竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いろんな出会いがあるもんだ(ヨーロッパ周遊6日目)

さて、5日目まで一切の日本語を喋っていなかった僕。

5日目の夜、僕の寝ていた部屋に新たな旅人がやってきた。

360度どこから見ても日本人だ。

質問するまでもなかったが、一応確認するとやっぱり日本人だった。

久しぶりに喋る母国語…どこかスッキリする。

彼は大学の卒業旅行でPortugalにやってきたらしい。卒業旅行の一人旅でPortugalをチョイスとはなかなか渋い。

しかし、彼と簡単にお互いの事を喋っていると驚くこと気がついた。

何と彼は地元が同じで、しかも僕と同じ高校の5つの下の後輩だった…。

Lisobonというヨーロッパ大陸の西の果ての首都で、ホステルというどこの国の誰とも同じ部屋になるかわからない場所で、高校の後輩に出会うとは。


しかも僕の4つ下の弟も同じ高校で、マイナーだった!?兄とは違い弟はそれなりに学校で知られる存在だったらしく、僕が苗字を名乗ると「あー、あの人のお兄さん!」的なリアクションだった。(しかし、彼は弟よりもさらに年下だ)

彼の名はTairaくん(苗字じゃない)。

その後は高校の事など「超」のつく地元トークに花が咲く。

しかし本当に奇跡みたいな出会い…。

6日目は、夜行バスまで時間があった僕は彼とともにLisbonから電車で簡単にいけるSintraという街に向かった。

Sintraには小高い丘の上に、城や宮殿がありLisbonから日帰りで行ける観光名所ととして有名。

電車で片道40分なのだが、運賃は1.65ユーロ。往復3.3ユーロで行けてしまう。

さらにそんな割安な電車が10~20分おきにLisbonから出ている。

しかし、これがSintraマジック。

Sintraに着いてからの現地のバス代等がやたらと高い。

さて、そんなSintraに昼過ぎに到着したF岡C高校出身の2人。

P2213713.jpg


貧乏旅行中の僕ら(特に僕)は歩いて、城や宮殿のある丘の上を目指そうとするが、歩けど歩けど到着しそうな気配がない。

すると、同じく歩いて目指そうと試みていた男女に話しかけられる。

「どうやったらあの丘の上に行けるのか?」

と。もちろん僕らも知らない。

聞いてみると、彼らはCroatia(クロアチア)からの観光客で、従兄妹同士での旅行のようだ(僕なんて従兄弟の連絡先なんて一切知らないもんだが)。

♂の方ははトミといって28歳。日本の事を結構知っていて、さらにはK-1ファイター「ミルコ・クロコップ」と同じ街の出身らしい。

彼はなかなかの親日家で、英語もほぼそつなく話す。

♀の方はイワといって26歳。首都のザグレブに住んでいるらしい。あまり口数は多くないが彼女も英語をちゃんと喋り、そして学生時代日本語を1年勉強していたらしく。

「ワタシハイワデス」

という超基本的な自己紹介を日本語でしてくれた。

さて2人の名前の覚えやすさは、歴代でもトップクラス。「富さん」に「岩さん」。

そんな2人と日本人の僕ら合計4人でそこから珍道中が始まる。

とりあえず、4人でひとしきり抜け道らしきないものがないか探したが、結局ふもとまで戻ってバスに乗る事になった。

しかし、ふもとに戻る途中再びPortugalでの豪雨に見舞われる。

そんななかの雨宿りのひとコマ。

P2223718.jpg


Tairaくん若いなぁ…。

それから雨は治まり、運よくバスにも乗れて丘の頂上に到着。

そして僕らは宮殿へと行った。

P2223735.jpg


この宮殿は丘の頂上に立ち、ここからの景色も絶景。

まさに天空の宮殿といった感じ(言い過ぎか?)

P2223728.jpg


P2223732.jpg


この宮殿がいつ建てられたのか、どういった意味があったのか…そんな下調べをいっさいせずに訪れたが、それでも十分に楽しめる場所だった。

その後もお喋りなトミと、僕らには物静かだがトミにはクロアチア語でしっかり自己主張している模様のイワとリスボンに戻ってからも行動を共にした。

ちなみに彼らとのリスボン散策途中、こんな店を見つけた。

P2223745.jpg


その名の通り、いろんなWrongな(間違った)商品が店内に並べられている。

例えば、ロンドンのビッグベンがプリントされたTシャツに「This is not Lisbon」といった文字もプリントされている…といった具合。

それから僕は夜行バスで次の目的地SpainはSevillaを目指すべく半日の間ともに過ごした彼らと別れた。

また別れの際には、彼らと連絡先を交換もし固い握手も交わした。

やっぱり旅の途中Croatiaにも行ってみようかなぁ…。

彼らが生まれて初めて出会ったクロアチア人だったが、非常にフレンドリーだったし英語も喋れる、楽しい2人だった。

そして、僕は6日を過ごしたPortugalをあとにした。

・6日目の出費。
Lidobonの地下鉄パス(3.5ユーロ) 約570円
Lisbon-Sintra往復(3.3ユーロ)約600円
Sintraのカフェで食べた軽食(2.5ユーロ)約410円
Sintraの売店で買った水(0.7ユーロ)約110円
Sintraのバス代往復(4ユーロ)約640円
Sintraの宮殿入場料(4ユーロ)約640円
Lisobonで買った絵葉書2枚(1ユーロ)約160円
Lisobonのスーパーで買った夕食(2.5ユーロ)約410円
Lisbon-Sevilla(60ユーロ) 約6400円

6日目の出費 約9940円(まあ長距離移動したから仕方ない)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<情熱の国にやってきました(ヨーロッパ周遊7日目) | HOME | 旅も5日が過ぎ…(番外編)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

《旅行》【痴女】【USED】ADIDAS ゴンザレス2 紺 27cm【adidas】フランス、フランス...。 日本に帰っても、お金がないからすぐ働かなきゃならないだろ... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。