竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

僕とサッカー

講演会のようなタイトル…。


今回はテーマをいつもの「留学」から変えて、「サッカー」について。


僕は自他共に認める?なかなかのサッカー好き。サッカーを始めたのはちょうどJリーグ元年だった中学校1年生の時。一般的には遅い方かな。小学校からの友達に誘われて、あまりの強引な勧誘に断りきれなかったのがきっかけ。

そこで、過酷な練習に耐え抜き(特に練習中走る量が半端ではなく、陸上の駅伝大会にサッカー部から半数以上が出て福岡市で1位なるほど…)チームも新人生、中体連(最後の大会)共に福岡市で優勝するという強豪チームだった。もちろん僕はレギュラーでも何でもなく…。

小学校の頃まではこれといったスポーツはしておらず、背丈も小さい方で運動神経も決していい方ではなかった。しかし、中学校の頃に受けた「しごき」の中で体力にも自信がつき、それなりに自分自身に自信が持てるようになった。常識では考えられないような「しごき」も当時はあったと思うけれど、今の自分を築く上で当時の苦労はものすごく生きている。

当時指導してくれた先生には恨む気持などかけらもなく感謝の気持ちが強い。まさに恩師といえる。そして今でも思う。「あの練習より体力的にきつい経験はこの先もおそらくないだろう」と。


高校進学の際には、サッカーの事などまったく頭に入れずに自分の学力にあった公立高校に進むことを選んだ。そしてたまたま進んだ高校にサッカー部がなかった。

サッカー部がないからといって、特に校外のクラブチームに入るわけでもなく中学時代の友人達と週1で練習していた時期もあるけれど、ほとんどサッカーに関しては空白の3年間だった(そんなサッカー不毛の高校でクラスマッチでは優勝したけど…)。


その後、地元のF大学に進みサッカーに再び打ち込みたいと思っていた僕は、英語の授業でたまたま席が前だった同級生が、サッカーサークルの練習に参加していることを知り、彼に話しかけて僕も練習に参加することに。そしてそのまま入部。

そのサークルというのは一言に「サークル」と言っても、そんじょそこらのサッカーサークルとはちょっと違う。というのも毎日朝7時半から練習している。ただし夕方の練習はなくアルバイトもしたい学生には時間配分としてはもってこい。朝サッカー、昼勉強、夜バイト…みたいな。

大学生にもなって毎朝サッカーの練習に行っている事で、よく「それ部活?」と聞かれたけど違う。一応、学校からは公認されていたので「サッカー愛好会」という肩書き。

チームは大学サッカーではなく社会人サッカーを主戦場としていた。

僕の所属していたサークルはちょっとわかりづらいが、団体としては1つのサークルだけれどチームは2つに分かれている。簡単に言うとAチーム、Bチーム。

僕の在学中はAチームは福岡県の社会人サッカーを4連覇(その後も7連覇までした)。Bチームも僕の2年次に福岡市で優勝した。少し大袈裟に言うなら、福岡県の社会人サッカー界を席巻している大学のサッカーサークルといえる。

ちなみに、今現在、Aチームは7連覇の後に、去年から戦いの舞台が県から九州に昇格した。九州リーグでは彼らはかなり苦戦しているけれど、大学のサッカーサークルが県リーグを飛び越えて地域リーグで戦っているのは全国的に見ても異例の事ではないかと思う

Bチームも6年ぶりに福岡市で1位となり、市から県へと昇格している。

余談だけれど、日本のサッカーはJリーグからアマチュアまでピラミッド構造となっている。

上から

     J1
      ↓
     J2
      ↓
     JFL
(全国社会人みたいなもの)
      ↓
    各地域リーグ
(関東リーグ・九州リーグなど)
      ↓
     各県リーグ
      ↓
     各地区リーグ
(福岡市リーグ、北九州市リーグなど)

となっており、
県リーグ(福岡)には1~2部、
地区リーグ(福岡市)には1~8部(1部あたり13チーム)+サテライト3部 =(参加チーム合計約150)となっている。
いまだ、日本一人気のあるスポーツは野球だと思うが、
サッカー人口も福岡だけでもかなり多いことがわかる。

仮に、今からサッカーチームを福岡市で起こしてJリーグを目指した場合、最低でも10年以上 かかることになる。 高卒ルーキーも30過ぎのベテランになってしまう。

話は随分横道にそれたけれど、後輩たちが今も頑張り続けてくれているおかげで、OBの僕としては鼻が高い。福岡で社会人サッカーをそれなりに真面目にやっている人なら、そのサークルの名前を知らない人はほとんどいない。いたらその人はモグリ!?


