竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久しぶりの更新です。

こんなにブログを更新しなかったのは初めての事ではないだろうか…。

別に体調を崩していたわけでもなく、ただただ忙しく毎日を過ごしていた。

忙しく過ごしていたというよりも、ブログ「如き」!?に頭は回らなかったという方が正解なのかもしれない。

僕はもう既ににマルタを離れ、今この記事はScotlandの首都Edinburghで執筆中。

今の率直な気持ち…。

「マルタが恋しい」

現段階ではまだまだ母親との2人旅の途中で実質的なOxfordでの新生活は始まっておらず、それに向けての期待感も当然あるのだけれど、あまりに慣れきったマルタという環境を去ったという事実を考えると、とてつもなく寂しい気持ちになる。

だからあまり後ろは…というか過去の事は考えないようにしている。

考えてしまえば、懐かしいし恋しいというのは当然の事。

しかし、考えてみれば僕の海外挑戦はまだ半分も終わっていないわけで、マルタで出会った人達、そして起こった出来事…がこれから先の半年で同じだけあるかもしれないというのもまた事実。

ちなみに、マルタを去るにあたって4カ月以上ぶりに鬚を全て剃った。

どこか気分転換をしたかった。新しい気持ちでここイギリスに来たかった。

そして、人相を出来る限り良くして入国で引っ掛かりたくなかった…。

今後、マルタでの最後の生活の様子や母との珍道中の模様はまた後の記事で更新する予定。

もうマルタで生活しないなんて嘘みたい…。

P1030606.jpg
スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<輝ける最後の1週間。(前篇) | HOME | 残り1週間。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。