竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お金。

留学準備も、少しづつだが前に進みつつある。


最近は仕事の帰りも遅いので、夜23時過ぎに帰宅→ご飯→1時頃からマルタ情報のリサーチ→就寝

という生活を送っている。

大体寝るのは3時前後。かなり遅い。


別にテレビゲームとか無駄な時間を過ごしている訳でもなく、強いて時間を節約する方法を挙げるとすればこのブログを更新せずに寝ることくらい。

とにかく、通う学校選びを中心に日々インターネットでマルタをキーワードにネットサーフィンをする日々。便利な世の中に生まれてよかった。


今日はエージェントMM社の方よりカウンセリングの電話があり、僕の希望する学校のアレコレを教えていただいた。

以前にも書いたが、MM社は「安さ」を売りにするエージェントさん。学校は定価以上にはしないらしい。

どこのエージェントも受け取ってるであろう、語学学校からのマージンのみで運営されているんじゃないかな。

MM社の心強いのは代表者のご本人がマルタ留学経験者であるということ。

なので、今日のカウンセリングでもかなり具体的な内容の話を聞くことが出来た。はっきり言ってかなり好印象。

現準備段階で、もっとも重きを置いている学校選びだけれど、今日のカウンセリングでまた少し気持ちが変わった。


元々、


「こんな感じの学校がいいなぁ」


程度のイメージがあり、それに合った学校のお見積もりをお願いしていたけれど、最近改めて実感したこと…。


「留学するにはとにかくお金がかかる」


マルタでは、夏はその他のシーズンに比べて非常に人の集まる時期であり、語学学校の価格も跳ね上がる。

僕の行く時は、そのHighシーズンの真っ只中…。別に狙ったわけでもなんでもないのだけれど…。

今回複数のエージェントに見積もってもらった金額も大体6ヶ月で80万円前後は確実にする。

この80万円に含まれるのは4週間のホームステイ(2食付)、学校の寮を2人でシェアを20週(自炊)と週20時間の授業料である。

つまり航空券、自炊の食費、保険、小遣い等の費用は当然含まれておらず100万円なんてあっさりオーバーしてしまう。


Oh, No!!!


である。


もうこうなったら、「日本人の少ない学校がいい」とか「プールやジム施設のある学校がいい」とか言ってられない。

随分、ポリシーの無い学校選びになるように思われるかもしれないが、マルタでの半年の滞在の後も、他の国に渡り語学を学ぶ長期留学計画のため、自分の欲するままに全てを決めてしまうと、結局予定の1年を待たずして予算が底をつき白旗を上げて日本に帰還するはめになる。


これがLowシーズンならマルタ半年で100万円以内の留学生活も余裕のヨッチャン(死語?一部地域のみ?)かもしれないけど…。


とにかく留学に関する節約は今後も徹底しなければならない。

初期費用だけで、数十万というお金がかかってしまうものだから、金銭的に麻痺しないように気をつけねば。


あー、はやくこの留学の骨格をはっきりさせたい!!!

スポンサーサイト

留学準備 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そろそろ決定!? | HOME | なぜ今『留学』なのか???>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。