僕は卒業後、そのサークルのOBチームに所属して26歳になった現在もサッカーを続けている。しかしながら、僕が「部活」として朝夕サッカーに励んでいたのは中学自体だけでサッカー歴というのは短い。


さて、福岡の社会人サッカーにはリーグ戦の他に、毎年1~2月に福岡市近郊の社会人サッカーチームが100チーム以上集まって行われるトーナメント「福岡市長杯」というものがある。

ベスト4まで勝ち残れば福岡のサッカーの聖地!?の博多の森で試合を行えるため、どの参加チームもモチベーションが高い。(普段のリーグ戦では博多の森はおろか、芝の上でサッカーをすることすら、上のレベル(福岡では県リーグ以上)に行かないと保証されない)


僕もいろいろと思い入れの強い大会で、今年の大会には特に力を入れていた。

というのも、僕は所属していたOBチームで3年前からキャプテンというチームの役割を担っていて、留学という事情からその大会を最後に後輩にその立場を託すつもりだったし、現役のAチームが戦いの場を九州に昇格させたことで、福岡市長杯への参加資格を失ってしまったようで…OBチームに現役のAチームメンバーも登録して一緒に戦う事になったから。

元々そういったサークルのOBチームだからメンバーが常に揃えば結構強いチームなのだけれど、メンバーのほとんどが社会人で実際のところは毎試合11人揃うかどうかといった状況なのである。それが実力のある現役が参加したことでレギュラー争いの熾烈な強豪チームに突如として変貌した。

なので、博多の森進出はもちろん「優勝」というタイトルにも淡い…いや強い期待を抱いていた。

大会が始まってみると、3回戦あたりまでは難なく突破。4、5回戦は現役の活躍に大いに助けられながら念願の博多の森進出!

そして…準決勝in博多の森陸上競技場で前年度優勝のチームと対戦し2-3で敗戦。結果は3位だった。

準決勝に臨むにあたって、5回戦で主力に怪我人がでたり試合直前に病人まで出て…プラスキャプテンの権力も使って、僕も博多の森のピッチに立てたけど力及ばなかった。

でも中学、大学と常に強豪チームに所属し、その日陰で過ごしてきた僕がそういうちょっとした晴れ舞台に立てるとは思っていなかったので、チームメイト達への感謝の気持ちでいっぱいだった。

この大会を最後にキャプテンという役目を終えたけど、もちろん僕がチームのキャプテンになる経験というのはこれが初めてだった。力不足なところがも多々あったと思うし、取り返しのつかないミスをしたこともあったけれど…最後の最後で一ついい思いも出来た。

下手の横好きでも続けていればいい事もあるものだ。


P1010596



これが市長杯の表彰後の写真。



12月上旬に現役のメンバーを加えて市長杯バージョンのチームとして初めて試合をして、2月の準決勝でチームが解散するまでの2ヶ月間は本当に心からサッカーを楽しめた。もちろん普段から楽しいチームではあるんだけれど、現役大学生の若いメンバーが協力してくれた事で純粋にサッカーに打ち込むことが出来た。もしかしたら、今までの僕のサッカー人生の中では一番「青春」を感じた期間だったかもしれない。そのくらい素晴らしい経験をこの大会を通して得る事が出来た。


果たしてマルタでもサッカーを続ける事が出来るのだろうか…?一応、シューズくらいは持って行くつもり。

この歳になってもまだうまくなりたいと思うし、そう思えるうちはサッカーにしがみついていたい。何より社会人になっても(今は無職だけれど)サッカーを通して真剣勝負が出来るのが心地よい。なかなか実生活のなかで緊迫した真剣勝負を味わうことはできないから。

でも、サッカーに関しては今年の市長杯でどこか一つ区切りがついたような気持ちがあるのも事実。もうそんなに長くは出来ないだろうし、頭のイメージと体の動きがかけ離れていく日もそう遠くはないだろう。それに、また同じチームに戻ってきてサッカーが出来るかもわからない。それには日本に戻ってきて福岡で就職する事が前提となるから。


そういえば、新キャプテンより僕の送別会のお知らせがあって、その日は別件の送別会があって行けないぞ…。って返信もしたんだけれど、その後連絡なし。どうなってんだか。

「どうせ戻ってくるんだろ」

とか思われてたりして。



今回は今までの記事でおそらく最長だな…。やっぱり僕はサッカー好きなんだな。



スポンサーサイト

Football | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<thinking time!!! | HOME | あと3weeks>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

美容整形を総合的に考えるサイトです。美容整形に関するRSS情報を付記しました。 …
2007-05-08 Tue 19:28 美容整形研究サイト
アイドルとフィギュアスケート選手の二つの顔を持つ天使 …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。