竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪山にでも行こう!Kayaとも再会(ヨーロッパ周遊55日目)

2008年4月12日。

Bursa2日目。

この日はCanと共に、Bursaの観光名所の一つである何とかいう…(名前を失念…)山へ行くという。

この時、もちろんトルコにも春がやってきていた。

しかし、山の上はというと…

P4120015.jpg

P4120017.jpg

まだまだ雪が残っていた。

スキーシーズンは終わっていたが、20度前後ある麓からわずか1時間弱上に登っただけでこんなにも景色が違うとは…。

そして、山へ来た事で僕に弊害が一つ…。ヨーロッパでまさかの花粉症を発症。

元々、花粉症持ちだったけれど、まさか海外でそれに悩まされる事になるとは…。

鼻水ずるずるで下山した僕は、同じくBursaに住んでいるというMalta時代の友人Kayaと連絡をとってみる。

CanとKayaは全く面識がないようだが、彼らがトルコ語で話した方が話が早いので、CanにKayaを呼んでもらう。

ちなみにKayaは僕がMaltaに行って最初のクラスメート。

僕のMalta初日のあの日の事は今でも忘れない。

僕はわけもわからず一つのクラスに振り分けられ、そしてたまたま座った僕の席のとなりには、大きな体のいかつくそして態度のでかい男が座っていた…それがKayaだった。

僕はその授業で先生の言っている事が全く理解できず「海外生活」の壁にいきなりぶつかったのだった。

そして、クラスメートの僕は皆授業にちゃんと参加できていて、僕はクラスメートは皆雲の上の存在だと思っていた。

しかし、久しぶりに再会したKayaはというと…Maltaを離れてから英語を話す機会が全くないようですっかり英語の大半をわすれているようだった。

そんなKayaの写真

P4130018.jpg

何と、彼は僕より一つ年下。

奇跡の年下だ。

KayaとCanと僕はBursaの街でお茶をして、そしてその後、僕とCanはCanの従兄弟と食事をする事になり、Kayaがそこまで送ってくれた。

そのKayaの運転が荒いこと…下手なジェットコースターよりよほど怖い。

久しぶりに会ったKayaは英語はだいぶ忘れたものの、相変わらず暖かな面白い男だった。
Kayaと別れたあと、かなり良さげなレストランで会社を経営しているCanの従兄弟に素晴らしいトルコ料理(主に羊のお肉)を御馳走になる。

やはり、Maltaで学んでいたトルコ人は皆、近い親戚にお金持ちがいるものだ。

そんなトルコを巡る旅で僕はどんどん増量していく…。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

ヨーロッパをぐるっと回る。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Canよありがとう!そして再びイスタンブール(ヨーロッパ周遊58日目) | HOME | ブルサに到着(ヨーロッパ周遊54日目)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。