竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1週、4日目~

第1週、4日目~
4日目はクラスメイトのコリアン、SOOのお宅にお邪魔して僕がくる前までクラスメイトだったらしいMIKI(ミキ)という日本人のお別れパーティ。初対面なのにお別れパーティ。僕のルームメート、ホームメート、アパートメートのALEKSANDER、JOEL、SHABANも同伴で。参加者の国籍は韓国人3人、日本人4人、アルバニア人2人、スイス1人、トルコ人1人。

僕はまともに料理も出来ないのに、自炊のアパートに住んでいるからこういったPARTYは非常にありがたい。料理ができなくてもおいしいご飯にありつける。

乾杯は日本、韓国、フランス(JOELがフレンチパート)、アルバニア、イタリア(AREKとSHABANはイタリア在住)の全ての国の掛け声で。

異国に来たことを実感。

PARTYでは主にコリアンフード。「アジアの味」を堪能。

PARTYの途中ではベランダから花火が見えた。マルタで初めて見る花火。

金曜日は授業終了後にビーチクラブへ。

ビーチクラブとは5つ星ホテルの所有する、海岸沿いにあるプールの事。STUDENT CARDがあれば「タダ」なのだが、「夏季は有料になる」とこの間こちらに来て友達から聞いた。本当なのだろうか…。

DSC01688.jpg


これが一緒にいったメンバー。いつも一緒のALEKにクラスメートのKORAY、その繋がりでトルコ人女性のオズランとジャンス(スペル聞いたことない)と日本人3人(HIROMI、ERIKO、RYOKO)と。

ちなみにこの時僕はスチューデントカードを忘れて取りに帰っていた…。

その晩はERIKO、HIROMI、JOEL、ALEK、SHABANの5人で「他人丼」を食べた。

P1020044.jpg



ちなみにこれがDRYTONのリビング。いつも誰かしらにご飯を作ってもらっている僕…。

初の休日になった土曜日は首都で街全体が世界遺産でもあるVALLETTAへ。

P1020046.jpg



僕の住んでいる地域とは雰囲気が違って、趣のある都市。

ここの聖ヨハネ大聖堂は必見!

P1020049.jpg


P1020055.jpg


ここで久しぶりに受ける「学割」自分が学生であることに大感動。

そして、スリーシティを望むガーデンからの風景。

P1020066.jpg


風景がまったく日本とは違う。ここはやっぱり異国だ。

ちなみにこの時こっちにきて初めてPIZZAを食べたけど、やっぱりおいしかった。

日曜日はあまり動きまわらず僕が日本から持ってきたDVDをJOELやALEKと一緒に見てまったり過ごした。それもまた英語の勉強。

部屋はよろしくないけれど、本当にルームメート、ホームメートに恵まれた。JOEL、ALEK、いつもありがとう。しかし僕は彼らになぜか「ジャパニーズ・ヤクザ」と呼ばれている。

「ヤクザ」というワードは世界共通のよう。

…とまあ激動の1週間を到着後から過ごしてきた。それはそれは「濃い」1週間だった。
最初の1週間から案外楽しめている感じである。

やっぱり僕の日頃の行いがいいのかな。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コミノに行きました | HOME | 第1週、到着日~3日目。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。