竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

体育館デビュー

最近体がたるんできている。


無職の日々は飲んでるかサッカーしてるくらいなんだけれど、サッカーと言っても平均して週一くらいだから、体力の衰えが気になる。


何より、お腹周りのたるみが気になる。っていうかちょっとサボりすぎた。体重は若干の減少傾向だけれど、筋力の減少の方が進行が早い。手遅れになる前に…ということで、昨日から近場の体育館に通いだした。もちろん目的はトレーニングルーム!とはいえどまだ1回だけ。


昨日は、常連さんっぽい方々ばかりの中で、一人寂しくトレーニング。器具の使い方もまともにわからないけど、あと2、3回行けば要領は覚えるだろう。要領を覚えた頃には出発かも。でも、トレーニングルームにいるムッキムキの中年のおじさんたちがやたらと気になる。トレーニングルームが棲家かと思うくらい似合っている。


本当は「毎日行くぞー!」と心に決めていたのだけれど、今日ベッドから起き上がれないほどに筋肉痛になっていて、あえなく断念。やっぱり上半身の筋肉痛がひどい。逆に下半身はほぼ皆無。やっぱりその辺はサッカーで維持できているみたい。でも翌日来る筋肉痛はまだ若い証拠!明日はまた体育館行きます!


さて、そろそろ帰国日と、帰国する際の搭乗地さらには帰国する日本の空港(成田、関空、中部)を決めて航空券の購入手続きをしようと思っている。

帰国の際の搭乗地はロンドンにすることでほぼ確定(フランクフルト経由)。日本の空港は成田にしようかと思案中。東京近辺には知り合いも結構いるし、福岡に帰る前にちょっと滞在しようかと思って。


問題は帰国日。

僕の購入予定のチケットは1年オープンチケット。出発日から帰国日まで最長1年間有効なチケット。でも、チケットの発券は出発の10日前までに行わなければならず、かつ帰国日は発券日から360日以内となっている。

要するに、現実的には最長350日間滞在できるチケット…ということになる。

もちろん変更は可能だから、その場合は実際に365日いっぱいいっぱい滞在出来る(僕の場合なら2008年5月26日まで)けれど、変更手数料100€(ユーロ)


よほどの理由がない限り、変更するのは賢明じゃない。という事は僕は来年の5月中旬くらいには帰国していることになる。今から帰国の時期の事を考えるのは正直、気が重いんだけど…。


そういえば、今日天神に新生銀行の口座を作りに行ってきたのだけれど、やっぱり「新しい銀行」という印象を受けた。今まで僕が見てきた銀行とは一味違ってオシャレー。

新生銀行の口座開設では通帳がなく、カードのみが渡される。明細は毎月自宅に送られてくる。新進気鋭の?銀行ではこういう方法は珍しくないらしい。例えば東京スター銀行とか。


口座開設の際には職業も記入せねばならず、僕は当然「無職」と記入(実際にはPCに向って自分の情報を打ち込む)したのだけれど、正直ちょっと躊躇した。

その後も、銀行員の女性の方と僕の記入内容を確認しながら口座開設のための作業が続けられたけれど、どこか恥ずかしい…。


「一応携帯の番号もお聞きしてもよろしいですか?」との事だったので「近々解約する予定です」と返したのだが、「無職で携帯解約で口座開設???こいつは一体何者???」と思われてるんじゃないかと勘繰ってしまった。いや本当に思われてるかもしれない。


口座自体は1円のお金を入金しなくとも開設は可能で、僕が銀行に入って15分後には口座開設の手続きは終わった。


しかし、天神への行きも帰りも道中でリクルートスーツでビシッと決めた就職活動中またはフレッシュマンのような若者(僕も世間一般では変わらず若者だろうけど?)をたくさん見かけた。来年の今頃の自分の事を思うと、他人事には思えない。


あと2週間ちょっとで始まる、海外生活を考えると、淡い期待感(もちろん不安も大きいけれど)が出てくるものだけれど、1年後の帰国後の事を考えると今のところ憂鬱で仕方ない。


確固たる目標、未来像がないからかもしれないけれど、それが自分が選んだ道だから。


不安になってばかりもいられない。まったく0(ゼロ)の状態からスタートするのも悪いことばかりじゃない。フラットな状態だからこそ、いろんな可能性もある。砂場で大きな山を作る時は、小さな山を作ってはその山頂を潰し、山腹を平らにして作り上げていく…みたいな(イメージが伝わりにくい?)。


もちろんぼんやりとした、曖昧なものばかりに期待してはダメなのも理解している。

ただ、今は自分自身に期待感を持って覚悟を決めて海外生活に臨む。絶対に後悔だけはしたくないから。

もしかしたら「行かなきゃよかった」と思う時が来るかもしれない。でもそれはぜーんぶ自分の責任だから。


「やらずに後悔するならやって後悔」


なのだ。


とかなんとかカッコイイ事いいつつ、結局のところやっぱり「やって後悔」もしたくないのが本音かな。


スポンサーサイト

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<なぜマルタ?に再考 | HOME | thinking time!!!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

JAL(日本航空・ジャル)の情報サイト …
2007-05-10 Thu 23:48 JAL(ジャル)ファン!
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。