竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

26歳という事 Part2

のっけから話題を逸らすけれど、最近Yahoo!でルー大柴殿のブログが受けている!といったようなトピックスが出ていた。


早速チェックしたところ…不覚にも面白い。敵ながらアッパレ。


いや、本当のところ僕はルー大柴殿を尊敬している。というのも、彼は高校卒業後、ヨーロッパを一人で放浪した経歴を持つ。それは僕の海外留学よりはるかに奔放なものである。しかも、僕の両親よりも年上なのだ。そんな昔にヨーロッパを放浪とは…僕の感性なんて彼には遠く及ばない。


なので、彼は英語も流暢との事。しかし、実はその放浪中に日本にいた恋人が交通事故で亡くなった…といった事を昔TVで見た覚えがある。その番組では亡くなった故人がCGとして生まれ変わり、出演者に語りかけるといった番組だったと思うけれど(番組名は失念した)、彼はその番組の中で泣いておられた。そういった過去も背負っておられる、ただ暑苦しいだけの方ではないのだ。


そんなルー大柴殿だけれどよくTVでも英語と日本語をミックスした喋り方…例えば


「トゥギャザしようぜ!」

とか、


「キャッチ!キャッチ!キャッチ!」

とか。


それが話題のブログではさらに強烈なのだ。真似したくても真似できない。そんなブログが気になった方は以下のURLをチェック!チェック!チェック!だ


http://ameblo.jp/lou-oshiba/


ちなみにこのブログは「アメブロ」というみたいだけれど、ルー大柴殿のブログのページの一番下には「人気タレントブログランキング」なるものがある。

5月13日現在、話題になったルー大柴殿でさえ8位なのだが、上位がアイドルや女優、バラエティタレントならまあ妥当かと思うけど…なんとTOKIOの人気番組だった「ガチンコ」の”ファイトクラブ”で知名度が上がった元プロボクサー竹原慎二氏が3位にランクインされているではないか…。なぜだ???


で、気になって見てみたけど…「じゃあの」の一言に尽きる。こんなブログも真似できない。やっぱりこれも、自分の目で確かめた方がいい。じゃあの。


http://ameblo.jp/shinji-takehara/


さて、話をタイトルに戻そう。

僕は現在26歳で、所謂「松坂世代」である。タイトルは「26歳」だが、同級生の半分以上は今年中に27歳になる。いつの間にかいい大人だ。


同級生で、気にするからなのか…「松坂世代」には各界の有名人が多い気がする。


やっぱりその筆頭はレッドソックスの松坂大輔。彼の年俸なんて聞きたくない。おそらく彼の年俸を僕が一生涯かけて稼ぐことはない…。いや稼ぐかもしれないな。可能性は無限だから。


他には野球界だと、我が街福岡のソフトバンクホークスの先発の柱、新垣、杉内、和田。横浜の4番村田も福岡出身の同い年。巨人には同じ中学校だった選手もいる。彼とは卒業以来会ってもないから、僕のことなんて忘れてるかも。そういや、昨日結構打たれたらしい…巨人ファンではないけれど、彼の活躍はちょっと嬉しかったりするので頑張ってほしい。


違うスポーツに目を移すと、サッカー界ではジーコジャパンのサプライズ「マキ!」、あとは同じく2006年W杯日本代表の玉田、大黒も「松坂世代」。日本代表のFW(フォワード)5人中3人が同い年だったことになる。ちなみに他のポジションには同級生はいなかった。


バスケットだと、日本人初のNBAプレーヤー田臥も「松坂世代」だし、角界では押しも押されぬ大横綱、朝青龍もまさかの同級生。横綱が同級生だと知った時には正直愕然とした。今のところ、「同い年に見えない有名人」の1位が朝青龍関だ(あくまで個人的ランキング)。


芸能界だと、元祖?ブログ女王の眞鍋かをり、僕が高校生の時にデビューし、大ブレイクした広末涼子、先日年齢詐称で同い年である事が発覚した夏川純、あとは優香、田中麗奈も同い年。


お笑いだとキングコングとかかな。


海外のスポーツに目を向けると、サッカーのリバプール所属のスティーブン・ジェラード、テニスのマルチナ・ヒンギスも同級生。


あ、そうそう先日辻希美とのできちゃった婚で脚光を浴びた杉浦太陽もまた同い年。


当然、同い年の有名人を上げればキリがない。

ほとんどがテレビの向うでしか見たことがない方達だから、例え歳が同じでも、同じ時代を生きてきた「実感」は沸かない。しかし、紛れもなく彼らと僕は全く同じ時代を生きてきている(年齢詐称がなければ)。


そんな著名でかつ、すでに確固たる地位を築いた同級生がたくさんいるにも関わらず、僕は今無職で、これから留学という道を歩むのである。


でも別に、劣等感とかがあるわけでもない。僕は僕なりに楽しめばいいから。


これからもそういった有名な同級生の活躍をブラウン管の(今は液晶か…)向こうや、いろんな場面で目にして耳にして、いい刺激を受けて、僕も負けないように充実した人生を送りたい。じゃあ最後に…


「松坂世代」バンザーイ!

スポンサーサイト

雑感 | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<引っ越してきました | HOME | 26歳という事 Part1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

にしおか すみこ をいろいろ調べてみるサイトです。お宝映像があるかも・・・・・・・ …
しょこたんこと中川翔子たんに関する情報ブログです。しょこたんの最新情報、しょこたんぶろぐについて。 …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。