竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スロバキア散歩、そしてハンガリーへ(ヨーロッパ周遊39日目)

2008年3月25日。

この日は前日に入ったBratislavaの街を散策する。

しかし、この日は大雪。

朝起きた時には積もっていなかった雪が、午前中の間にあっという間に降り積もった。

その寒さといったら…。

まずどこの国に行ってもした事…それはスーパーでBeerを買うこと。

Hostelからすぐの所に、イギリス資本?のTESCOがあり、そこでお買いもの。(食糧はこの日のハンガリー行きの列車の中で食べた。)

Slovakiaのスーパーに何て、日本人はおろかアジア人も見当たらない。

街中に中華料理店が点在するので、例にもれず中国人は多少は居住しているようだが、日本人がここを観光で来ることはほとんどないだろう。

Bratislavaには旧市街があり、そこか観光のメインとなるだろう。

P3250117.jpg

P3250118.jpg


但し、ヨーロッパは未だにイースター。

元々、観光で栄えているわけでもなく、さらにはホリデーも重なって非常に街が寂しい。(AustriaのViennaですら寂しさを感じたくらいだし)

昼ごはんはMacDonalds。さすがは世界チェーン。ホリデーなんてお構いなしだ(旅行者にはありがたい)

ただ、それほど目立った観光資源もなくヨーロッパでは映画「Hostel」にUnknown(よく知られていない)場所として舞台にされるなど、マイナーな土地であるにも関わらず物価は決して安いとは言えない。

そういえばViennaで奇跡の再会を果たしたウェールズ人もVieena入りする前はBratislavaにいたらしく「1日だけならいいけど…それ以上なら行かない方がいい」「夜は死んでいる」等々ネガティブな印象を語っていたっけ…。

結局、旧市街を一通り歩き回り、次の目的地HungaryのBudapestを目指すべく駅に向かった。

そして、Budapest行きの列車に乗り込みSlovakiaを後にした。

結論からいえば、この旅で一番印象が薄いのがこのSlovakiaだったといえる。

Budapest入りした僕は、次の日にMalta時代の友人Noraとの再会することとなる。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Noraと再会…東欧の真珠ブダペスト(ヨーロッパ周遊40日目) | HOME | 「当たり前」が変わる時。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。