竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

母と行く珍道中(イギリス周遊篇(Windermere~London))

カメラの紛失に気付いたのはWindermere到着後というなんともマヌケな僕…。

しかし、それが見つかるかどうかはもう運に任せるしかない!という事で、気を取り直して母との観光は続く…。

WindermereはEnglandの観光地「湖水地方」のにあり、今回はそこから出発する一日ツアーを利用して、様々な湖を回ることにした。

という事で今回は写真を中心に。

PB150233.jpg


PB150244.jpg


LondonやEdinbrughでは見られないようなThe United Kingdomが誇る自然。

しかし、地理的な影響もあるだろうがこの日は本当に寒かった…。

そして僕の母の専属カメラマン兼下手くそ通訳の時間は続く…。

PB150249.jpg


もちろん写真は全て母のデジカメで撮られたものだ。

お互い別々にデジカメを持っていた事でデジカメ紛失という悪影響をあまり受けずに済んだが、逆に考えれば2人で1つしか持っていなければ、もっと早い段階で紛失に気付いたのかもしれないとか考えてしまう。

まあ、それはいいとして…、

その後僕らはLondonに向かうのだが、その途中僕の次の生活の地Oxfordに立ち寄った。

PB170269.jpg


この国を訪れるのは3度目とは言え、Oxfordは初めて。

「渡英篇」で書いたように僕は十分な学校の書類を持っていなかったため、学校の場所そして自分がどこにHome Stayするのかもわかっていなかった。

母と2人で右往左往しながら、学校に何とか到着しHome Stay先も確認。

Home Stay先は実際母と2人で歩いて行って確認。そして第一印象「若干遠い…」。

何せ僕はマルタで学校一近いDrayton(歩いて30秒)に住んでいたから、どこに住もうと遠いと感じるのだろうが…。

Host Motherは僕の突然の訪問に驚いた様子だったが、いくらか部屋の説明をしてくれた。

そしてOxfordでの用も済み、いざLondonへ。

母の最後の滞在日となった日は2人で1日London観光。

PB170278.jpg


バッキンガム宮殿をバックに母。

PB170290.jpg


ビックベンをバックに僕。

PB180300.jpg


そして夜のタワーブリッジ。

一日パスを駆使して観光地から観光地へと次々と移動し、最後はSOHOで2人で食事してMaltaから続いた2人旅が遂に終了。

母が日本へと帰国する日は時間に若干の余裕があったためLondonのVictoria駅にてしばしお茶して…そして母は帰国。

母にとっては全てが新鮮な風景・景色だっただろうし、半年前に日本を離れ海外生活を送る僕との多少の温度差は否めなかったが、自分なりにアレンジした今回の旅はおおよそ順調にいったかなといった感じだ。

母との息子という異色の組み合わせによる今回の旅…僕はまだまだこれから海外生活が続くが母の心に残る旅となったならよしとしたい。

母と別れた後は再びOxfordへ…。

そして僕の新生活が始まる。
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

母と行く珍道中 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<模様替えしました。 | HOME | 母と行く珍道中(イギリス周遊篇(York~Edinbrugh))>>

この記事のコメント

素敵じゃないですか!Oxford!!
お母様も、観光に加え、子供がこれから生活して、勉強するところを観れて、安心されたことだと思います。楽しい思い出の一ページになって良かったね!
PS.夜のタワーブリッジの写真、コンテストとかで賞を貰えそう♪綺麗♪
2007-11-29 Thu 16:29 | URL | まめりんご #-[ 編集]
元気そうでなにより~
マルタの皆はみんなENGLANDに移っていくのね~
私はみんなの帰国を楽しみにまっているよ~ってことで残りの時間をたのしんで!!
2007-11-30 Fri 00:57 | URL | ryoko #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。