竹的雑感記~ヨーロッパ生活…その後~

ヨーロッパでの経験を活かし…東京砂漠で奮闘中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3ヶ月が過ぎました

今回はちょっと気まぐれでデスマス調で記事を書いていみます。

特にこれといった意図はなく本当に気まぐれです。

さて、5月27日早朝に故郷・福岡を発ち現地時間の夜10時過ぎ(日本時間の28日早朝)に地中海の島国にマルタ舞い降り、始まった僕の海外生活も遂に3ヶ月が経ちました。

僕の中で日本での時間は5月で止まったままといった感じでマルタで、8月上旬くらいに

「お盆休みが云々…」

という話を聞いた時も思わず

「お盆ってだいぶ先の事やん」

と思わず言ってしまうほど、僕の日本時間が止まっています。

しかし、冷静に考えればちょうど今日は僕が毎年宿題に追われていた日なのです。

僕が夢見ていた海外生活も3ヶ月が経ってしまうと、随分と当たり前になってしまったものも多く、来た当初はいろいろと感じた日本との違いにも鈍感になってきている感じです。

英語に関しては…

少なくとも来た当初に比べれば、たくさんの語彙や言い回しも覚えましたし、何より来た当初のダメダメっぷりをはっきり記憶していますから、多かれ少なかれ成長している事は自分でもわかります。

でもでもまだまだです。

ただ一つ嬉しかったのはこの間受けたテストで、クラスで2番だったという事。

この事で、今は少しは自信もついて精神的にまた落ち着いて英語と向き合えている…といった感じでしょうか。

常に消えない不安はズバリ「将来」。

海外生活を送るに当たって単に夢や憧れだけではなく、もちろん目に見えなくとも自分を何かしらの形で成長させたいという気持ちがあります。

しかし、僕も「社会」を離れてちょうど5ヶ月が経ち自分がどんどんと「社会」に不適合な人間になっていないかという自分自身に対する懸念もあります。

「海外で英語を学んだから将来が豊かになる」

とは毛頭思っていません。むしろ一度「ある程度」決められたレールから踏み外した時点で、以前に比べて暗転することも覚悟しておかなければいけません。

もちろん、好転させることも可能なのも事実で、その辺りは全て自分次第というのは誰にとっても同じ事。

僕は今回の留学を決断した当初は

「最低1年!」

としていたのですが、実際のところ様々な…いや主に金銭的な理由からこの留学は来年の5月をもって終わることは必至です。

自分がどんな気持ちで来年5月成田に降り立つのか…。

今の僕には想像もつきません。

見えない将来に対する不安か…

充実した海外生活を送れた事に対する満足感か…

それともただ祖国に帰ってきた事に対する安堵感か…

それともまだ海外にいたいと思うのか…

僕にはまだ8ヶ月と10日という海外での生活がありますから、現段階ではその時の事を想像するのは早過ぎるのかもしれません。

さて、3ヶ月というとあっという間に過ぎてしまう期間ですが、ここでは本当にたくさんの出会い、別れ、そして出来事があっただけに振り返ってみると物凄く濃密な期間だったように感じます。

そして、僕の風貌も少なからず変わって来ており…。

要因は、一度もまだ髪を切っていない、鬚を生やした、そして「タイ人」と言われるほど日焼けした…などいくつかあります。

なので、僕がマルタに来た初日に撮った学校のIDカードの写真を他人に見せると9割がた笑いが取れる、ないしは驚かれます。

ま、そんな事はどうでもいいのですが…。

最近もいろいろな方からメールやコメント等を頂き本当にうれしく思っています。

度々、僕からの返信が遅れたりする事があるとは思いますが、いつもちゃんと読んでいます。本当にありがとございます。

さて、もう9月まで24時間を切っています。

月並みですが、最後に一言。

これからも海外生活、楽しんでいきます!
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

 よければクリックをお願いします。

留学(Malta編) | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<第4章!? | HOME | 入れ替わり>>

この記事のコメント

不安は見ないフリしなくてエエよ。
でも、選ばなかった道に正解があったかも知れないのではなく、選んだ道が正しいのだと信じなさい。

平均年収だけが幸せの道標ではなかろうて。衣食住がまかなえれば幸せは心の内にあるものだろうよ。
失うモノと得るモノ。得たものを喜べ。誇れ。

クサ過ぎ…
2007-09-01 Sat 03:17 | URL | 黒天竜 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-03 Mon 00:25 | | #[ 編集]
ハロー、ヒロのところからみつけちゃったの~
楽しそうで何より。
先に帰国した私から一言
どうにかなる、っていうかなった。ははは
全くもって問題ないヨ。
帰国者はみんな以外と希望の就職出来てる様子ヨ!
英語できるんだよね~ってもちろん言われるから
ちょっとプレーッシャーになるけどサ
電話が使えれば問題ナイナイ!!
2007-09-03 Mon 13:17 | URL | RYOKO #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。