竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いよいよ後半戦!青春18切符の旅6日目

青春18切符の旅も遂に後半戦に突入。

絶えず動き回っているから、5日前の京都・奈良観光が遥か昔のように感じる。


さて、6日目は富山の魚津からスタート。

5日目のブログの内容の通り、黒部ダムに行けないという事が判明し、旅の日程の大幅な変更を余儀なくされた。(自分のドジのせいで)

そこで「JR沿線の温泉」に行くことに決定。だけれど駅から歩いて、ないしはバスで簡単に行けるような温泉というのは意外と少ない。


松本を目指しながら行けそうな温泉は、妙高高原駅近くの妙高温泉と戸狩野沢温泉駅の野沢温泉の2つくらい。

ということで、この2つの温泉に行けるようなに日程を組み、いざ新潟方面へ…。

ちなみにこの日程を考え出すまでに、朝の5時まで時刻表と地図と格闘していた。

なんてったって黒部に行けないのに気づいたのが深夜2時だから…。


電車の社内では、どうやら高校生が今日から始業のようで

「何組やった~?」

などという会話が飛び交っていた。僕も10年前はあーだったのかな…。

またこの電車は乗客が乗り降りする時は「自力で」ドアを開かないといけない。こんなの初めて見た。もちろん閉まるのは自動。

朝10時に出発し、魚津駅から直江津駅で乗り換えて約2時間半かけて妙高高原駅に到着。思っていたより遙かにローカルな駅。

地元の人は多少いるけど、観光客らしき人がほとんど見当たらない

P1010778







山に囲まれているだけあって、景色は絶景


P1010769







そして僕が朝方まで血眼になって探し出した立ち寄り湯のある旅館「香風館」

駅から歩いて15分くらい。

Photo










これまたローカル!立ち寄り湯は700円。タオルは貸してもらえた。温泉自体は結構キレイ。

P1010770







何と幸運なことに、1時間ほどいたこの温泉はずーっと貸し切り状態!

P1010772








P1010773






内湯も露天もかけ流しでGood!青春18切符でしかあり得なかった、妙高温泉との出会い…。ホント僕はツイテル。


余談だが旅館の中で、こんなマッサージ器を発見

P1010771







古すぎるっ!一応、「タダ」らしいけどこれは遠慮した。


あまり期待していたかった妙高温泉だけれど、まさかの大満足。

なので、結局次の目的地野沢温泉はパスして松本を目指すことに…。

途中こんな駅があった。

P1010779







移動中、寝ていることも少なくないけれどこういう車窓からの風景を楽しむのも列車の旅の醍醐味の一つ。


そして17時過ぎに松本に到着。

程よい大きさの街といった感じ。川沿いに民芸品や、お菓子、雑貨屋さんなんかが軒を連ねる場所があった。

P1010780







こういうのは福岡にはないな~。屋台はたくさんあるけども。


夜ごはんは泊まっているホテルから近い、「春華」にてサンマメンをいただいた。

別に秋刀魚が入っているわけではない。あんかけ中華そばみたいな感じ。この旅でまた麺を食べてる…。

でもこれがなかなかおいしかった!


さて、明日は東京目指します!

宿泊は3月に送別会を開いて送りだした大学時代の後輩Sの部屋に泊めてもらう予定。

明日の主目的は埼玉スタジアムでの浦和レッドダイアモンズ対ジュビロ磐田の観戦。

チケットはこれまたコネを利用してゲットすることに成功!


ブログの更新は9日に再び関西に戻るまで出来ないかな。


スポンサーサイト

青春18切符の旅 | コメント:0 | トラックバック:3 |
<<上京!青春18切符の旅7日目 | HOME | 凡ミス!青春18切符の旅5日目>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

稼ぎたいけれど、この情報で本当に稼げるのか不安だというあなたの気持ちは、よく分かります。しかし、情報に自信がなければ、返金保障などしません!このノウハウは本物です!他の販売者の方には申し訳ありませんがこれは今までで最高のノウハウだと思っています。... …
今すぐ儲ける極秘の方法を、あなたにだけ教えます。 …
2007-04-07 Sat 09:14 初めての・・・
世界の絶景の紹介 …
2007-04-12 Thu 18:50 わくわく日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。