竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

近況をざっくりと。

最近ブログを書くに当たって、タイトルを書くのに迷う。

それだけ「核」となる出来事がない…というよりも「核」となりうる出来事さえも日常となっていて、よほどの事がない限りメインのお題にはならない。

さて、先日エージェント殿に問い合わせた件だが1週間経っても返事がなく、さすがにシビレをきらして、催促する事にした。

で、催促したら早速返信が来た…。

その内容が

「お盆からの連休で今は航空券がほとんど一杯で予約できない…」

といった類のもの。おいおい…。

だったらもっと早く返信せんか~~~い!!!

繰り返すようだが、エージェント殿のメインの業務ではない事は重々僕も理解している。しかし、1週間以上経って返信するとはどういう事か。

はっきり言って、これは深刻な問題だ。

その返信の中には

「ヨーロパの他の都市で会ったらどうですか?」

との提案があったが、それは違うでしょ?はっきり言う。それは「ズレ」ている。

友人がマルタに来るための一番良い方法を探ろうとして、エージェント殿にマルタに来て初めて連絡を取ってみたのに…。

急遽、マルタに来てくれる予定の友人にメールで平謝りしながら、彼自身にも旅行代理店に早急に直接足を運んでもらうようにお願いした。


もしかしたら、予約が一杯で来れなくなるかもしれないという一大事。

僕自身楽しみにしていただけに、不安な気持ちもかなり出てきた。

そして、授業に関する問い合わせは僕が抽象的に問い合わせていたのも悪かったが、聞きたかった事と違う内容が返ってきた。

エージェント殿のネガティブな面のオンパレードだ。

今回の事も笑いごとでは済まないけれど、仮に僕が身内の不幸等で緊急帰国する事になった時も同じような対応なのか?

そういった類の不安は消えない。

それとも、連絡の内容で優先順位を付けて回答しているのか…。

エージェント殿にはここマルタに来るにあたってお世話になった事実は変わらないけれど、この状態では他人にはあまりおススメは出来ないというのが僕の本音だ。

元々、組織的なサポート体制は期待出来ないと思っていたが、それを実体験するとかなり辛い。

いや、頼りすぎるのはよくないことは実感しているけれど、それでも返信のスピードだけは何とかしてほしい。

まあ、とにかく友人がマルタに来てくれる事を祈るばかり。

さて、夏季になって日本人も短期でマルタにやってくる「生徒」が増えている。もちろんECにも学生と思われる、若い生徒が増えた。

今までマルタで生活していてこのショボいブログを読んでくださったの方と2回ほど実際に対面し、また最近も僕と会ってみたい方がいるという話を聞いた。

そう考えるとアクセス数が少ないこのブログも、マルタを目指してやってきた生徒の中には検索サイト等でヒットして、僕のブログを見た事がある方もいるのかな?とも思う。

そうなるとだ…僕の全然知らない方が、マルタに来て僕を発見して

「はっ!あいつだ!」

と思う事があるかもしれないという事だ。僕の知らぬ間に。

そういう事を意識すると、日本人と思わしき人と目が会うたびに

「もしかして僕の事知ってるんじゃないか?」

と、ちょっとした有名人気分になったりする。(ほぼ勘違い)

仮にそういう方がいらっしゃいましたら、是非声をかけてください。

そっちの方がお互いすっきりしますし。


さてさて近況だけれど、先日はGolden Bayなるマルタにあるビーチに行った。

P1020531.jpg


Beachに向かうバスの車内で、先日の記事でFunnyなTシャツを披露したIviloに会った。

P1020532.jpg


彼の口癖は

「Let's~!!!」

だ。つまりいつも

「○○しようぜ~」

と言うのだ。それも大声で。

とにかくいつもテンションが高く、そしていつも喋っている。だけれど、彼は大学で経済学を専攻していて、ちょっと真面目な話を彼とすると、実は賢い青年だというのに気づく。

そんな彼とBeachで撮影。

P1020533.jpg


白人の彼と並んでいるとはいえ、僕の肌の色といい、むさ苦しさといい…。こりゃひどい。

マルタに来た当初の写真を最近友達になった人に見せると、ほぼみんな驚く。そのくら
い僕の風貌は変わってきている。良い意味では学生らしくなったのかもしれないが…肌の色をはじめ、鬚、そして髪の毛(マルタではまだ一度も切っていない)と、別人のように見える要素は多い。

元通りになるには頑張っても2ヶ月は要するだろう(あくまで見た目の話)

さらに体型に関してIviloもたるんでいるが、僕もお腹周りが気になる…ということでジム通いを始めました。

で、マルタに来て初めて体重計に乗ったところ…出発前より2キロ痩せてた…。

これから鍛えます。

そして、月曜日の晩ルームメイトのAlbertoの彼女のシルビアが僕等のためにスペイン料理を作ってくれた。

P1020892.jpg


撮影したのが僕だから、Without僕。

このメンバーはGolden Bayに行ったメンバーとまったく一緒、ブログに初登場はトルコ人♀18歳のDiara。

んで、今のところ大小のパーティ(だいたい「大」)が先週金曜日より4日続いている。

僕の色の黒さは肝臓からもきてたりして…。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ヤッテルヤッテルー! | HOME | 暇だからこんな記事>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2007-08-08 Wed 22:59 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。