竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ロンドン前半戦

今回のEnglandの旅、まずは前半戦…。

まずは、マルタ出国。

マルタは出国はもちろん、入国も滞りなく出来る国。悪く言えば「緩い」国。

何の問題もなく出国手続きを済ませたが、一つだけ問題が発生。

行きの飛行機が1時間遅れるという。

しかも遅れる理由は

「使用する飛行機がまだEnglandからこちらに到着していない…」

だという。つまり飛行機がこき使われているということだ。

ちなみに僕が今回利用したRyan Airはヨーロッパ内を格安で運行するヨーロッパでは最大級の航空会社。

区間や期間によっては片道0.01ユーロなんて値段を出している事もある。もちろんこれに税金や荷物を預ける際の手数料を取られたりするわけだが。

なので、余分なコストは徹底的にカットしてある。

座席は全て自由席。機内食は希望者のみ有料で。航空チケットは厚紙に毛が生えた程度…。

そんなRyan Airを初めて利用したが、遅延以外は特に問題もなく予定より1時間遅れでLondonのLuton空港に到着した。

到着したのは現地時間(1時間だけ時差がある)の深夜12時過ぎ。

まずLondonに到着して最初に感じたこと

「寒い…」

ある程度覚悟していたが、ここ4ヶ月ずっと半袖で暮らせる場所で生活を送って来たのだ。

覚悟はしていても、寒い感覚を体は忘れてしまっていた。

そして、Englandらしく雨…マルタもここ最近雨が降るようになったとはいえ、飛行機を降りてすぐに寒さにプラスして雨とは…Englandの洗礼をモロに受けてしまう。

次に入国。イギリスは入国審査に関してその厳しさで知られる国。

僕が聞かれたのは

「なぜEnglandに来たのか?」「観光」

「何日間滞在するのか?」「5日」

「仕事は?」「学生。っていうかマルタに住んでいる」

で、この最後の質問が審査官には引っかかったようだ。

「マルタのビザは?」「え?」

「だからマルタで学生をしてるんだからビザがあるだろ?」「ないっす。」

「どういうことだ?」「日本人はビザは必要ないんだよ」

「ビザはないのか?最後にマルタに入国したのはいつだ?」「これっす(Sicilyからの帰国時のスタンプを審査官に見せ)」

「これでどんだけ滞在できるんだ?」「3ヶ月」

「マルタでは何を勉強してんだ?」「英語だけ」

そして、審査官は渋い顔をしたまま入国のスタンプを押し、何とかイギリス入国に成功。
イギリスへの入国というのに、マルタのビザにまで厳しい突込みがはいるのだからさすがだ。

しかし、こんなやりとり絶対に4年前は出来なかったから、そういう意味では僕の英語はマルタで成長した事は確かだ。

そして、人生初の空港泊挑戦…してみたが、持ってきた上着を全部羽織っても寒い。

正直甘く見ていた。

寒さを完全にしのぐには毛布ないしは寝袋が必要だった。

そんな、寝心地の悪すぎる空港の一角で4時間以上を過ごした(実際寝れたのは2時間くらいだろう)。

5時を過ぎ、空港に人が増えてきた所で僕もLondon中心地へ向けて移動開始。

今回は鉄道、地下鉄という交通手段を用いたが、その値段が高いのなんの…。

Luton空港からLondonの中心地までの鉄道の片道で、マルタのバスなら僕の住む地域から首都バレッタまで10往復以上出来てしまう。(もちろん距離は全く違うが(LutonからLondonの中心地までの距離はマルタの端から端を超える距離だろう))

しかし、今回はあくまで旅行だ。ケチるわけでもない。

そして、2時間近くかかってそれから4泊する宿に荷物を預けに行った。

地下鉄の駅から宿に向かう途中、傘を持ってきていなかった僕は雨に打たれる…。そして思った。

「マルタに帰りたい」

あまりに天気が悪すぎる。空港泊した時点で僕の体は冷えきっていたというのに、容赦なく追い打ちをかけてくる。

前日までいた温暖で晴れの日ばかりのマルタから、たかだか3時間移動しただけでこんなにも天候がちがうものかと…。

僕のテンションが下がるばかりの4年ぶりのLondonだった。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ロンドン中盤戦 | HOME | いよいよEnglandへ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。