竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いきなりAndreが去った。

日々、僕等にファンタジーを提供してくれていたウクライナ人Andreくん18歳が、帰国日を2週間以上短縮し、母国へと帰って行った。

彼は僕のFlatメイトであり、Classメイトでもあった。

来た当初

「あちゃ~」

って思った彼の英語力も6週間経って、何を喋りたいかは理解できるようになった。それでも文法、ボキャブラリーは最後の最後までめちゃくちゃだった。

彼は最近心のそこから母国に帰りたがっていた。

正直、6週間彼を見ていて彼に「大人」な一面を見ることは一度もなかった。18歳だから仕方がないが、それにしても子供だった。

授業中も回答の半分は

「I don't know」

「I don't remember」

だった。そして先生からノートを取るように言われても、メールを打ち続けたり…。

皆、思っていた。

彼はなぜマルタに来たんだろう?

…と。

正直、今まで出会って来た留学生の中で英語に対する意欲が最も低いのが彼だった。

彼がロシア語圏内以外の友達とつるむことは遂に一度もなかったし、彼の友人だったウクライナ人が先に帰国してからは、彼はいつも部屋でPSPで遊ぶ日々だった。

で、誰の意思で彼がマルタに来たのかというと紛れもなくMotherの意思。

自分の意思で来ている僕とは考え方が170度くらい違うのは当然のこと。

彼自身もなぜ自分がIntermidiateなのか、どうやらわかっていなかった。

「なんで僕とMasaが同じクラスなのかわからない」

と自分で言っていた。もちろん彼の事を知る人はみな彼がIntemidiateであることには「???」だった。

ってことは学校側の何かしらのミスか、彼以外の彼の関係者が働きかけていたんだろう。

どうやら、学校を卒業するに当たってもらう証明書はヨーロピアンにとっては重要らしくどこのレベルにいたかというのが記載されている。

んで、彼の場合急に帰国することにしたから学校も証明書を準備する事が出来ず、彼が帰国後に彼の自宅に郵送される事になったようだ。

だが彼は学校を信用しておらず

「学校は信用できない。もし3~4日しなくて来なかったら、その場合はMasaが学校オフィスに行ってくれ」

…と。どうやら彼も証明書の重要性は理解していたようだ。しかし、何で僕の仕事を簡単に増やすのだろうか…。

彼の場合エージェントないしは両親が、マルタ来るに当たって段取りをつけてくれたはずだから、彼等にそれを頼めばいいのに…。

で、彼は今日の朝早く帰国の途についたようだが、それまでリビングで飲み食いしていたみたいで、飲み食いの状態そのままで部屋を去っていた。

飲みかけのペプシ、お菓子の紙屑、食べこぼし…。

彼の寝室は言うに及ばす…コーラやペプシの瓶やら紙屑やらそれはそれはシェアではとても我慢が出来ないだろうと思えるもの…まあシングルだったから問題ないんだけれどね。

「発つ鳥跡を濁さず」

っていう言葉を絶対に彼は知らないだろう。そういえばFabrizioくんが部屋を去った時、彼は使ったわけでもないリビングをきれいにして帰ったのを覚えている。

別に僕は彼の事を人間的に悪いとは思っていない。優しい一面もあったし、とにかく子供なだけ。

かなり過保護で育ってきたであろうことはその生活ぶりから推測できた。

個人を批判する記事を書くつもりは全くない。ただ「親の教育」やその環境が、どれだけ子供の性質・性格を左右するか、彼を見ていて思い知らされた。

別に部屋の扱いだけならまだしも、僕は彼の授業態度まで見ていたから、正直彼の未来を心配してしまう。

しかしだ、とにかく彼はマルタを去った。彼と一緒に僕が写真を撮ったのは結局1枚だった…。

そして、空き部屋となった彼の寝室にはマハメッドというイスタンブール出身のトルコ人がやってきた。

彼は既にマルタに5週滞在していて、3週Draytonで過ごすようだ。

ちょっと話した感じだと、英語の発音は凄く聞き取りやすい。

彼の英語は僕以上のレベルっぽい。

彼が僕の6人目のFlatメイトだ。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<徐々に芽生えてきた「焦り」 | HOME | ヤッテルヤッテルー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。