竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コンヤを歩く、コンヤを離れる(ヨーロッパ周遊53日目)

2008年4月10日。

この日はAhmetの通う大学に行く。

そこには当たり前だが、トルコ人学生がたくさんいた。それだけまとまって若いトルコ人を見るのは初めての経験だったが、そこにいる学生はいい意味で、明らかに顔立ちの違う東洋人の僕のことを気にしない。

トルコ全体で言えた事がだが、東欧の国々を比べれば外国人に対するアレルギーが少ないようだ。

リトアニアでなんて、僕は後ろ指さされまくりだったのに。

Ahmetが僕を大学の英語の授業に参加させようとしたが、残念ながら教授に追い出されてしまう…。

その後はメヴェトラーナというコンヤで…いやトルコで有名なモスクを見に行く。

P4100037.jpg

そこにはやっぱり日本人観光客の団体が…。

日本語ペラペラのトルコ人ガイドが彼らに付いていたので、そのガイドの説明を盗み聞き。

逆にトルコ人のAhmetにはそれがわからない。

その後、コンヤの街中でAhmetと共にチャイを飲みながらトルコのボードゲーム?に興じる。

遊び方はその時、Ahmetから教えてもらったが、何と僕が全勝してしまう…。

そして、夜はAhmetと共に再びレストランへ。

P4110003.jpg

Ahmetのイケメン親友、Mustafa(ムスタファ)とお料理。

コンヤでAhmetが僕に食べさせてくれた料理は全部おいしかった。

P4110005.jpg

コンヤで楽しく遊んだ彼らともお別れ。

Ahmetとは日本での再会を約束したが、その後帰国直前のLondonで会う事になる…だけどそれはまた別のお話…。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブルサに到着(ヨーロッパ周遊54日目) | HOME | コンヤに行く(ヨーロッパ周遊53日目)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。