竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

歳をとります。

私事なのだけれど、もうまもなく僕も27歳になる。

もちろんこれが海外で迎える初めての誕生日ということになる。

26から27への変化というのは、自分の中ではさほど大きな事ではない。

さすがに30代という一つの大台も若干チラついてはきたけれど、まだまだ海外で語学学生という身分で、あと3年で30になってしまうなんて実感はまったくない。

さて、いよいよ僕の「生活」としての海外挑戦も残り1週間となった。

海外に出るにあたって、語学を学ぶより何よりそこで「生活を営む」事が最もやってみたいことだったから、来週の金曜日を持って一つの区切りがつくのと同時に寂しい気持もある。

海外で「旅」という形でなく「生活」として滞在してきた事で、得たものも多かった。

今回の週末がここUKでの最後の週末であり、最後だけに僕も忙しく過ごそうと思っている。

まず土曜日はAston VillaのHome、Villa ParkへFootball観戦に行く。

先日のMan U観戦に引き続き、これがこのUK滞在で2度目の観戦。

このVilla ParkというStadiumは僕が5年前にサッカー観戦をした懐かしい場所でもある。

但し、5年前は当時UKに住んでいたRyoにおんぶにだっこの状態で観戦だった。

あれから5年して再び訪れるVilla Park

とにかく、明日はおそらく最後となるであろうFootbalの母国での観戦を楽しみたいと思っている。

土曜日の夜は僕と誕生日が1日違いのKorean(韓国人)クラスメート、So Hyunと共に誕生日Partyが開催される予定だ。

もうあまり歳をとりたくないし、出来ることならこの世代のまま時が止まってほしいものだけれど、祝ってもらうのはいつになっても嬉しい。

そして日曜日はCambridge観光。

CambridgeはOxfordと並ぶ大学の街だが、ここには僕がMalta時代に通っていたECの校舎があり、Maltaで一緒に遊んでいた友人がここで数人学んでいる。

観光というより、彼らに会うべく訪れるといった感じ。

Maltaで同じ時間を過ごした友達と、また別の場所で再会できるのは嬉しい事。

日曜日の夜は僕が居候になっている中国人家族の方々が僕の誕生日を祝ってくれるとの事だった。とても幸せなことだ。

Maltaで過ごした最後の激動の数週間に比べれば、ここでの最終週は落ち着いたものになるであろう。

そもそもここUKとMaltaのライフスタイル、過ごしてきた期間が全く違うから当然と言えば当然だろう。

まあ、泣いても笑っても僕の第2の海外生活の地Oxfordでの日々もあと7日。

そして、27の最初の大仕事はヨーロッパぐるりの旅。
スポンサーサイト

留学(England編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旅の概要(中盤戦) | HOME | 旅の概要(前半戦)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。