竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

決まりました~。

遂に渡英1ヶ月を切って…通う学校が決まった。

とりあえずHPはこちら

http://www.oxfordohc.co.uk/index.html

今回は結局エージェントを通さず自力で申し込んだ。

やはりというべきか…次に僕が選んだのはEnglandのOxford。

学校の滞在期間は11周なので授業料£822。今のレートで約20万円。週18000円くらい。

滞在方法はホームステイのシングルルーム、セルフケータリング(自炊)で週£90だから…週22000円くらい。

ただし、このホームステイは最初の5週だけ。残りの6週は未定。

とりあえず、全てマルタより若干だが高い(授業料、滞在費共に週あたり約16000円)

でも、念願の!?シングルルームとなるから、少しくらい高いのは仕方がない。

Londonならもっと安い学校はたくさんあったけれど、安さが売りの学校(特にLondon)のいい噂はあまり聞かない。

というのもLondonには当然世界中から学生が集まるようなのだが、中には就労が1番の目的で、ビザのために学校に通う…というパターンも少なくないらしく、クラスメイトがほとんど学校に来ない…なんて事もあるようだ。

という事で、Londonから程近いOxfordに手頃な値段の学校を見つけ、そこに通う事にした。(エージェント殿に見つけてもらったのだが)

授業はマルタより1日30分短くなるが、その辺は気にならない。

今となっては僕にとってマルタが都…最初はマルタとのギャップに苦しむかもしれない…けれど自分の選択がベストだと思って、また新たな生活を楽しみたいと思っている。

しかし、エージェントを通さないと全部学校に直接英語で問い合わせないといけないからちょいと辛い。

英語の勉強にもなっていると言えばそれまでだが、うまくこちらのDetail(詳細)が伝わっているかが心配だ。

まあ、そんあこんなも全ていい経験だと思って、トライしていくべきなのだろう。

さて、僕のマルタでの近況を少しだけ…。

今週よりBurak(ブラク)という新たなトルコ人が僕等のFlatにやってきて、先週に来たFlatメイトのAhmetのRoomメイトとなっている。

なので、今はトルコ人2人と日本人1人の状態。

僕は2週間目のシングルルーム満喫中で、夜中に部屋で気兼ねなくメールの下書きをしたり、ブログの記事を書いたりしている。

トルコ人の2人だがAhmetは39歳だし、Burakは26歳だしで2人とも落ち着いているし、綺麗好き。

彼等はちょうど僕がマルタを去る日まで同じFlatに住んでいるから、最後のこの期間はおおよそ平和なFlat暮らしが出来そうな気配。(僕の日頃の行いがいいのかな)

僕のRoomメイトに新たにフランス人がやってくるという噂もあるが、フランス人なら大ハズレはないかな…と思ってみたり。

どちらにせよ、僕が出会う新たなRoomメイトはこれからせいぜい1人~2人といったところ。

振り返ってみれば、僕は9割方Flatメイトに恵まれた生活を送る事が出来たと思う。

古くて、小汚いこのFlatも僕にとっては愛着のある場所。

なんてたって、ここでずーっと住んできたから。

さてさて、今週末も若い「フリ」して夜の繁華街Pacavilleにくり出してみようかと思う。

嫌いで仕方なかった(特に夏の間は)Pacavilleもなんだか愛着が湧いてきた。

残すところあと3週。

悔いの残らぬようとにかく楽しみたい。
スポンサーサイト

テーマ:なんとか生きてます - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<家族の風景 | HOME | 連日の雨雨雨。>>

この記事のコメント

自分で学校と掛け合ってみたんだねー!偉い。
Detailが伝わってなかったとしても、後から修正すればいいんだし、何よりも自分でTryした姿勢が◎だよ!
人の力を借りれば簡単だけど、自分の力で頑張った分、そんだけ自分の財産になると、私は思うから・・・
ムーよくやった!
でも大変だったね(^ー^)
2007-10-21 Sun 18:25 | URL | まめりんご #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。