竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遂にスタート!まずはPortoから(ヨーロッパ周遊1日目)

さあ、今はPortugalのPortoにて執筆中。

深夜1時にOxfordからバスでStanstead空港に向かい、6時半に3カ月過ごしたEnglandを離れた。

飛行機は2時間強で、Portoに到着。

到着しての第一印象はやっぱり「温かい」。

到着した空港はPortpの「ちゃんとした」空港。

というのもRyan Airで大都市に発着する飛行機を利用する場合、とてもその都市を名を名乗れないような遠~い場所の辺鄙な空港を利用せねばならない。

空港からメトロが中心部まで出ていて、僕もそれを利用して街中まで出た。

Portugalは僕のイメージとは違い、かなりシステムが発達している国という印象を受けた。

メトロの乗り心地は抜群だし、Londonのそれと比べても遥かに快適だ。

駅でNew Yorkから来たアメリカ人夫婦と少し喋ったのだけれど、彼らはここPortugalに親戚がいるらしく、わずか5日の滞在予定でここを訪れたらしい。

人それぞれな部分の大きいが、彼らの喋る英語は非常にわかりやすかった。

僕にはアメリカの方が向いてるのだろうか…。

街の中心部からは歩いて事前に調べておいたHostelに向かったが、歩いてみるととても歩いていける距離じゃなかった事が、最後まで歩いてわかった。(所要時間1時間近く)

その後疲れ果てていた僕も、部屋がまだ掃除されてないとかでHostelで休息も取らず早速街の散策に向かった。

ホステルから中心部まではバスで向かったが、単純にバスの値段だけ比べても、Englandよりも確実に物価は安いであろうことはわかった。

Portoは観光名所もロクに調べずにやってきたが、僕が今まで見てきた町並みとはまた一線を画すものがあり、Portugalまでやってきた実感が湧いた。

P2163594.jpg


P2163597.jpg


街はほとんど区画整理されておらず、味のある小道も多い。

P2163583.jpg


街中のアジア人率はおそらく1%以下だ。

一日中歩いて日本人と思わしき人と一人だけすれ違ったけれど、それ以外は完全にアウェーだ。

気候もいいし、町並みも綺麗でPortoを見る限りこの国は居心地のいい場所だと思う。

何の情報もなかったから、ベタに観光バスに乗って観光もした。

P2163604.jpg


決して安くはない(10ユーロ)が、24時間有効だし普通の交通手段としても明日までPorto滞在中は活躍してくれそうだ。

しかも驚く事にヨーロッパ言語に交じって、日本語ガイドもある。(ヨーロッパ言語以外では一つだけ)。

さすが、観光大好き日本人。

明日はもう少しPortoの街並みを見て(出来れば名物のワインも買って)、Portgalを南下しCoimbraを目指そうと思う。

・1日目の出費。
携帯のプリペイド(旅の間の通信費(携帯)) (50£) 約11500円
Oxford-Stansted空港(17.8£(高い!)) 約4000円
London-Porto(19£(安い!)) 約4300円
Oporto(空港)-街の中心部byメトロ(1.9ユーロ) 約300円
ホステル滞在費(14ユーロ) 2240円
ホステル-中心部byバス(1.6ユーロ) 約260円
市内観光バス(10ユーロ) 約1600円
スーパーで買った昼食と夕食(5ユーロ) 約800円
街中のカフェで食べた軽食(3.5ユーロ) 約560円

1日目の出費 約25560円(Porto滞在費実質5600円)
スポンサーサイト

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Coimbraは雨(ヨーロッパ周遊2日目) | HOME | Englandでの生活を写真を中心に振り返ってみる Part1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。