

4年前の自分(その後4年マルタに来るまでほとんど英語の勉強はしなかったが…)と、今の自分との差を感じることが出来るか、自分自身楽しみだ。

さて、J氏とはここ7日連続で会っており、もはや自分の中で何一つ珍しい存在ではなくなってしまったが、そんな生活も8日連続となる今日を持って一旦休憩。

僕がマルタに帰国して間もなくJ氏も日本に帰国するという。

なので、このEnglandの旅が終わるとまた僕の違った日常が待っているはず。

しかし、今回の旅は先日のSicilyの旅より緊張感がある。

移動、入国、空港泊、そして帰国…。

何事もトラブルに見舞われない事を普段信じない神様に祈って…。

いってきます。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせです。 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ロンドン前半戦 | HOME | J氏と。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。