竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

New Yorkに行きたいかぁ~!?

さて、そろそろブログの方も更新速度を上げていかないと…そう思う今日この頃。

帰国後のこの感覚や、海外生活の終盤の出来事等を早いとこ書き残しておかないと、頭の中の記憶がどんどん薄くなっていく…。

さて、最近この1年のヨーロッパ生活で知り合ったとある方から「7月下旬か、8月上旬にNew Yorkに行かへん?」そう誘われている。

2~3年前の僕なら軽~く断っていたであろう事だが、どこか海外も身近に感じてしまう今は「行っちゃおうかな」なんて思ってしまう。

実現すれば、もしかすると男2人でNew York…なんて事にもなりそうだが、まず一番大きな問題はお金だ。

海外で留学生活を送りながら支出している感覚とは大きく違い、日本で無職という立場での支出はとてつもなく「痛い」と感じてしまう。

ただ、逆にいえば次に職に就いてしまえばNew Yorkは遥かに遠い存在になってしまうはずで、そう考えると「行っとくなら今しかない」という気持ちもある。

最近、徐々にだが就職活動らしき事もしていて(そういう類のサイトで何かしら調べる程度だが)、そちらの状況も自分でも先が見えず、New York行きの答えが出せずにいる。

世界の首都と呼ばれるNew York。

誰かに背中を押してもらいたくもあり、誰かに引き留めてほしくもある…今はそんな状況だ。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

雑感 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<そろそろ次の一歩を。 | HOME | Facebook!>>

この記事のコメント

個人の特性を無視して日本の一般的な状況だけを考えてものを言えば、「就職してから(もしくは決めてから)行け」となるが。

特殊技能をもたない場合、キミの歳だとどうなのかイマイチ不明ではあるが、日本の労働環境は悪化の一方。
派遣社員なんか論外状態。正社員の半分程度しか稼げないのが実情の様だ。

公務員や第3セクター(とその子会社)が狙えるなら就職後も長期休暇とりやすいんじゃないか?
後者には毎年リフレッシュ休暇があるとか、福利厚生が常識外れに恵まれている会社もある。
ただ、そういうところはコネが必要だったりもするけど。
2008-06-24 Tue 06:32 | URL | 黒天竜 #shWYgb3c[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。