竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウィーンで奇跡の再会。(ヨーロッパ周遊36日目)

この日はCesky Krumlovを後にし、Vienna(ウィーン)を目指す事にする。

ただ、この日の朝全く予想もしてなかった身内の不幸を母親よりメールで報告を受け、この海外生活始まって以来初めて実家に電話をする。

そういう予期できない事態のために保険にも加入していた僕は緊急帰国も可能だったので、帰国の是非を母親と相談したが、帰ってくる必要はなくそのまま旅を続けるべきとの事だった。

そして、僕はBusと鉄道を乗り継ぎAustria(オーストリア)の首都Viennaを目指す。

その道中、30代半ばくらいのアジア人と欧米人のカップルが電車に乗ってきた。

会話を聞いてみると何と日本語だ!なので、僕も彼らに話しかけてみる。

どうも彼らはご夫婦のようで、旦那さんはAustria人で日本で日本語を2年程勉強した事があるらしい。

今、2人はGermanyに在住のようで旦那さんの実家に帰省するところなのだという。

そんな彼らのおかげで全く退屈せずにAustria入りする。

AustriaのLinzという街に着いた僕はそのままVienna行きのチケットを購入…が…Austriaの鉄道代が高い高い…。

完璧にAustriaは西欧だ。

この時、国境間を超える移動の際は物価の安い方でチケットを予め買っておいた方が得だという事を学んだ。(行き先の国の方が物価が安い場所はまずは国境までのチケットを買って国境を越えて買いなおすとか)。

そんな物価高のショックを受けつつも無事にViennaに到着した僕は1件のHostelにチェックインする。

突然だがここで、ちょっと昔の話を。

去年の12月僕はSweden(スウェーデン)とバルトの国々(Estonia(エストニア)、Lithuania(リトアニア)、Latvia(ラトビア))を旅した。

最終目的地はLatviaの首都Riga(リガ)。

その最後の晩に一人のウェールズ人(UKの一部)が部屋に入ってきた。僕らは簡単な自己紹介等を済ませ、僕は次の日UKに戻るため早めの就寝、彼はその日が初日だったため、飲みに出かけた。

ほんの五分程の会話だったし、連絡先も交換しなかったがなぜか僕は彼の事をよく覚えていた。

さて、話をViennaに戻そう。

フロントでKeyを受取った僕は、自分の部屋へ…。

そこには♂2人、♀1人がいた。

その中の男があのLatviaで会ったウェールズ人にそっくりなのである。

でも僕は思った「また同じ日に同じHostelで同じ部屋になることなんてあり得ない…」と。

もう一人の男がどこから来たかを尋ねてきたので日本人だということを言うと、彼はトルコ系スウェーデン人、そしてもう一人の♀はトルコ人…そして最後に注目の彼の出身地は…ウェールズ!!!

僕はその瞬間「君に会ったことあるよ!」というと、彼もすぐさま「リガで!」と言い、まさかの再会に熱い抱擁。

全く信じられない再会だ。

その晩はそんな同じ部屋の彼らとViennaの夜の街を歩いた。

P3230086.jpg


本当に旅を続けていると何が起こるか分からない。
スポンサーサイト

テーマ:無限のファンタジア - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<Maltaを離れます。日本に帰ります。 | HOME | 小さな町でゆっくりする。(ヨーロッパ周遊35日目)>>

この記事のコメント

1人旅部門3位だぜ。
このまえは5位だったよな。
おめっとさん。
2008-05-16 Fri 00:08 | URL | 黒天竜 #shWYgb3c[ 編集]
旅ってその偶然があるから不思議やな。
ヒロもイタリアで同じ経験した~!!
友達では、南米で半年前に会った旅人と、フランスで偶然再会って人もいる。

旅は不思議!!
2008-05-18 Sun 18:05 | URL | ヒロ #-[ 編集]
>黒天竜
いつもコメントありがとうございます!
そろそろ日本に帰ります!
もしかしたら事務所に顔を出すかも!?です。

>ヒロ
いや、ほんとものすごい偶然ってあるもんだよね。
「旅」っていう共通点があるにせよ。
日本で会いたいけど、ヒロは関西やからな~。
いっそのこと九州に遊びに来い!
2008-05-19 Mon 17:43 | URL | Take #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。