竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

準備いろいろ

今日の午前中は歯医者に行った。
治療が終わるのは5月23日らしく、出発前にギリギリ滑り込みセーフ!といったところ。

留学準備の方はかなり焦ってきた。
最近はスーツケース買ったり、電子辞書買ったり、口座のお金を移したり。

僕が高校、大学で英語の授業を受けていた頃は、分厚い「ジーニアス」を引いていたものだけれど、今や高校生ですら電子辞書がスタンダードらしい。

辞書と言っても、単に英和/和英だけでなく、国語辞典やことわざ集、7ヶ国語の日常会話やビジネス用語、さらには家庭の医学や、ちょっとした脳トレまで網羅されている。

語学に関してはその発音まで音声で教えてくれる。
という事でイタリア語やスペイン語、フランス語あたりは発音まで教えてくれるので、ヨーロッパ内を旅行する際には重宝しそうである。

しかし、時代の流れは本当に早い。こんなものを高校生が親にねだるんだから…。


留学費用のお金も元から持っていた口座から、先日開設した新生銀行の口座に移した。

「移した」というのは銀行から銀行への振込という形ではなく、実際元から持っていた口座からお金を引き出して、直接新生銀行まで持って行って預け入れた。

これから1年海外生活をやっていけるであろう生活費一〇〇〇〇〇〇円!を一気に引き出したから、その「札束」を手にした時にはちょっとテンパった。
そして、「札束」は財布に入りきらない事を知った…。

お金の話はあまり良くないかもしれないけれど、海外で1年間生活するのにそのくらいはやっぱり必要。向うで職に就けるかなんて不透明…とういうかマルタには職なんてないはず。そもそもビザ自体観光ビザでマルタ入りするし。

当然、元から持っていた地場の銀行と新生銀行とは同じ天神と言えど離れた場所にあるので、その移動中はかなり用心深くなった。

しかし、道中襲われることなくミッション達成。

こんなにビビりながらお金を移すくらいなら、振込手数料をケチらずにATMから一発でやった方が良かった。

ちなみに海外でお金を引き出す際は新生銀行の場合手数料はタダで、その他にレートとして引き出した金額の4%を取られる。昔から持っていた地場の銀行のカードなら手数料315円で、レートが1.63%。

これを額面通りに考えるなら1万円引き出す時は
新生銀行:10000円+400円=10400円
地場 :10000円+315円+163円=10478円
と新生銀行がお得

これが2万円になると
新生銀行:20000円+800円=20800円
地場 :20000円+315円+326円=20641円
これだと元から持っていた地場の銀行のカードの方がお得だ。

となると、新生銀行の口座を開設する必要も特別なかったように思うけれど、どうなのかな???

詳しい方がいたら教えてください。


さて、今日から3日連続で飲み会だ
今日は幼馴染とかと、明日は大学時代に幼稚園サッカーのコーチをしていた時の保護者の方々と、その後移動してフットサルをした後そのチームメート達と、そして明後日は地元の友達たちと…。

頑張れMY肝臓!

ほとんどが僕が海外に行くからと集まっていただけるのだけれど、本当にここまでしていただくと、1年後帰ってきづらくなりそうで…。

1年というのは経ってみればきっとあっという間。

そんなあっという間に帰ってくる僕のためにいろいろな方々が集まってくれるので、本当に感謝感激だ。

でも本当は皆さん、僕をネタに飲みたいだけだったりして

そんな楽しい送別会シーズンもあとちょっと!出発まであと9日
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サッカー観戦 | HOME | 帰国日決定>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。